インド占星術 やたらと大注目される2025年

予言
10 /05 2022
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
今回は珍しくお勧め動画のご紹介です。

 二つのユーチューブのインド式関連の動画になります。
その1、2025年世界崩壊の予言。世界最強の占星術師ラオの予言がヤバすぎる...【 都市伝説 予言 占星術 KNラオ 】


その2、2025年と2030年~コヤッキー・スタジオ・フォローアップ企画(清水先生による補足動画)


 具体的な事はご自身で見る事をお勧めしますが、鍵としては「2025年」と「2030年」になる模様。この動画は、偉大なるシュリラオ先生の予言がベースになるので重みが違う。

 普通に検索しても2025年は注目されている模様。
2025.png

 文面ですが
・日本最大の危機
・日本崩壊
2025年は世界が激変
2025年世界の終わり


 ちなみに日本が崩壊するようなチャートは
終戦
 殆どの凶星で双子座を取り囲む時、日本が崩壊(終戦)になってしまった事が分かります。ラーフと土星のコンジャクション。その二つで金星を取り囲む。殆どの惑星は牡羊座~天秤座を通過する時。このチャートは、日本の潜在的ラグナが双子座を示唆している事を告げている。

 2025年のトランジットがこのような偏りがない場合、恐れる必要がない。注意すべきは、ラーフと土星のコンジャクションとなり、近くに凶星が集まる必要が出てくる。
関連記事
スポンサーサイト



インド占星術 プーチン大統領の出生時刻

ウラジーミル・プーチン
10 /05 2022
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
毎日、プーチン大統領の動向を探っていますが、彼の情報を本気で探るには「ロシア語」で調べる必要性を感じてしまう。

 プーチン大統領の出生時刻を調べると多数の情報が出てきてしまう。
・午前 9:30: www.astro.com
・誕生02:47 デニス・クタレフ占星術師
・午前5時40分と午前9時30分 ドミトリー・ソルンツェフ占星術師
・2:27 アレクサンダー・ソロドゥヒン占星術師
・04:00-04:20 V.コレスニコフ
・08:35 ~ 08:46 T.ゲラシモワとF.フェリチコ
・08:46 ブラルコフ A.A.占星術師
・12 時 12 分 タチアナ・クルチナ占星術師
・1952 年 10 月 7 日、午後 5 時 40 分頃、レニングラード、スタジオ占星術師

 多数の情報を載せていますが、ロシア人は、プーチン大統領は午前中に生まれた可能性が高い事を示唆。ただし、ここに書かれている占星術師はおそらくは、インド式ではなく、西洋式の占星術で時刻修正をした情報と思われる。

 インド式だと最高レベルのシュリラオ先生によると
プーチン大統領
 今回のウクライナ侵略で強く痛感したのが「情報の精度」でした。情報を示唆するグラハはブダです。ブダは水星ですが、今の彼のヴィムショッタリーダシャーは、最も水星が強く機能する時期を巡っている事になります。

 このチャートでパラシャリシステムで確定なのが、8、11室支配で12室在住だという事。到底、精度の高い情報を得ているとは思えない。

 世界に対して特に西側諸国に対して明確に「核の脅し」をするロシアの大統領ですが、そのような事象は必ず、トランジットなどに出ているはずですが
大量死
 核兵器を調べる場合、化物のラーフが重要ですが、彼のネイタルラーフは、山羊座の26度46分に在住らしい。そのため、このラーフのナクシャトラロードは火星になります。ラーフと火星の組み合わせは日本語的に「厳つい」そのものであり、残忍です。それと深刻なダメージは常にシャニ=土星様が関与する可能性が非常に高い。ラグナから見ると3室、月から見ると9室。水星から見ると4室となり、3、4室の関与を示唆。この3室山羊座がおそらくは、ウクライナのラグナになっています。

 そして、今現在の土星は、当たり前のように山羊座を通過中。しかも逆行しつつ、通過中。ラーフのディープターンシャは不明ですが、土星のディープターンシャは9度。この範囲内にある時、相当ネイタルのグラハと連動する働きをすると思われますが、今がその時期になります。

 今年のウクライナ侵略は、ゴーチャラ土星がまさにダニシュタに入室した時期頃から戦争が開始された事になりますが、殆ど一致というチャートになっている模様。そのため、核の脅しが最もヤバイ時期は、山羊座の26度46分に近づくときという事を理解しつつ、土星がダニシュタを抜けると新たな展開になりそうだと思いつつ、次のナクシャトラシャタビシャなのでもっと不透明でやばい時期になりそうです。なぜから、シャタビシャの支配星がラーフだから。

 ダシャーで読みにくい組み合わせはラーフとケートゥ、それと8室関与の時。ラーフとケートゥは予想外の事が多々ありますので注意が必要そうです。パンチャブータならラーフは風元素優位。ケートゥは火元素優位。そのため、ラーフの方の影響が甚大です。
関連記事

インド占星術 乙女座の金星は株価に良くないらしい

トランジット(ゴーチャラ)
09 /30 2022
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
海外サイトを見ていたら、今のゴーチャラシュクラの事が書かれてありました。

 それによると
金星はビジネスの拡大と購買意欲を司り、乙女座ではこれらのエネルギーが弱まる可能性があります。金星が乙女座にあるときに株式市場が下落したり、売り上げが落ちたりする可能性があるため、この時期に創造的なマーケティング活動を3倍頑張らなければならないことがよくあります.金星は平和と外交を司っており、米国とロシアとの世界の脆弱な状態を考えると、これは厄介なトランジットです。

 乙女座金星は、株式市場が下落しやすいらしい。まぁ、それに関しては、実際に調べれば分かると思いますが、今の日経平均ですが、
 
 日経平均CFD日足チャート
日経
 チャートは年初来のチャートで見ると緩い上昇チャネルが形成されていたのですが、引けベースでチャネル下限を割れたのが9月26日だった模様。9月23日は辛うじて踏み止まり。ゴーチャラシュクラが乙女座に入室した日が、9月25日の日曜日でした。株価が始まった次の日に引けベースでチャネル下限下落になってしまっています。ちなみに日本のシュクラさんは、11Lなので最も株価に重要なグラハだったりしますが、それ以後の株価は、チャネル内に戻って来れない弱気相場が継続中です。

 今のカンニャシュクラ
館
 タジカ的には、黄経が近い程にそのグラハに影響をもたらしています。アスペクトはタジカアスペクトを見る必要があります。金星は減衰ですが、同時に太陽に近い。即ち、コンバスト(燃焼)。

 黄経的に最も近いのが大敵な関係のグル。すぐにもプールナ・イッタシャーラヨガが出来そうな按配です。

 そもそも金星が減衰すると
配置的にここで衰弱していますが、それは結果を得るために 3 倍のハードワークをしなければならないことを意味します.今年は高貴な水星とのコンジャンクションにより衰弱が取り消されるため、数年ほど厳しいものには見えません。金星はおとめ座ではあまりにも批判的でうるさい傾向があり、これは貧しいパートナーを選んだり、人間関係の犠牲者になったり、ロマンスが壊れたり、生殖器官や膀胱の問題、砂糖の不均衡の問題につながる可能性があるため、人間関係にとって特に困難な時期です。

 結局、グラハの品位は人の品位・レベルにも繋がるのでカンニャシュクラは、人物的に貧しいパートナーに繋がりそうなので注意が必要ですね。それと金星はおとめ座ではあまりにも批判的でうるさい傾向では、ロマンス自体が成り立たない。恋愛に地の性質は必要なさそうです。
関連記事

インド占星術 単純にして全てに満ちている三つの属性

インド占星術関連情報
09 /29 2022
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
三つの属性についてのネタを読んでいました。聖仙によるとこの世は三つの属性に満ち溢れていると言います。それが、サトヴィック、ラジャシック、タマシックです。

 サットヴァとは、愛、寛大さ、より高い知恵、知識、知性、愛、許しなどを与える資質を意味します。このような良い性質が、ウクライナ侵略を引き起こした人に強く優勢だったなら今の状態にはなっていませんね。

 ラジャスとは、は利己的な欲望、情熱、暴力、衝動性のようなものです。 それは、この物質主義の世界で攻撃性、競争、束縛を生み出します。ウクライナ侵略は、暴力、衝動性や利己的な欲望が出ています。何より、この物質主義の世界で攻撃性、競争らしい。戦争とは、激しくラジャスに傾くときに起きる可能性が高い。

 タマス - これは、私たちが幸福とより高い知恵を理解するのを妨げる性質です. これらは慣性、闇、安定、無知、執着などです。タマシックの道とは、即ち闇街道へ繋がる事になります。何より無知さが出てしまう。

 どの惑星がどのグループに属しているかを確認する

サトヴィック - 太陽、月、木星
ラジャシック- 水星、金星
タマシック - 土星、火星、ラーフ、ケートゥ


 太陽は魂を表しているので、サトヴィック です。月は心の純粋さを表しているのでサトヴィック です。木星は知恵、サットヴァの結果、信仰、精神性、許し、慈善などの高貴な性質を表しているため、サトヴィック です。ここに書かれている事は、グナが変換される前のノーマルな状態を意味します。トリグナは変換する力があり、それが人々の幸福につながります。

 金星は快楽を求めるのでラジャシックです。水星は世俗的な関心と情報への欲求を生み出すため、ラジャシックです。この二つがサトヴィックの影響を帯びる時、そのグラハはサトヴィックな惑星に変容します。

 火星は事故、敵、戦いを表すため、タマシックです。土星は怠け者で、不活発で、落ち込んでいるため、タマシックです。ラーフがタマシックである理由は、彼が計画性を欠いて行動する傾向があり、強迫的に執着し、恐怖症や非現実的な認識を生み出すからです。ケートゥは恥ずかしがり屋で、隠れて、頑固で、どんな行動も控える傾向があるため、タマシックです。しかし、ケートゥは精神性に優れており、知恵、洞察、解放を与えることができるようになります。そのため、ケートゥにもサトヴィックの資質があります。

 面白いのは、ケートゥにはサトヴィックの資質が隠されている模様。ここにあるのは、あくまでもいずれかのグナスが優勢を意味しており、グナスは、霊的な修行により、最上のサトヴィックに変換が可能です。霊的な修行はいつでもですが、食の規制から始まります。2室の規制が1室には一番重要です。

 より高い知識やスピリチュアリティを追求したい人は、もっとサトヴィックの質を持っているべきです。ヴェーダの教えに繋がるヴェーダ占星術なら、必然的にサトヴィックの質を保つ必要が出てきます。端的にサトヴィック の食生活のみする必要があります。そうしない限り、霊的な閃きが生じる事が難しい。
関連記事

インド占星術 火星が悪さする月の始まり

ヴァルシャファラ
09 /28 2022
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
タジカヨガのイシュラーファ・ヨーガを見ていたのですが、どうやら今年の10月は、値上げラッシュらしい。

 必然的にそれが、ゴーチャラに出ているはず。
朝
 チャートは内側が日本の建国図。外側がゴーチャラですが、まさに10月1日の朝が始まる頃に土星と火星のイシュラーファ・ヨーガが機能する事になる模様。上手くできているというより、ゴーチャラパワー恐るべし。

 念のためにパンチャヴァルギーナ・バラを見ると
bara.png
 この値上げラッシュは特に火星が関与している事が判明です。土星のパンチャヴァルギーナ・バラは今年はボチボチ強いですが、火星がワーストの惑星の弱さです。

 ディープターンシャ的に8.5度が目安になるので火星が双子座に移動するまでイシュラーファ・ヨーガが機能する事になりそうです。ムシュリフヨガは悪いヨガとして機能しやすいです。
関連記事

インド占星術 追いつめるとマジて使いそうなプーチン大統領

マンデーン占星術
09 /28 2022
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
一日に一回は「プーチン大統領」に関して検索しています。

 本日は
プーチン氏の戦術核兵器がもたらす破壊、日本の原爆に匹敵する可能性
 彼が明確に悪い意味で存在感を増した今年ですが、それにより人類は「広島・長崎の再来」ではないですが、核戦争を意識せざるを得ない状態に追い込まれつつあります。

 過去の人類で核兵器が使用されたのは二度でいずれも日本になりますが、その一つである広島原爆投下のイベントチャートを見る事により、核兵器のロジックが垣間見える事になるはずです。
3.png
 核兵器は想像を絶する物なのでそれは大いなる化物を意味するラーフが関与する可能性が非常に高いですが、それと同時に大量死が起きるので「ラーフ+土星」の組み合わせが出来てしまう。また、異常な熱量は、熱をもたらすグラハが原因になります。このケースだとハウスを火のグラハで挟んでいた。こうなると行為に出口がなくなります。

 注視していたのは、異常な大量破壊兵器(ラーフ)に最も近かったグラハは何だったのか?
・ラーフは15:49
・金星は8:36
・月は24:54

 どう見てもシュクラが一番化物グラハに近かった。また、シュクラのみが同じナクシャトラを通過中だった。大量破壊兵器は化物ですが、化物の惑星はラーフ。そのラーフと7室の表示体、ジャイミニだとダラカラカとされるのはシュクラ。その二つのグラハは、ラーフが支配するアールドラーを通過中だった。主神は、破壊を司る偉大なるルドラ神。またの名をシヴァ神。

 核兵器の使用は、広島原爆のチャートを見ると第一に「ラーフとシュクラ」の組み合わせに注視する必要があります。それと惑星集中のエネルギーが必要かもしれない。

 プーチン氏は、ロシアの大統領です。そのため、ロシア建国図が必要になります。この建国図は、検索する(英語検索時)と多数出てきます。私は、最も賢明な占星術師の一人であるシュリ ラオ先生の情報を元にチャートを見ると
ロシア
 見て分かるのは、広島原爆チャートを似たような惑星集中が5室山羊座にある事が確認されます。それもチャンドラが大量死のグラハに挟まれている事まで一緒。ラーフなどは度数すら近い。金星は8室にいます。
・広島原爆のラーフは15:49
ロシアのラーフは14:20

 ロシアは潜在的に大量死のロジックが5室に関与しています。近い惑星が犠牲になりやすい。ただし、広島原爆チャートのように火の惑星(火星と太陽)のハウスが挟まれている訳ではありません。

 ダシャー的には、化物が最も活性化するマハーラーフ期の時期らしい。今後ですが、ラーフとシュクラが関与する時、核兵器がちらつく事になりますが、ロシアの金星は8室牡羊座に在住です。今のトランジットラーフは、ロシアのネイタル金星の真上を逆行しつつ、通過中という事になり、この8室牡羊座でまさに「ラーフとシュクラ」の組み合わせが出来ている事になります。

 ラーフが通過中のナクシャトラは2番目のナクシャトラであるバラニー。当たり前のようにナクシャトラロードは、シュクラその方になります。シュクラは、阿修羅界のグルの名前です。

 このようなゴーチャラでなければ世界中のニュースに「核兵器」の言葉が躍る事はないはずですが、それも予定通りというか、ダシャートランジットの影響下にロシアが動いている事が分かります。

 核兵器は、異常な熱量があるので必ず、火のグラハが活躍するはずです。そのようなタイミングとダシャーが絡む時、それに類する事象をロシアや世界が味わう事になる可能性が高い。

 世界の凶事は、主に生来的凶星の組み合わせで発生します。特に土星とラーフ、土星と火星などは見るだけでも厳しい組み合わせになってしまいます。

 この組み合わせは智慧より、利己性が勝ってしまう時間を作ってしまいます。智慧がある時、道徳に従います。利己性が勝ってしまうと自己中心的なカルマをもたらします。このような精神の時、神は様子見をして手助けをする事はありません。これにより、カルマのキャンセルが起きなくなってしまう。キャンセルされない場合、それに関する行為の代償を払う事になる。

 この世に凶星はないですが、利己性が増す行為を促すグラハなら色々とあります。それはタマシックとラジャスが優位に働いてしまう。
関連記事

インド占星術 国葬

マンデーン占星術
09 /27 2022
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
ニュース記事によると本日は国葬らしい。

 私が使用する日本建国図は1952年生まれなのでそれ以降の国葬された日本人ですが
・1967年10月31日(吉田茂内閣総理大臣)
・1989年2月24日(昭和天皇)


 それと本日(2022年9月27日 午後2時日本武道館)になる模様。

 ヴィムショッタリーダシャーで見ると
1967年10月31日はラーフー太陽ー木星期
1989年02月24日は土星ー土星ーラーフ期
2022年09月27日は水星ー土星ー木星期


 グラハで気になった事ですが、ダシャーに使用されていない惑星を見ると、月、火星、金星、ケートゥでした。使用頻度は、土星、ラーフと木星な感じに多かった。

 本日の午後2時でイベントチャートを作成します。
王
 ちなみに国葬の意味ですが、
国葬とは、国の体制に応じて国王、天皇、大統領、首相などの違いがあるものの、第一義的には国の統治者が対象となる葬儀であった。しかし、フランス革命後一般化した国民国家にあっては、国民を代表するような世界的で著名な活躍をした軍人、作家、アーティストなどの有名人も、「国に貢献した者を顕彰する」かたちで国葬を行うことによって、国民を一つにまとめ上げるナショナリズム発揚の重要な装置ともなっている。葬列における軍隊(儀仗隊)や弔砲など、軍が演出に関与していることも様々な国で見られる。

 端的に国の重要人物の葬儀。それには往々にして軍が関与する。そのような支配星が関与したその日時にそのようなイベントが行われる可能性が高いですが、本日のナクシャトラロードを見ると
目立つ
 全ての動く生き物はナクシャトラロードに支配されていますが、ナクシャトラロードを見ると当たり前のように太陽や火星が目立っている事が一目瞭然の日になっています。私たちは、トリグナ、パンチャブータに支配されているのでナクシャトラロードにより、行為がコントロールされている事になります。

 イベントチャートで気になったのは、土星と火星のイッタシャーラヨガです。
イッタシャーラヨガは三つあります。
1、ヴァルタマーナ・イッタシャーラヨガ
2、プールナ・イッタシャーラヨガ
3、バヴィシャヤ・イッタシャーラヨガ


 土星と火星のタジカヨガは、プールナ・イッタシャーラヨガになります。私が知る限りで土星と火星の関与の時、人気が出るとは思えない。それよりも激しい憎悪が行為に浮き出てしまう。

 ヤフーさんの国葬についての情報によると国葬実施について「賛成・反対」で見ると
反対
 情報としては、764,412人が投票なので相当数いますが、4人中3人が国葬実施に反対だった模様。このイベントは、嫌われやすいイベントだった可能性が非常に濃厚です。

 このイベントを即決で決めたのが岸田総理ですが、イベントチャートを見ると総理のハウスは10室ですが、乙女座10室で惑星集中。月の光度は太陽と合なので「真っ暗」な月になります。また、日本の建国図のラーシは射手座ラグナなので乙女座自体が10室を意味する事になるようです。

 月は人気のバロメーターですが、新月の月は「不人気」です。理由は光がないからです。このような月は「暗闇」に辿り着いてしまうので注意が必要です。

 これは考えれば分かる事ですが、普通に歩く場合、真っ暗で光がない道を人々は歩く事が出来るでしょうか?しかし、満月の月から全てを照らす輝かしい月を意味する事になります。そのような月の状態の時、人の心に迷いが生じる事はありません。しかし、真っ暗な道は「疑心暗鬼」だらけになってしまう。

 人が月の状態を選ぶべきは、満月に向かう月、満月の月を選ぶべきです。
関連記事

インド占星術 8Lは生来的グルでも厳しい模様

牡牛座ラグナ
09 /25 2022
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
ニュースで松戸市の小学生が行方不明らしい。
【速報】千葉・松戸の女子小学生が行方不明 23日午前に自宅出たまま 

 人の行方が不明になりやすいのは8、12Lダシャー期とラーフ軸。8室は深刻な事象で12室はラグナ自体が消失するハウス。それとラーフ軸自体が突発的イベントのグラハそのもの。

 事例ですが
ディス
 私の書いたロジックは
・8、12Lダシャー
・ラーフ軸


 このチャートでは
・8Lは木星です。
・12Lは火星で7Lマーラカでもあり、ラーフとコンジャクション。


 このチャートは、ロジック精査を見ると殆ど木星、火星、ラーフとケートゥな感じですが、このチャートの有名な女性が失踪した時期は、木星ーラーフー土星期でした。

 パラシャリシステムで見て
・木星は8Lでディスポジターは7Hの土星。
・ラーフは11Hで7、12Lの火星と合でディスポジターは8L木星。
・土星はマーラカの7Hで6Lのラグナロードと合でディスポジターは11Hでラーフとコンジャクションする火星。


 私のロジックで見るとマーラカの力が抜け落ちていますが、それ以外は、読み通りのダシャーの時期だった事になります。トランジット的にはサディサティより波乱なアシュタマシャニの時期に失踪事件が起きた事になります。

 このチャートをジャイミニシステムで見ても上記と似たような展開になるはずです。彼女は娯楽の休暇中に事件が起きた(ダシャーロード的に水遊びが関与します)のですが、チャラダシャーは乙女座ー水瓶座期に発生でした。乙女座にはラーフ軸があり、このチャートのGKは火星ですが、火星は乙女座から見た7Hに在住。水瓶座から見ると2ー8ラインにラーフ軸がある事になり、8室に土星以外の全ての凶星の影響が出る事になります。

 二つのダシャーで分かる事は、生来的凶星の組み合わせはリスキーな組み合わせです。それにマーラカハウスが関与する時、殺傷力がもたらされる事になる。

 確かに行方不明自体は、8、12Lとラーフ軸を疑えばいいのだと思いますが、「生命の危機」を調べる場合、どの程度、マーラカが関与しているかを精査する必要が出てきそうです。最強マーラカは1室に近い2室です。ジャイミニだと負のグラハであるGKです。

 ただし、タジカシステムは西洋の教えが関与するので非常にユニークなアスペクトやヨーガでチャートを精査する事になりますが、相当ラーシを重視する所に好感がもてる次第であります。トランジットの分析はタジカシステムが勝る感じがします。ディープターンシャが勝敗を分けているように感じます。イベントは、オーブを見る事により分かります。
関連記事

インド占星術 ロシアには奇怪な死が付き纏う模様

インド占星術関連情報
09 /24 2022
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
ウクライナ侵略が発生して以来、一日に一回はネット検索で「プーチン大統領」を見ています。今日の記事ですが、
やはり「プーチンを裏切った」代償? 止まらないロシア富豪の「奇怪な死」の連鎖

 このような謎の死はチャラーダシャーで見ると特徴があるチャートの場合、先読みが出来る可能性が高い。
nazo.png
 チャート上で謎とされるハウスがあるとすればそれは、8室と12室が疑わしくなります。また、上記のようなチャートは惑星集中みたいな特別な癖がある場合、非常にリスクが高いダシャー期が読める可能性が高い。

 チャラーダシャーでこの人が謎の死を遂げたのは蠍座ー蟹座期でした。それは溺死でした。
蠍座から見ると8室惑星集中。
蟹座から見ると12室惑星集中。

蠍座と蟹座は共に水星座で陰の星座になります。

蠍座はラグナから見た7室です。
蟹座は8室から見た8室です。

このチャートのカラカムシャラグナは2室マーラカの双子座になります。
蠍座から見るとカラカムシャラグナは8室。
蟹座から見るとカラカムシャラグナは12室。

 正確に死んだ日は不明ですが、行方不明になった日のトランジットは
tora.png
 トランジットで心への最大のリスクは「サディサティ」。特にトランジットの品位が重要ですが、トランジットの真骨頂は、ネイタル月に対してトランジットシャニが真上を通過する時、心への最大のリスクを孕む事が、色々と自殺チャートを見て思い知らされた。

 行方不明になった日は、ネイタル月から見て1ー7ラインが非常に騒がしかった。蠍座から見ると12室なのであの世です。トランジット土星は、バラニーの第四パダを通過中だった。バラニーのナクシャトラロードは金星でネイタルのラグナロードです。ジャンマナクシャトラは当たり前ですが、バラニーです。
関連記事

インド占星術 2室の影響

インド占星術関連情報
09 /23 2022
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
昨日のニュースですが
為替介入

 ニュース記事によると
政府、日銀は22日、急激な円安進行を阻止するため、円買いドル売りの為替介入を実施した。円買い介入は1998年6月17日以来、約24年3カ月ぶり。

 滅多にない事が昨日起きた事になります。為替介入ですが、マンデン占星術で考慮すると「2室」が重要です。2室には、様々な意味合いがあります。2番目の家は経済的な問題を表します

 ヴェーダ占星術では、2 番目の家は Dhana bhava(ダーナ バーヴァ) と呼ばれ、これはお金の家を意味し、その人の財政状態の手がかりを与えてくれます。お金を稼ぐ可能性と、お金をうまく扱う方法について語っています。また、資金源とは何か、そしてそれをどのように節約/使用するかについても説明します。
 これには、流動的な現金、宝石、金、銀、宝石、定期預金、債券、株式などの蓄積された資産が含まれます。通常、土地と家屋は2室に属しません。これらは第4ハウスによって表されます。

 為替は国の流動的な現金なのだと認識しています。

 昨日のデイリー・チャート
デイリー・チャート
 それにしても今のトランジットは逆行惑星が多い。順行はノーマルな働きをしますが、逆行惑星は純粋には働かないグラハを意味します。そのため、厄介であり、タジカシステムでは悪いグラハと捉えがちです。

 タジカシステムで見る場合、重要なのはディープターンシャ(光輝の半径)です。これがあるから読みの精度が増すと思われます。パラシャリシステムの場合、普通は単純なアスペクトしかわかりませんが、黄経差を考慮するとヨーガの良し悪しが分かりやすくなります。

 昨日は、2室を軸に見るとタジカアスペクトがありまくりですが、2L土星の黄経は25度11分です。黄経差は近ければ近いほど影響力が増しますが、一つの目安が7度。土星のディープターンシャは9度。昨日は、ステルス介入云々を言っていたので8Lと12Lが関与していますね。

 2Lに5、12Lが6H、8Lが8Hのゴーチャラ。
8室と12室が関わるので具体的な介入については、昨日の緊急記者会見を見ていましたが、手のひらが暴かれるという事で教えてもらえず。
 土星の度数と最も近いのはシュクラですが、シュクラとシャニの配置は6ー8関係なのでタジカアスペクトがしない配置になります。これはパラシャリシステムでも同じ。まぁ、ジャイミニだとアスペクトになる。

 タジカアスペクトがあり、土星に近いのは
土星 25:11
火星 22:33
月 21:56
ラーフ 20:14
ケートゥ 20:14


 木星、太陽、水星は、友好アスペクトでも黄経差が離れている。

 黄経差が近いグラハで面白いのは、月以外は全て生来的凶星だった事です。生来的凶星は利己的で優しくないので痛みが伴います。この、痛みが吉星との大きな違いで自己を守るためには平気で他人を害する働きをします。この世に凶星があるとは思えないですが、利己的なグラハ、惑星なら確実に存在します。それが、生来的凶星であり、タマシック優位な惑星です。

 今の世界の絶対的な事例がプーチン大統領です。彼の部分的動員の全文を読めば凶星の働きが理解できます。
【演説全文】プーチン大統領 “予備役”部分的動員発表 なぜ?
 あるのは、ロシアとその仲間の国々のみです。

 昨日はリアルで売買していたので動きが分かりますが、介入はおそらく17:03頃でした。昨日のドル円は、三度目の正直でやっと145円の強い壁をぶち破った事になり、ターゲットは147円台を目指しつつ、近いうちに150円が射程に入るような投機筋の動きをしていたのでした。軽く146円台に乗ろうとしていたところ、急激なドル売りが入りました。私は145.29円ロングで最大レベで仕掛けていました。それからのボラティリティがでたらめでした。

 今後ですが、月は簡単に蟹座から移動する事になりますが、土星と火星の黄経差のピークはまだまだ先の事になるので財務省の神田真人財務官の緊張が解かれる事がない事を意味します。具体的には2022年09月28日中に黄経が同じ度数になる模様。
関連記事

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。