ダシャーの変化と円相場の流れ

為替相場情報と投資関連情報
12 /14 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
日本建国図ダシャーですが
キャプチャ

見ると去年の12月26日にアンタルダシャー以下が木星期に変化しています。プラティアンタル期で見ると今月の20日にプラティケートゥ期に変化するようです。

このアンタル以下の影響をドル円チャートで見ると
ドル円日足
キャプチャ
ドル円日足チャートに一番右端のローソク足が去年の12月26日になります。

ダシャー的に最も木星が強かった時期が2017年12月26日~4月15日までになるようです。その時期のドル円日足チャートを見ると(右端は4月16日で4月15日は相場が休みの日)
キャプチャ
チャートを見るとサポートラインが割れてから下落相場に拍車がかかったようです。この場合、アンタル木星期は強い円高を意味したようです。

時期的には下落に拍車がかかった日は2018年1月10日(サポート割れの大陰線)でした。ダシャーの変化日は2017年12月26日なので約2週間程度のズレが起きてから円高に走った事になります。これを見ると日本ダシャー円相場はこの程度のズレを考慮する必要がある可能性が高いですがダシャーの変化はやはり相応のインパクトを残すようです。

関連記事
スポンサーサイト

T木星ヴァルゴッタマの影響

為替相場情報と投資関連情報
12 /14 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
取引をしているわけではないのですが相場が面白いので日々ビットコインチャートを見ています。

今現在ですが
BTCUSD1H
キャプチャ
チャートを見ると高値が切り下がり、サポートラインが割れた状態になっており、安値を試す展開になっている状況です。大きな流れ自体はダウントレンドそのもので下げ止まりが見えない状況です。

チャートの示唆では強い天底は1BTC3,000ドルラインですがそこを目指しているとしか思えない相場です。ちなみに私の情報ツールはジョーティシュです。日々のトランジットを見ているのですが最近のトランジット
キャプチャ
チャートを見ると日本時間12月12日9時56分にT木星ヴァルゴッタマ状態に入りました。

木星という惑星は常識そのもので道徳や倫理、識別力とも関係する惑星なので仮想通貨とはどうにも相性が悪いらしい。その影響が出ているようでビットコイン的にはT木星ヴァルゴッタマ状態は弱気相場継続の可能性を暗示するようです。

T木星ヴァルゴッタマ状態が終わる日ですが2018年12月27日 17時27分です。どうやら情報的には日本時間12月12日9時56分~2018年12月27日 17時27分まではT木星が非常に強い状態の日々が続く事になるようです。相場的にはクリスマスが終わる時期までは強いグルが君臨する事になるのでこの影響はビットコインにはネガティブ性が強まる可能性を感じます。
関連記事

今月のトランジットの移動日

インド占星術関連情報
12 /13 2018
親愛なる読者の皆様、今晩は。
最近はブログ更新が疎かになっておりますが今月のトランジットの日程を書いて行きたいと思います。

本日は12月13日なので今年もあと少しで終わりですがトランジット的にT月以外で動くのはT太陽T火星になります。

T太陽12月17日10時40分に蠍座から射手座に移動日
T火星12月23日16時27分に水瓶座から魚座に移動日

という事で相場の世界などで「動乱」が起きる時はトランジットが騒がしい時になりやすいので惑星の変化日を知る事は非常に重要になると思います。

今のトランジットですがT木星&Tラーフ軸がヴァルゴッタマ状態に入っています。グルが強いのは何かと良い事に思えてしまいます。火星が強いと乱を呼ぶので危険です。また、日本の場合は7室を意味する双子座に凶意が強まるとかなり苦しみを味わう時期になるので注意が必要になります。
関連記事

ビットコイン相場状況とトランジットの影響

為替相場情報と投資関連情報
12 /12 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
暇な時にビットコインチャートを見ています。

単純なチャートですが
BTCUSD日足
キャプチャ
チャートは単純にトレンドラインを引いただけのチャートですが相場状況は明白な弱気相場です。この場合は底が確認できるチャートパターンが形成されてから買いを仕掛けるのがベターで今は様子見が無難ですが強いサポートがあるのは1BTC3,000ドルのポイントです。このサポートが機能しないと天底が分からない事になってしまいます。

頼りはトランジットですが
キャプチャ
チャートを見ると確か12月6日頃よりTラーフ軸がヴァルゴッタマ状態に入りました。これは強いシグナルでこの状態は双子座に移動するまで続く事になります。期間は3月下旬頃に移動するので相当長いヴァルゴッタマ状態に入っています。

ラーフは投資に成功するかどうかの起点になる惑星そのものです。ラーフが強い人なら投資で成功する可能性が高いですが今のトランジットはラーフ軸が非常に強い。この場合、Tラーフが強いと同時にTケートゥも強いのでTケートゥの方が強い場合は世界の相場は弱気相場に移行する事になりやすいです。ケートゥは精神の惑星なので欲望そのものの投資の世界には相容れない性質があります。

今の所、12月6日頃からのビットコインの流れを見ると弱気なので山羊座に在住するTケートゥの影響の方が強い事を意味するようです。山羊座はゾデアック的に10室天頂のハウスなので力関係としてはTケートゥ優位に相場が動いている事を意味するようです。

近いうちにスーリヤグルが解消されるので常識派の考えが弱まる事になります。ビットコインはまだまだ仮想の世界の話なので常識的なトランジットの時期は弱気になりやすいです。ビットコインは非常識と情熱が強まると上昇相場になりやすいです。
関連記事

12/08のツイートまとめ

惑星について
12 /09 2018
OGGiYMHtWJpofM4

忘れてましたが投資の世界は魍魎が跋扈する世界なので確かな識別力が必要になります。投資とはメンタルの月、情報・分析の水星、識別力で最終決定を下す木星が強くないと長持ちしません。例えば、水星が弱いと魍魎のラーフに飲まれて詐欺の餌食になってしまいます。これはラーフドーシャの影響です。
12-08 16:20

投資関連の動画をユーチューブで見まくっているのですが数が多いので勉強になりますが質については成熟した目利きがないと勉強にならない可能性。ただ、インド占星術の動画の視聴数の少なさが気になりました。とにかく少ないです。インド占星術は超マイナーなんだろうなと思いました。
12-08 16:12

関連記事

本日は水星の逆行が解消

インド占星術関連情報
12 /07 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
ジョーティシュは微細な教えなので奥が深いですが本日のトランジットを見ると

キャプチャ
日本時間の6時23分に水星の逆行が解消されたようです。
今のトランジットは蠍座が騒がしいです。

この影響はビットコインには悪いと書いていましたが今のビットコインを見ると
キャプチャ
割れてはいけない節目の40万円を割ってしまっています。蠍座惑星集中はビットコインには悪いという事は解消すればビットコインが反転に転じる可能性を示唆。

という事をジョーティシュは教えてくれています。
私はその為にジョーティシュを学んでいます。

投資の鍵は「リスク回避」なので如何に稼ぐかではなく、如何に生き残るかが知りたかった。そのリスクはダシャートランジットが支配しています。ダシャートランジットが時の支配者になっています。

インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ

インド占星術の結婚の専門ブログです↓
インド占星術 結婚の有料鑑定のご案内です。インド占星術の結婚の有料鑑定については真剣に時間をかけて精査しております。
関連記事

12/06のツイートまとめ

惑星について
12 /07 2018
OGGiYMHtWJpofM4

本日のトランジットは蠍座に四つの惑星が集中しており、日本にとって蠍座は12室になります。そのタイミングでソフトバンクの通信障害。今現在は実質的に逆行水星が保留の状態で蠍座に留まっており、明日に逆行から順行に戻る一日前になる影響が出ているようです。水星は情報と強い関わりがあります。
12-06 20:43

最近、改めて投資関連のテクニカル分析を勉強しているが日本のサイト、特に動画が充実しているので誰でも学べる環境がありますがジョーティッシュに関しては極小の情報しか日本には存在しないので勉強するのは難しいと思います。
12-06 13:45

関連記事

ドル円相場と時間分析と天井と底の関係

為替相場情報と投資関連情報
12 /03 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
最近は相場とダシャーとトランジットの相関関係を精査しています。

この分野は既に「神の領域」に入っています。
何故なら誰も相場天井を知る事が出来ないからです。

ですがインド占星術のダシャーは時間を分析するツールそのものです。ダシャーは人生の上げ下げを精査するツールなので相場も同様に「上げ・下げ・レンジ」等の精査に使用できる可能性が高い。

事例としては
ドル円日足チャート
キャプチャ
このチャートの8月以降の天井ですが
8月21日に
10月4日に天井
10月26日に最安値。
11月12日に天井

その時期の日本のダシャーは
キャプチャ
プラティ期の変化日が8月24日でした。ドル円的には3日前(8月21日)に打ちをしています。ダシャーのズレが数日あるようです。

そこから上昇に転じて天井に到達した日が10月4日。スークシュマダシャー的には四番目の太陽期の変化日が10月6日なので2日程度のズレがあるようです。

そこから下落に向かって最安値の日が10月26日。スークシュマダシャー的には7番目のラーフ期の変化日が10月29日なので3日程度のズレがあります。

そして軽い天井が11月12日ですが8番目のスークシュマダシャーの変化日が11月16日なので4日のズレがあるようです。

という事で2日~4日程のズレがありますが微妙に「天井・」付近を捉える動きをしている事が分かります。今現在はスークシュマの最後のダシャーの土星期で12月20日まで続くようです。この場合、トップやボトムは数日早く来る事になりそうです。

という事で薄々分かると思いますがインド占星術のダシャー分析は時間分析にかなり使用可能だと思います。ただし、条件としては相場テクニカル分析を熟知している必要がある事です。と言ってもインド占星術に比べたら基礎的なテクニカル分析を覚えるのにそれほど時間がかかるわけではございません。

ちなみにドル円相場とダシャーには数日のズレがあるようです。このズレは「建国図の誕生時間」のズレを意味する可能性を示唆しています。

インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ

インド占星術の結婚の専門ブログです↓
インド占星術 結婚の有料鑑定のご案内です。インド占星術の結婚の有料鑑定については真剣に時間をかけて精査しております。
関連記事

12/02のツイートまとめ

惑星について
12 /03 2018
OGGiYMHtWJpofM4

仮想通貨を色々勉強していましたがやはりインド占星術はかなり強力な武器になる。トレンドの転換を先読みできる可能性があります。まぁ、手練れのチャーティストなら長めのチャートで先読みをしているとは思いますがトランジット惑星はトレンドの発生源です。今は蠍座で沈潜中。これが下落のシグナル。
12-02 16:01

関連記事

ビットコインのイベントチャート

為替相場情報と投資関連情報
12 /02 2018
親愛なる読者の皆様、今晩は。
本日はビットコインの関連本を11冊程読んだのですがテクニカル分析等が甘ちゃん過ぎて「大丈夫」かいなと思ってしまいました。

投資の世界は、為替相場も仮想通貨もトレンドが分かりさえすれば儲けを出す事が可能です。そのトレンドを知りたいためにチャート分析などをするのですがインド占星術の場合は惑星周期を見る事により、トレンド分析が出来る可能性が高いです。トレンド分析とは時間分析に他なりません。投資の世界ではエリオット波動が幅を利かせているようです。時間分析は「ブル&ベア&トレンドレス」を見極める作業。

そこで私はオリジナルのイベントチャートを作りました。まぁ、カラクリは単純ですがそのチャートのダシャーを見ると
キャプチャ
見ると今年の12月29日にマハーダシャーが土星期に変化するようです。
これを見ると直近の変化日が11月8日だったのですが

BTC日足チャートを見ると
キャプチャ
赤い矢印の日が11月8日でその日を境に徐々に高値が切り下がりつつ、大きく下落した日が11月14日でした。チャート上、最も強い70万付近のサポートが破れた時期になっていました。そしてダシャーによると今年の暮れには19年スパンの流れに変化する事になるようです。

チャラダシャーで見るとかなり面白い感じで
キャプチャ
大きく下落した日が11月14日ですがプラティの変化日が11月14日でした。端的にビンゴで今の流れは12月7日に変化するようです。(プラティ期は約3週間周期の模様なので絶対視などは禁物です。ビットコインは三週間周期では動いてはいません)。ちなみにチャラダシャーは2026年12月まではマハー獅子座期のままでヴィムショッタリダシャーとは連動していない模様です。

正直、テクニカル分析などは腐るほどチャートを見ているので熟知していますがそれでも常に「?」がつく時があります。おそらくですがビットコインの11月14日の下落等がそれに当たると思います。その不可思議なトレンドはジョーティシュ的にはダシャーとトランジットにより形成されている事になりますが読み方としては、単純なダブルトランジットという簡単なものではなく、微細なナクシャトラ単位での分析が必要になる相当難しい技術になっています。

チャート的にはD60チャート
キャプチャ
チャート的にプラティ期が水瓶座期に入ったと同時に下落開始。
水瓶座は相当弱い星座期らしい。次は魚座期になるようです。

このトレンドの分岐日は2018年9月6日です。
この日にアンタル天秤座期がスタートしています。
この日の始値が743.000円程度です。

今の値段(465.000円)からすると743.000円は相当高い値段帯に感じてしまうこの頃です。ダシャーは主にブル&ベアの分岐として使用可能なので覚えておいて損はないと思います。日本のダシャーと兼用するとより精度が高くなると思います。仮想通貨の日本人のシェアは50%程度らしいのでボチボチ機能するはずです。

インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ

インド占星術の結婚の専門ブログです↓
インド占星術 結婚の有料鑑定のご案内です。インド占星術の結婚の有料鑑定については真剣に時間をかけて精査しております。
関連記事

ナーラーヤナ

有料鑑定情報ですが主に二点「結婚」「仕事」に重点を置いています。時間をかけて精査するので何度もやり取りする事になります。仕事も同様に時間をかけて精査しています。という事で「結婚」「仕事」を精査して欲しいお客様は当方を頼って下されば幸いです。
使用システム
パラシャラ・システム
ジャイミニ・システム
アシュタカヴァルガ・システム

などのダシャー、トランジットで精査します。
現在、多忙につきまして鑑定は停止しておりますのでよろしくお願いいたします。