プラシュナと失くした携帯充電器の行方

インド占星術関連情報
03 /25 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
本日の夜は相当の手練れのブログを読んでいました。

勿論、海外のブログになりますが、その記事のテーマはプラシュナ携帯充電器をどこで失くしたか?」という事でした。
キャプチャ
話によると「先日、私は文化的なイベントに忙しくて、真夜中過ぎに帰宅。そこで携帯充電器がショルダーバッグから行方不明になっていることを知った」模様です。

プラシュナで思うのはラグナに吉星が在住するのは奇瑞となるようです。ラグナロードはコンバストしている金星で4室に在住しています。この象意は、行方不明のアイテムが実際には行方不明ではなく、自宅にあることを示している。強いコンバストは錯覚を示しています。心のカラカである月も4室に在住しています。

ラグナに在住する木星はすぐに見つかるだろう事を示しています。貴重品を意味する2室に在住する火星が自室に在住は、自分の家でその品物が紛失していないことを示しています。アセンダント(Asc 7:05 )は00:00~10:00の間にあるので行方不明のアイテムが家の最初の部分にあることを示している模様。

という事でこのプラシュナは主にコンバストしている金星の錯覚が携帯充電器を失くしたと思わせているらしい。恐るべしは深いコンバストの金星。本質的にはGKの太陽だろうと。

コンバストの実戦での影響は同じパダに在住する場合は、確実に強いコンバストの影響がある事を意味します。端的に度数的には3:20以内は強いコンバストです。または二パダを意味する6:40までが明確な意味でのコンバストの対象になるようです。

当の本人はこのようなプラシュナをやりつつ、眠りに落ちた模様。翌朝、いつもの時間に起きてバッグを再確認したら、サイドポケットに充電器があったらしい。

通常、プラシュナのダシャーロード等が重要な働きをするようでこの場合は月と太陽が鍵になります。4室在住でラグナロードも在住です。テーマは家の中に答えがあるだったようです。
関連記事
スポンサーサイト

2室と7室はマラカ

インド占星術関連情報
03 /25 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
今日も朝から海外サイトを見ていました。

見ていた記事は「マーラカ」です。
マーラカについてはこのように書かれています。

アストロナインの占星術 ハウスのカテゴリーより一部抜粋

マーラカスタナ(殺人者の位置)
2室と7室は、マーラカスタナに分類されます。マーラカとは『殺人者』のことで、マーラカスタナは『殺人者の位置』という意味です。一般的に、マーラカというと、2室か7室、あるいは、それらの支配星をさします。また、2室や7室の在住星をマーラカと呼ぶこともあります。マーラカスタナは、死に関わるハウスであり、人の死亡時期には、ほとんどの場合、マーラカが関係しています。


この情報を読むと死期に関わる惑星だという事が理解できますが、実際には人間関係や経済的な問題を引き起こすこともあります。マーラカとは単純に考えると死期と健康、人間関係経済問題にも関係するのでかなり重要だという事が分かります。

ちなみに2室と7室がマーラカと言われる所以は単純です。
8室は寿命を司るハウスです。そのハウスから見た12室が7室。
12室は寿命を損なう働きをするハウスになります。

8室から見た8室は3室ですが3室は8室の本質を意味するハウスです。
その3室から見た12室が2室。

さて、2室と7室が寿命を削るハウスだという事が理解できたと思いますが、実際的に2室の象意は収入や蓄積という感じで富を司るハウスです。7室は結婚や人間関係を司るハウスです。なのでマーラカハウスは必然的に人間関係経済問題にも関係する事になるのは必定です。

7室に関する事例が出ていました。と言っても北インド式チャートだけだったので詳細は不明なので配置を見て作成しました。
キャプチャ
牡羊座ラグナにとってマーラカは金星そのものなので金星の配置が何より重要。
また、健康を司る水星(6L)がマーラカ在住なので健康問題に影響をもたらす事になる。

説明によると7室には色んな意味で凶の働きをする水星が7室に在住する。
その支配星の7L金星が土星と共に最凶ハウスの8室に在住するチャート。

ナクシャトラロード的に土星が支配するラーフ&金星が関わる時期なので今の時期ですが、この時期に1年間ほど入院して2度程手術した模様です。

ラーフー金星期(1年間ほど入院して2度程手術)
12室に在住するラーフは1年間ほどの入院で治療の為に多額の出費をもたらしたようです。

確かに金星の度数はVe 10:28 PKなのでD30の金星は乙女座で減衰する事になってしまいます。この場合、魚座に在住するラーフも同様に乙女座に在住する事になります。

このチャートのラーフはほぼ完ぺきなムリチュバーギャの度数です。
Ra 7:57(MB-0:03)
関連記事

ナヴァムシャダシャー

ジェイミニ占星術
03 /24 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
本日は、ナヴァムシャダシャーの本を読んでいました。

kindle本の翻訳本は、日本の経験豊富なジョーティシュの先生である清水氏が翻訳をしているので読みやすいのですが、出来ればソフトがあれば便利だと思います。ジャガナータホーラのナヴァムシャダシャーは使用方法が違います。ただ、ナヴァムシャダシャーの作成自体は簡単です。このダシャーの有効性はナヴァムシャのラグナが正しいかどうかが判断できるという事になります。

例、その1
キャプチャ
ダシャーの始まりはラグナが奇数ならラグナから。
偶数なら7室からスタートになり、どちらも時計回りで推移します。

このチャートは牡牛座ラグナ(偶数星座)なので7室の蠍座からスタートになります。後は支配星を数えるだけになりますが、奇数星座は時計回りで数える。偶数星座は逆時計回りで数える。

この場合だと7室蠍座からダシャーがスタートしますが、蠍座は偶数星座なので逆時計回りに支配星の火星までの数を数えると10になるのでマハー蠍座の期間は10年になります。次のマハー射手座期は4年になります。次のマハー山羊座期は2年になります。次のマハー水瓶座期は11年になります。次のマハー魚座期は12年になります。

という感じで
蠍座期が10年
射手座期が4年
山羊座期が2年
水瓶座期が11年
魚座期が12年になります。

本だと
キャプチャ
ダシャーに関してはアンタル期まで手計算すれば十分そうですが、アンタルはマハー期と同じダシャー期からスタートします。

例、その2
キャプチャ
このチャートの場合はラグナは乙女座なので偶数星座です。
その為、ダシャーは7室魚座からスタートします。

魚座から支配星の木星は逆時計回りに11番目のハウスに在住しています。
なのでマハー魚座期は11年になり、アンタル魚座期は11か月になります。

次のマハーは牡羊座期ですが支配星の火星は時計回りに見て5番目のハウスに在住なのでマハー牡羊座期は5年になり、アンタル牡羊座期は5か月になります。

という感じで賢い読者の皆様には日本のナヴァムシャダシャーを作成して見て下さいませ。

日本のナヴァムシャ
キャプチャ
基本は単純です。日本のD9のラグナは双子座です。
双子座は奇数星座なのでマハー期は双子座からスタートです。

双子座の支配星は水星ですが水星は双子座から見て7番目のハウスに在住なのでマハー双子座期は7年になり、アンタル期は7か月になります。次のマハー期は蟹座期ですが、蟹座の支配星が月ですが、逆時計回りに見て9番目の蠍座に在住していますのでマハー蟹座期は9年になります。アンタル蟹座期は9か月です。

という感じでナヴァムシャダシャーはあまりにも簡単仕様ですが、ソフトがないのが痛い。日本でナヴァムシャダシャーの情報は皆無に近いです。これは海外すらも薄い情報のダシャーです。
関連記事

獅子座ラグナと適職

獅子座ラグナ
03 /23 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
本日も主に海外サイトを巡回気味に見ていました。

それにしても海外サイトは奥が深い。
キャプチャ
適職についての質問が書かれていました。
通常、獅子座ラグナは政府に関する仕事がいいらしい。

というより、インドの場合は如何に政府系の仕事に就けるかが全てです。
この場合、太陽が最も重要な役割を果たします。

後は木星と太陽の強さと金星と火星の結合(6H)は医療/病院関連分野でのビジネスが合うらしい。ただし、ポイントはTラーフ軸がハウスを移動してから行動に移すべしと書かれていました。Tラーフ軸は本日、双子座ー射手座に移動しました。
関連記事

富の源泉=LABH MANDOOK HORA

インド占星術関連情報
03 /22 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
いつも思うのですが、ジョーティシュに関して言える事は日本ではなく、海外ネタに執着せよとなります。

例えば、日本では聞いた事がないであろう「富の源泉」を見るチャート「LABH MANDOOK HORA」があります。

そのチャートを簡単な事例ですがRahul Gandhiチャートで見てみたいと思います。ちなみにジョーティシュをやっていてRahul Gandhiを知らない場合、あなたはもぐりになってしまう。海外で彼は相当分析されまくりです。

Rahul Gandhiのラーシチャートですが
キャプチャ
チャートを見ると金星が支配する天秤座ラグナで配偶者を意味する7室にヨガカラカの土星が在住しています。この場合、減衰の影響はどうなるのでしょうか?言える事は未だに未婚状態です。

LABH MANDOOK HORAに関しては単純な法則があります。
惑星の度数的に00~15度の惑星はそのままのハウスに在住。
15~30度の惑星はそのハウスから11番目のハウスに移動します。

と言ってもジャガナータホーラにはその機能がありますので
キャプチャ
端的に移動した惑星は
Sa 24:27 AKが水瓶座に。
Me 15:35 BKが魚座に。
Ma 17:47 AmKが牡羊座に移動しました。

全て在住するハウスから11番目のハウスに移動しただけの話です。ここで最も重要なのは11室だという事です。このチャートにはあなたの人生で得ようとしている富の量に関する十分な手がかりを与えています。という事でジョーティシュは深海の如く、奥が深いので学びはコツコツ毎日精進が一番です。
関連記事

マラカについて

寿命(死期)
03 /20 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
今日はドレッカナを見つつ、寿命も見ていました。

寿命に関してはマラカが強く機能する模様です。
主な内容はマラカについてより一部抜粋です。

2つのマラカハウス(2室と7室)のうち最も強力なマラカの作用を発揮するのは2室です。以下がマラカの機能を持ち得る惑星です。

1.2室支配星と7室支配星
2.2室または7室に在住する凶星
3.2室支配星または7室支配星とコンジャンクトする凶星
長寿または短命のどちらの場合であっても、これらの惑星のマハーダシャー、またはアンタルダシャーには死期が訪れる可能性があります


情報的には8室から見た12室の7室と3室から見た12室の2室の殺傷力の強さを意味するようです。この情報はD1では機能する可能性がありますが、D9でも同様に機能するのかどうか?

キャプチャ
上記の情報を当てはめると
1、水星と火星
2、土星と火星
3、ケートゥ

となるようです。
実際に亡くなったダシャー期は、土星ー木星期の時期でした。
完全に木星が抜け落ちています。
この三つのロジックでは不備が出る事を意味する模様です。

※ D9の7L7Hの火星はマラカとしての機能が解除されている可能性を示唆しています。

ついでにトリムシャムシャを見ると
キャプチャ
上記の情報を当てはめると
1、木星と太陽
2、なし
3、金星

となり、こちらも2L木星のみがヒットするようです。どうやら、上記の単純なロジックではD9やD30を見た程度では寿命の時期を読み当てる事には限度があるようです。ちなみに私がドレッカナを見ていた理由は22番目のドレッカナを調べていたからです。22番目のドレッカナは死期に関係するといいます。
関連記事

トランジット土星の終焉地

射手座ラグナ
03 /19 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
ジョーティシュの教えで最大のリスクは寿命だと思います。

その寿命ですが死期の「トランジット土星」の位置が確定する場合、約2年半の間に死期が訪れる事が決まりますが、この場合はアシュタカヴァルガが機能するかどうかが鍵になりそうです。

事例的に
キャプチャ
ハウスの強度と土星の強度を見ると最も弱いハウスが
22:1の射手座です。
23:1の双子座が次点です。

どちらにしろ、このアシュタカヴァルガ自体が明確に機能するのならT土星は双子座、射手座、山羊座を通過中の時に死期が訪れる可能性があるようです。

実際に死んだ時期のT土星が在住していた配置は牡羊座でした。
強度は28:5で土星は二番目に強度が強い時期での死期になっていました。

本来ならT土星が双子座、射手座、山羊座を通過中の時に死ぬべきだったと思うのですが。

N土星とT土星の共通点を探るとナクシャトラロードが共にケートゥでした。
N土星のナクシャトラはムーラでした。
T土星のナクシャトラはアシュビニーでした。

たまにアシュタカヴァルガの強度を見ていますが、正直機能不全が多いと思うこの頃です。
関連記事

5Lが12Hで5Lが8H

インド占星術関連情報
03 /18 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
ラーフドーシャのネタを見ていたのですが5Hラーフのチャートに繋がってしまいました。

5Hラーフは子供が得にくいチャート配置の一つです。
D1チャート
キャプチャ
チャートを見ると5室蟹座にはラーフが在住しています。D1の5室は蟹座です。その支配星は月ですが、月の配置をサプタムシャで見ると12室に在住しています。

サプタムシャ
キャプチャ
チャートを見ると5室双子座にはラーフが在住しています。これでD1&D7共に5室にラーフが在住する配置になっています。5室の支配星は水星ですが水星のD1の配置を見ると8室に在住しています。D1に戻って5室ラーフのナクシャトラはAshleshāなのでナクシャトラロードはD7の5Lである水星になるようです。

このような繋がりが38歳の状態で子供が得にくい状態(子宝なし)を招いている事になりそうです。アーシュレーシャというナクシャトラは相当根深い領域なので苦労しそうです。
関連記事

AmK+GK8室在住

ジェイミニ占星術
03 /18 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
今日も朝からチャートを眺めていました。

このようなチャートを見ていました。
キャリアの空白期間(失業状態)。
キャプチャ
チャラダシャーで見るとキャリアの空白期間の悩みの時期が蟹座ー獅子座期になっていました。アンタル獅子座期を軸に見ると獅子座から見て8室惑星集中は、この時期が楽ではない事を意味するようです。

獅子座を支配する太陽は8室魚座に在住でGKです。
10室牡牛座を支配する金星は8室魚座に在住でAmKです。

共に苦悩の8室に在住しているようでこの時期に失業状態で仕事が見つからないようでした。8室で10L+AmKの金星と1L+GKの太陽が在住すると失業状態(仕事の中断)になりやすいようです。このハウスには弱いAKが在住しているのですがAKAmKが8室は人生の行き詰まりすら起きやすいようです。強い高揚金星は弱い減衰水星と接合してウッチャバンガ(高揚のキャンセル)が機能している可能性を示唆しているようです。

元々、獅子座とは苦悩を意味する8室です。その8室から見た8室で実惑星の惑星集中。このハウスには三つの凶星のアスペクトと8室魚座の主である弱い木星からアスペクトが働いています。
関連記事

DrekkanaとDwadasamsa

D3(Drekkana 兄弟姉妹)
03 /17 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
最近の私は海外サイトばかり見ています。

キャプチャ
チャートは兄弟姉妹を見るドレッカナですが、ラグナは蠍座ラグナですがラグナロードの火星は逆行しつつ、損失の12室に在住しています。弟妹の3室には損失のケートゥが在住し、兄姉の11室には土星が在住しています。

弟妹のカラカの火星から見た3L木星は8H。
兄姉のカラカの木星から見た11室には土星とラーフのアスペクト。

BKは木星です。
BKから見た3室にラーフが在住し、11室は土星とラーフのアスペクト。

インドならではの話ですが
キャプチャ
ドワダムシャチャートは両親を見るチャートですが父親は9室天秤座です。
このチャートには何か強烈な部分があります。

2室蠍座ー4室山羊座で星座交換をしており、4室には8L金星が在住し、8室牡牛座で惑星集中です。この星座交換「父方の家族が黒魔術などに熱中」している事を意味します。この負の要素が父親早死にをもたらしました。
関連記事

ナーラーヤナ

現在、多忙につきまして鑑定は停止しておりますのでよろしくお願いいたします。