インド占星術 やっぱり最強なハヌマーン・チャリサ(हनुमान चालीसा)

マントラ
04 /26 2021
親愛なる読者の皆様、今晩は。
なんとなく、マントラネタを見ていたのですが、行き着いた先がハヌマーン・チャリサ(हनुमान चालीसा)でした。

チャリサ自体には、ハヌマーン・チャリサ以外にも
・ドゥルガ・チャリサ
・クリシュナ・チャリサ
・シュリ・ガネーシュ・チャリサ
・ガヤトリ・チャリサ
・シヴァ・チャリサ
・ラクシュミ・チャリサ


色々とあるようですが、ハヌマーン・チャリサは、ハヌマーン・チャリサを暗唱することは、人間のすべての苦しみを取り除き、人生のあらゆる分野で彼らに成功をもたらします。これは古代ヒンドゥー教の神学でも言及されています。特にカリユガでは、ハヌマーンジだけがこの世界に存在し、常に彼の信者と一緒に彼らの苦しみを克服する神であると言われています。特に人々は、恐怖を取り除き、悲しみを避けるためにハヌマーン・チャリサを暗唱します。

私的に思うのは、ハヌマーンジ(本質はラーマに繋がりがあります。またヴァーユの息子でもあります)は元素では火の元素が強く機能すると思われますのでその元素に適した魂の人々がハヌマーン・チャリサを暗唱する事により、特に苦しみを克服し、恐怖を取り除き、悲しみを避ける事が出来ると思われます。

火星との相性を考慮すると水星に関与する人々はそれほど機能しないのではないかと思ってしまいます。水星優位の魂の人々は、クリシュナ・チャリサを唱えた方がいいのではと思う次第です。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
スポンサーサイト



インド占星術 至高で唯一のマントラ

マントラ
04 /24 2021
親愛なる読者の皆様、今晩は。
定期的に書いていますが、ヴェーダマントラで至高のマントラガヤトリーマントラと言われています。

このマントラは、全ての人が唱えなければいけないと言われています。このマントラは、カースト、社会、性別、国籍、時間、空間を超えていると言われています。このマントラは、あらゆる人が繰り返し唱えなければいけない唯一のマントラと言われています。

もう一度お書きますが、あらゆる人が繰り返し唱えなければいけない唯一のマントラはガヤトリーマントラのみと言われています。

簡単に書きますとガヤトリーマントラは三つの原理が働きます。
肉体のレベルでは「ガヤトリー」即ち「物質化」
生命のレベルでは「サヴィトリー」即ち「振動」
音の本源(アートマ)のレベルでは「サラスワティ―」即ち「放射」


ガヤトリーマントラは短いマントラですが、その意味は奥が深いです。ガヤトリーマントラの産みの親は、大聖仙であるヴィシュヴァ―ミトラです。

マントラは、振動をもたらすので正しいアクセントとリズムが必要になります。それにより、光が生じる事になります。間違った振動は逆に闇をもたらす事になるので最初にヴェーダのマントラは「正しく聴く(シュルティ)」必要がありそうです。次に師のマントラを正しく真似をする事です。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。

インド占星術 マントラ

マントラ
12 /19 2020
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
ヴェーダのマントラで至高と言われるマントラの一つがガヤトリーマントラです。

ガヤトリーマントラは、インドで長い間唱えられていますが、ある人々の考えでは、ブラフミン以外の人や女性はガヤトリーマントラを唱える事を禁じられているという話があります。また、このマントラは、特定の時間に唱えるべきであり、自分の選んだ都合のよい時間に唱えてはいけないという話があるようです。

マントラ自体は、正しい音律とリズムを元に唱えないと「逆作用」が生じると明確に書かれているので安易に自己流で唱える事は厳禁とされているというより、現実的にそのような作用が働きます。

全てのヴェーダのマントラは、正しい音律とアクセントを元に唱える必要がありますが、人間なのでマントラを間違えて唱えてしまう可能性があり、その逆作用の影響の回避の為に一番最初にガネーシャ神に守護を求めつつ、マントラの最後には「赦しのマントラ」を唱える必要があります。

ガヤトリーマントラの本質は、全ての人が唱える事が出来る母なるマントラだという事。そのためにこのマントラを保持する事により、母なる守護のようにきめの細かい神の守護を得る事が出来ます。ガヤトリーマントラは、カースト、社会、性別、国籍、時間、空間の域を超えています。このマントラこそがあらゆる人が繰り返し唱えなければならない唯一のマントラと言われています。

インド占星術的にマントラは5室。また、5室 は ダルマ の 部屋 で あり、 言葉 の 宗教 的 な 意味 どおり 霊的 な 事柄( ヤン トラ、 イシュタ・デーヴァター、 前世 の カルマ など) な もの に 関連 する 精神 性 と 関係 し ます。自身の最も機能するマントラは、イシュタ・デーヴァターが関与するのでチャートの精査が必要になります。

ガヤトリーマントラの詳細を書くと何日も説明が必要になるのですが、このマントラは主に三つの肝要な点があります。
それを単純に書くと
物質化
振動
放射の三つになります。

このマントラにはこの「物質化・振動・放射」の力が強力に働いている事になります。

三番目に書かれている放射には、臍から湧き上がる原初の音であるプラナヴァ、即ちオームカーラが関与しています。この世の原初音は、オームという原初音から全てが始まりました。オームカーラは、根源的な原初の音であり、そこからその他の音が生じています。

鑑定その1、2021年全般の未来のダシャーが知りたい場合の鑑定案内です。詳細は
↓↓↓
インド占星術 来年のご自身のダシャーを深く知りましょう。


鑑定その2、様々な鑑定内容が知りたい場合の情報です。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。

インド占星術 マントラ

マントラ
08 /22 2020
親愛なる読者の皆様、今晩は。
現代はカリユガの時代なので何よりマントラジャパ(唱名)が重要になります。時代的にはラーフの影響が濃厚に出ています。

そもそもですが、マントラとは何でしょうか?「マ」はマナナ(反芻する事)を、「トラ」は救う事を意味します。そのため、マントラとは、それを瞑想すれば救ってくれるものという意味になります。

ちなみにヴェーダには多数のマントラがありますが、至高のマントラはプラナヴァだという事を深く認識する必要があります。そのため、どのようなマントラを唱える時でも、最初にプラナヴァを唱える必要があります。プラナヴァとはオームであり、全てのマントラの頭部であり、王冠です。

マントラ自体は、イシタデーヴァターのマントラを唱えると効用がある筈です。そのためにジョーティシュが利用される事になります。

鑑定依頼をお待ちしております。
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。

インド占星術 マントラの意味

マントラ
12 /08 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
ヴェーダマントラを唱える時に、最後に必ず唱えるマントラ

オーム シャンティ シャンティ シャンテイ

と唱えますが、これを唱える時には意味を知りつつ、唱える必要があります。シャンティサンスクリット語で、至福・平安・静寂などを意味します。ではなぜ、シャンティを3回唱えるのでしょうか?多少、専門的になりますが、ヴェーダは限りなく、専門的な方がいいと思います。

三回繰り返す事の意味は、人間には三種類の平安が必要だという事を意味します。
1、アディボウティック・・・他の存在によって邪魔されない平安。
2、アディアトミック・・・自分の身体と心によって乱されない平安。
3、アディダイヴィック・・・人間の支配を越えた力によって乱されない平安。


信仰で重要なのは「アディ・ダイヴィ」です。これは、神への絶対的な明け渡し(全託)を意味します。ラーマ神に対するアディ・ダイヴィの絶対者が偉大なるハヌマーン神です。

インド占星術 ガネーシャ・ガヤトリーマントラ

マントラ
09 /17 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
この広大なる宇宙はガナ(神群)により、維持されているのですが、ガナ(神群)の主人はガナパティです。

キャプチャ

この世で唯一主人がいないのはガナパティのみです。
ガナパティは自分自身が主人です。

ガナパティには様々な名前があるのですが、その一つがムーシカ ヴァーハナです。意味はネズミを乗り物とする者を意味します。

ネズミ=ムーシカですが、このムーシカとは単なるネズミを意味するのではなく、無知という暗闇を象徴しています。なぜなら、ネズミが動き回るのは暗闇の中だからです。そのため、ムーシカ ヴァーハナとは、無知を制圧して暗闇を追い払う者の事を意味します。

そのような御方を礼拝するのはガネーシャ・ガヤトリーマントラがいいと思います。このマントラは、簡単なのですぐに覚えられます。マントラは数種類のバージョンがあるようですが、私が唱えているのは以下のマントラ

オーム エーカダンターヤ ヴィッドゥマヘー
ヴァックラトゥンダーヤ ディーマヒ
タンノー ダンティー プラチョーダヤートゥ

意味:どうか一本の牙(エーカダンタ)をもつ神を知り、
曲がった牙(ヴァックラトゥンダ)をもつ神を瞑想できますように。
象牙(ダンタ)をもつガネーシャ神が、私たちをそこに導き、照らしてくれますように。




ジョーティシュ的には、定義的にガナパティケートゥを司る神になってはいますが、全ての親神なので実際には全てのナヴァグラハを宥める力があると思います。マントラは毎回108回唱える事により、全てのナクシャトラの隅々まで行き渡る事になり、マントラの音の波動により、惑星の悪影響を取りのぞく事になります。

ガーヤトリー」とは、もともと韻律の一種であり、8音節の句を3つ重ねた、合計24音節からなる詩形を意味します。このマントラの24音節からなる詠唱は、人間の肉体の24の異なる部位に共鳴するといわれます。

インド占星術 ハヌマンマントラ

マントラ
08 /31 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
色々と海外サイトを巡回していたのですが、主なるハヌマン神が気になりました。

フリーの画像で美しかった主なるハヌマン神
キャプチャ

ハヌマンマントラに関する効用が書かれており、それによると
ハヌマンマントラによる7つの利点

1、ハヌマンマントラは、人の回復力を高め、あらゆる困難な状況で勝利を収めます。
2、ハヌマンマントラは、願いを叶えるために直面する困難や問題を克服するのに役立ちます。
3、ハヌマンマントラの反復ジャパは、悪霊を追い払い、熱やてんかんなどの病気を追い払うと信じられています。
4、ハヌマンマントラは、体力やスタミナ、パワーをつけるためにも使われます。
5、ハヌマンマントラは、結婚生活の問題、借金問題、精神障害、苦悩など、人生の問題を早く解決するのに役立ちます。
6、ハヌマンマントラのジャパは、勇気と自信で人を祝福し、敵の努力を妨げ、成功を保証し、免疫力を強化し、長寿をもたらします。
7、ハヌマンマントラを毎日唱えることで活動的でエネルギッシュになり、仕事をしても怠けたりしなくなります。


ハヌマンマントラとは、基本的に二大凶星が機能的に優れる働きに変化するのではないかと効用を見ると思います。そのため、インド人は火曜日と土曜日にハヌマン神の寺院に礼拝に行くようです。

マントラ自体はハヌマンチャリサではないようで


人は二大凶星を強化する事により、あらゆる困難や問題を克服するのに役立つのは確実です。何より、不屈の闘志と強い粘り強さがハヌマンマントラによりもたらされます。

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。