インド占星術 ラーフと火星

二つの惑星のコンジャクション
04 /27 2021
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
今日も色々と占星術関連のネタを読み漁っていたのですが、ラーフ火星の同室はかなりヤバイ組み合わせな模様。

言葉的には、これは火山の組み合わせで、過剰な攻撃性(ほとんど方向性がない)、サディスティックな思考、自我の高まりなどをもたらす。

ラーフ火星の合は火山の組み合わせらしい。また、この組み合わせは、多くのテロリスト、反社会的活動家、革命指導者がこの組み合わせで生まれているという。この火山の性質がコントロールされるのは、火星が衰弱していたり、逆行していたり、燃焼していたりする場合にのみ、状況を彼ら自身でコントロールできるとされています。減衰などの弱さは自信のなさに繋がり、謙虚さがもたらされる事になり、暴走する事が回避されます。

このロジックが正しい場合、トランジット的にラーフ火星がコンジャクションする時期、そのような行為が現象化されやすい時期になる筈であり、テロで有名な事件は、アメリカ同時多発テロ事件ですが、その時のトランジットを見ると

アメリカ同時多発テロ事件
キャプチャ
チャート的に言える事は、アメリカ同時多発テロ事件は、ラーフのコンジャクションは火星ではなく、木星(グルチャンダラヨガ)と月とのコンジャクションだった事になるようです。

ただ、火山のヨガであるラーフ火星の絡みはきっちりラーシチャートと共にナヴァムシャにも現象されている事が分かります。世界的なグローバルな事象はゾディアック的な3ー9ラインである双子座ー射手座が機能しやすい。これは、新型コロナウイルスの時もこの双子座ー手座ラインが強く機能していた事が確認されています。

この時の主役はナクシャトラ的にはムーラですが、新型コロナウイルスの主役のナクシャトラもまたムーラナクシャトラでした。ムーラナクシャトラの番号は19番目のナクシャトラです。数字には必ず意味があります。

ナクシャトラにはそれぞれに機能する三主神が存在しますが、アディ・デーヴァタと機能する神は、死と破壊の女神として知られているニリッティでした。

三主神とは、
Graha Devta
Adhi Devta
Pratyadi Devta


ニリッティ、またはアラクシュミーは、アディ・デーヴァタとして機能する女神様です。この女神様は、新しい創造と始まりのために必要なステップとして死を受け入れる勇気と精神的な感覚を与えます。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
スポンサーサイト



インド占星術 土星と月の惑星の組み合わせ

二つの惑星のコンジャクション
04 /10 2021
親愛なる読者の皆様、今晩は。
今回は、土星の惑星の組み合わせに関するネタを読んでいました。この組み合わせは一言で言うとPoison Yogaになる模様です。端的に毒のヨガらしい。毒が心に侵入状態になる時、人の心が幸福になるのは難しいようです。何らかな対策が必要です。

単純な毒は常に蠍座を覆っていますが、情報では、占星術では、どんな人のホロスコープでも、土星の惑星の組み合わせは良くないとされています。これはポイズンヨガと呼ばれています。このヨガをホロスコープに持っている人は、生涯を通じて毒のような多くの困難に直面すると言われています。また、フルポイズンヨガは母親を苦しめます。

ポイズンヨガは生涯を通じて毒のような多くの困難に直面するとあるようです。単純に毒とありますが、これこそがトリグナのタマシックなエネルギーなのだろうと思われます。この場合、土星のタマシックのエネルギーが常に心のに流れ込んでいる事になります。また、関係性としては、母親との関係に苦しむようです。

ポイズンヨガの形成

1. 土星がいずれかのハウスに一緒に座っている場合、ポイズン・ヨーガが形成されます。

※占星術では、人のホロスコープには吉祥と凶祥の両方のヨーガが形成される。吉祥のヨーガはラ-ジャ・ヨーガと呼ばれ、不吉なヨーガはドーシャと呼ばれます。ホロスコープにラ-ジャ・ヨーガと一緒にポイズン・ヨーガがあると、その人は決して喜びを得ることができません。毒のヨガは、土星によって形成されます。

土星の上を通過するとき、あるいは月が土星の上を通過するときに、ポイズンヨガが形成されます。トランジットで月が土星のサインに入ると、必ず毒が形成されます。
2. 占星術学者の中には、ユティとは別に、月の上に土星が見えることでヴィシャ ヨーガが形成されると考える人もいます。
3. 蟹座の土星がプシュヤナクシャトラにあり、月が山羊座のシュラヴァナ ナクシャトラにある場合、またはチャンドラと土星が反対の位置にあり、両者がそれぞれの場所からお互いを見ている場合、その場合でも毒が形成されます。
4.ラーフが8室に存在し、土星が牡羊座、蟹座、獅子座、蠍座のアセンダントにある場合も、このヨーガが形成されます。
5.月が土星のアンタルダシャーであっても、土星が月のアンタルダシャーであっても、ポイズンヨガは形成されます。

救済策は
1、毎日、ハヌマーンチャリサを唱える。
2、スピーチと行動を純粋に保つ。
3、肉やアルコールを避け、母親または母親のような女性に仕える。


★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。

インド占星術 シュラピット・ドーシャ

二つの惑星のコンジャクション
03 /25 2021
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
とあるサイトを見ていたのですが、それによると最も怖い惑星との接合の一つがShrapit Dosha(シュラピット・ドーシャ)と書かれていました。

これは土星ラーフの接合を意味するヨガです。
あちらの言葉としては
・Shani Rahu Yuti
・Shrapit Dosha
・Pitra Dosha
・Pitru Dosha.

言葉的に色々とあるようですが、土星ラーフシュラピット・ドーシャの
良い面の考察としては
ラーフは、土星の永続性に革新的な欲望を追加することができます。彼は非常に勤勉で革新的になるかもしれません。
ラーフは、土星の厳格なルールガイドをリードする願望で飾ることができます。
土星は安定し、ラーフの欲望を1つの焦点に集中させることができ、彼はそれに成功する可能性があります。

ポジティブな面では、土星ラーフが強いハウスに在住する必要が生じます。

悪い面の考察としては
・ラーフと土星は彼に揺らぐ心を与えることになるので彼はある時点で安定することはできません。
・ラーフの欲望は土星によって押しつぶされる可能性があり、彼は怠惰になり、活動が低下する可能性があります。彼の目標/情熱はないかもしれません。
・土星が弱い場合、ラーフは力を超えて、土星をシステムとメンテナンスの欲求の増大に導く可能性があります。彼はさまざまな心理的問題を感じるかもしれません。
・呪いーこれは、その人が何か規則に従わなかったり、誰かの心を乱すようなことをしたりして、その人が呪われていることを意味します。

このドーシャの主な問題点は - 彼はどんな結論にも到達できず、常に心が揺らいでいることです。ラーフが強力になると急に欲望を感じ、土星が活躍し始めると急に欲望を感じなくなるかもしれません。恩恵的な惑星が関与するまで、彼はその揺らぎのために不幸に直面します。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。

月と土星のコンジャクション

二つの惑星のコンジャクション
03 /11 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
今日も朝から海外サイトの巡回をしていました。

テーマは「月と土星のコンジャクション」でした。
単純な解釈では
「この組み合わせは基本的に不一致です。両方の惑星は互いに似通っていない。月は女性的で水に恵まれた惑星だが、土星は中性的で風元素の有害な惑星です。月は光速で黄道帯を通過するが、土星は最も遅く動く天体である。しかし、この組み合わせは必ずしも好ましくないとは限らない。土星と接合する月は、正直で正義を愛し、働き者であることを示している。

もしそのような配置にあれば、自分自身の努力で成功への野心と足取りを理解するような、勤勉な人になるだろう。そのような人は正義のために常に不正に抵抗する。しかし、この人は悲観的になったり憂鬱になったりすることがあり、それが平和と満足に影響することもあります。そのような人々は常に楽観的であるべきです。この結合は、人々をアルコールや喫煙などの中毒に駆り立て、さらに結婚や子供、母親との関係に苦労する事になりやすい。この場合の木星の影響は、弱さを緩和する事に繋がる。」


心の月が重たい惑星の土星と繋がると悲観的になりやすく、憂鬱な気分になって結果的に「鬱病」になる要素を秘めているといいますが、それは機能的にも悪く配置されている場合で良く配置されていると人生のより高い意味を理解する傾向が出てくるようです。多くのスピリチュアルマスターは彼らのホロスコープで土星と月の結合を持っていたと言われており、聖スワミ・ヴィヴェーカーナンダ師がその型をもっていました。

いつも使用している素晴らしいサイト(https://jyotish-one.com/input.php)がタイムゾーンをいじっているらしく、正しく機能しないようです。
キャプチャ
チャートを見ると10室で土星と月の接合が起きているようです。
この型は多くの信者を獲得する事に繋がるといいます。

スワミ・ヴィヴェーカーナンダ師のチャートは射手座ラグナで1室には9Lの太陽が在住しています。これはラグナ&太陽共にヴァルゴッタマなので生まれ持っての指導的立場の性質を意味しています。ダシャムシャですらラグナに太陽が在住しています。

太陽の強い性質はナクシャトラにも出ています。アセンダントと太陽のナクシャトラは共にU.Ashadhaなので支配星は太陽になります。アセンダントと太陽のオーブはかなり近いです。

Asc 28:39
Su 29:25 AK


太陽はアートマカラカでもあるようです。あまりにも強い太陽は自らの使命を下界で果たしたらさっさと天に帰った事になるようです。ヴィヴェーカーナンダ師程のヨーガの遣い手は自ら死の時期を選ぶ力が生じます。

ヴィヴェーカーナンダ師が本来あるべき至高の天に帰った日は1902年7月4日の朝のようです。ダシャーは三大吉星のダシャー期の時期で木星ー金星ー水星期でした。

カラカムシャラグナ射手座ラグナになり、ヴィヴェーカーナンダ師のあの世の様相は蠍座になりますが、蠍座には減衰ラーフで至高の天界の様相が出るわけなし。その結果、カラカムシャラグナからあの世を考慮する事を深く熟慮する必要性が出てくるようです。

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。