5室と宝くじ

5室
03 /12 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
宝くじの記事を調べていたら「宝くじ売上8千億円割れ ジャンボ不振で20年ぶり」とありました。

宝くじの売上額は17年度の1兆1047億円をピークに減少傾向らしいですが、凄い売り上げなのは確実です。そこで宝くじ占星術を調べていました。端的に相当量の情報が溢れ出していました。勿論、日本のサイトではなく、海外サイトのみで調べています。

そこに書かれていた事は

※ 最も重要なハウスは5室

ギャンブルでラッキーな人は、絶対に強い5室が必要です。5室は、ギャンブル、楽しみ、ロマンス、政治、投機、そして簡単な利益を意味します。その為、交渉の余地はありません。あなたが弱い5室を持っているなら、ギャンブルを忘れてください。ギャンブルは決してしないでください - あなたは負けるでしょう。


実際にはギャンブルとは投機投資も含む場合もあると思いますが、どちらにしろ、創造をもたらす5室が強くないチャートは堅実に生きる方が絶対に無難となりそうです。5室の強度でいう場合は、5Lが定座以上の配置が特にいい感じです。特に木星、金星等がそのような配置だとダシャーのタイミングを研究すれば相応の見返りが手に入る事を意味します。

5室も生来的凶星ではなく、生来的吉星の強さが幸運に繋がり、二大吉星は幸運そのものになりそうです。火星・土星が5Lで強くて宝くじに当たってもそこから人生が転がる可能性が出てきます。ラーフが絡むと巨万に繋がる要素を秘めています。ハウス論で考えると8室が突然の大金ゲットのハウス、9室は本当の意味での幸運のハウスそのもの、11室が実力による収益になります。

ここでも8室の強さは生来的吉星が無難で生来的凶星が強くて宝くじに当たってもその後の流れが必ずしも幸福になる保証がありませんとなりそうです。8室とはそもそも死、長寿および突然の出来事を支配するハウス。それは人の寿命や死の性質に直接影響する程のドシュタナ最強のハウス。最強の由来は死が関わる重さがあるから。

星学は星の科学と言われています。その為、本当にそうなら宝くじが当たるタイミングは確実にダシャーに隠されている事になります。
スポンサーサイト



ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。