インド占星術 クリッティカー・ナクシャトラ

クリティッカー
04 /15 2024
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
今日のトランジット・チャートを見たのですが、トランジット・グルが、明日にはクリッティカー・ナクシャトラに移動するようです。そのため、クリッティカーを調べていました。

 カルティカとしても知られるクリッティカー・ナクシャトラは、火と変容の力を行使する、ヴェーダ占星術で重要な月の邸宅です。ここでは、その天上の住居、象徴性、そしてその支配下で生まれた人々にそれが及ぼす影響について、より深く探求していきます。

★ 天体のキャンバスと象徴言語

 クリッティカー・ナクシャトラは、牡羊座の最後の度数を占め、おうし座の最初の度数まで広がる、2 つの星座をつなぐ天の領域に広がっています。この配置は、燃えるようなイニシアティブ(牡羊座)と地に足の着いた決意(牡牛座)が融合した性格を示唆しています。夜空では、クリッティカーがプレアデス星団として現れます。プレアデス星団は、何千年も人類を魅了してきた星の集まりです。

 クリッティカーに関連付けられた象徴性も同様に刺激的です。それは多くの場合、カミソリ、斧、炎などの切断器具で表されます。これらのシンボルは、クリッティカーの先住民が持っていると信じられている鋭い知性と集中力を物語っています。彼らは自らの道を切り開き、決断力のある選択をする「カッター」です。燃えるようなイメージは、クリッティカーの支配神であるヒンズー教の火の神、アグニの変容の力も反映しています。

スクリーンショット 2024-04-15 073823

 クリッティカーを象徴するのは、支配星は太陽であり、何より支配神は火の神アグニ。主な象意はカミソリ、斧、炎などの切断器具なのでラーシチャートの配置が悪い人は、怪我・事故には注意すべき象意と認識してしまいました。これは、悪い惑星と悪いハウスの組み合わせを意味し、ドゥシュタナと凶星の組み合わせです。

★ 性格特性とライフパス

 太陽(支配惑星)とアグニの影響が組み合わさることで、クリッティカーの人は性格特性の強力なカクテルを得ることができます。彼らの人生の道を形作る主な特徴のいくつかを以下に示します。

・鋭い心と集中した意志:カミソリと斧の象徴は単なる比喩ではありません。クリッティカーの人は、鋭い知性と、自分が選んだ追求を深く掘り下げることを可能にする鋭い集中力を持っていると考えられています。彼らは、目標を達成するために優先順位を付けて戦略を立てる方法を知っている、決断力のある人です。

・野心的なリーダー:太陽の影響により、天性のカリスマ性とリーダーシップの可能性が与えられます。 クリッティカーの人は、ビジョンと献身的な姿勢で他の人にインスピレーションを与え、グループを成功に導くことができます。

・情熱と変革によって動かされる:アグニによって刺激されるクリッティカーの燃えるようなエネルギーは、情熱的な性質に変換されます。彼らは現状に挑戦し、自分たちの影響力の範囲に前向きな変化をもたらすことを恐れません。

・独占欲と短気の可能性:太陽の強い影響によるマイナス面は、独占欲や横暴な態度として現れることがあります。さらに、特に自分の意欲を共有しない人々を扱う場合、鋭い集中力が焦りにつながることもあります。

 これらは一般的な傾向であり、クリッティカーの影響の表現は個人の出生図によって異なることを覚えておくことが重要です。他の惑星の配置やクリッティカー・ナクシャトラ内の特定の度数は、全体的な性格にさらにニュアンスを加えることができます。

さまざまな種類のリーディングのご依頼をお受けしています。徹底的に深いリーディング(惑星、サイン、ハウス、ナクシャトラの組み合わせ)をお望みなら、ぜひ私をお選びください。そこまで深く掘り下げてくれるのは、ここだけかもしれません。
↓↓↓
全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼はここをクリックして下さいませ
スポンサーサイト



インド占星術 クリッティカー・ナクシャトラの金星

クリティッカー
04 /13 2024
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
今回は、クリッティカー・ナクシャトラの金星を調べていました。

 ちなみにクリッティカー・ナクシャトラの支配星は太陽であり、この星座のもとで生まれた人々に、燃えるような性質と達成への意欲を注ぎ込みます。この太陽の影響は、ヴェーダ占星術の火の神であるアグニ神と共鳴します。アグニは燃える炎だけでなく、熱の変容の力と不純物を焼き尽くす浄化の可能性も表します。同様に、クリッティカーの下で生まれた人は強い意志と決断力を持ち、課題を克服して自分の道を切り開くことができます。彼らは生来のリーダーであり、自信を放ち、情熱的なエネルギーで他の人にインスピレーションを与えます。ただし、この火は焦りや鋭い批判の傾向として現れることもあります。太陽のポジティブな影響をチャネリングすることで、クリッティカー出身者はポジティブな変化をもたらす強力な力となることができます。

スクリーンショット 2024-04-13 073256

 ヴェーダ占星術におけるクリッティカー・ナクシャトラの金星は、愛、美、喜びの惑星である金星の魅惑的な魅力と、クリッティカーを支配する神であるアグニの燃えるような激しさを組み合わせています。この融合は、この影響下で生まれた個人の魅力的なプロフィールを作成します。

・燃えるような情熱と芸術的表現:通常の穏やかな金星の愛情とは異なり、クリッティカーの金星はより情熱的で激しい火を燃やします。これは愛とロマンスへの強い欲求を意味し、愛情をオープンかつ大胆に表現したいという意欲を持っています。燃えるような影響は芸術的な追求にも刺激を与えます。この配置を持つ人々は、生まれつきのカリスマ性と創造的な分野への強い引力を持っており、芸術、音楽、またはその他の創造的な取り組みを通じて自分の情熱を表現することに成功する可能性があります。

・積極性と変容:クリッティカーの支配者である太陽は、金星の影響に積極性と決意の層を加えます。これは、人間関係や創造的な追求に関して、強い意志と集中力として現れます。クリッティカーに金星を持つ人はやり手である可能性が高く、充実した関係を積極的に求め、創造的な努力に心を注ぎます。しかし、激しい性質は独占欲や衝動性の可能性も伴います。こうした傾向を認識し、金星の外交でそれを和らげることは、恋愛や社会的交流をうまく進める上で重要です。

・愛の火を洗練する:クリッティカーは、不純物を焼き払うという概念、つまり、洗練し浄化する比喩的な火に関連付けられています。愛の文脈では、これは深くて意味のあるつながりを求める欲求に変換されます。この配置の人は、自分に挑戦し、磨きをかけ、お互いの成長を促す関係を育むパートナーに惹かれる可能性があります。これは美しい側面かもしれませんが、必ずしも順風満帆とは限らない、情熱的で複雑なつながりを好む傾向につながる可能性もあります。

・金星の繊細さと炎のバランス: クリッティカーの金星は激しい火をもたらしますが、金星自体の影響を覚えておくことが重要です。この配置で成功する鍵は、情熱的な激しさと、優しさ、感謝、外交といった金星の性質との間のバランスを見つけることです。燃えるようなエネルギーを創造的な追求に注ぎ、思慮深く愛情を表現することで、クリッティカーに金星を持つ人は充実した関係と芸術的表現を育むことができます。

 全体として、クリッティカー・ナクシャトラの金星は情熱的で創造的な力を表しています。働いているエネルギーのユニークなブレンドを理解することで、この配置の人は、より高い認識と充実感を持って、恋愛、創造的な追求、社会的交流をナビゲートすることができます。

さまざまな種類のリーディングのご依頼をお受けしています。徹底的に深いリーディング(惑星、サイン、ハウス、ナクシャトラの組み合わせ)をお望みなら、ぜひ私をお選びください。そこまで深く掘り下げてくれるのは、ここだけかもしれません。
↓↓↓
全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼はここをクリックして下さいませ

インド占星術 クリティッカーの象徴は鋭い剃刀

クリティッカー
11 /21 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
ジョーティシュは9つの惑星と12のハウス、それと最も重要なのは27のナクシャトラをどのように使いこなせるかにかかっています。

特にナクシャトラは重要であり、その象徴により、確実に行為に影響がもたらされています。行為とはヴェーダ的にカルマを意味します。行為は想いから生じるので常に良い想いを抱く必要があります。良い想いから良い結果を得て、悪い想いから悪い結果を得る事になる。ゆえに想いは純粋に保つ必要がある。

キャプチャ
このチャートを見ると3Lがクリティッカーの第四パダに在住しています。これは、3室を意味するコミュニケーションにクリティッカーの象徴の鋭い剃刀のような影響がもたらされる事を意味します。

クリティッカーナクシャトラロードは太陽です。太陽と金星は話すハウスである2室に在住し、クリティッカーに在住する鋭い木星の影響をダイレクトに受けています。

彼は既に亡くなっているインドの政治家ですが、政治的目的で人々を結束させるために、非常に鋭く焦点を絞ったコミュニケーションをする人だった模様です。このチャートの凄い所は、秒単位の生まれた時刻が載せられている事でした。その労力に驚きます。

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。