インド占星術 ラーフダシャー

ラーフ
03 /22 2021
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
適当にマハーラーフ期のネタを読んでいました。

それによると
ラーフダシャーは、まず、火星のダシャーが与えていたものを無効にする。火星は自分自身で努力をした後に結果を与えますが、ラーフは働かず、ただ欲しがります。ですから、活性化するというより、非活性化する。しかし、ラーフのダシャーは、ホロスコープのいくつかの悪質な惑星、特に土星とケートゥを活性化します。

何気にラーフが活性化すると背後で土星とケートゥも活性化するのはあまり良さげではない感じがします。ラーフと土星、ケートゥは全てタマシックなグラハ(惑星)。ラーフは土星の影なので土星の結果をもたらす。タマシックは知恵や知性を物質的な方向にエネルギーをもたらします。

ラーフ期になると以下が活性化するという。
1. 変換。
2. 物質主義的な追求に固執する。
3. 集中するのが難しいと感じる無気力な態度。
4. 今までのパターンが崩れる。
5. 全く新しい状況に遭遇する。
6. ダシャーが始まる前に持っていたすべてのものを失う可能性がある。
7. 誤解が生じる。
8. 反抗的な態度。
9. 社会的拒絶。
10.神秘的な体験。
11.人生に何らかの異質な要素が入ってくる。
12.根深い欲望、強迫観念、飽くなき欲望が覗く。
13.異常なまでの酩酊状態に陥る。


読んでいて思うのは、ラーフ期とは物質主義的な追及の時期。
それと今までの行動パターンが機能しなくなる時期。
そのため、全く新しい状況に遭遇する。

最も危険な要素は
根深い欲望、強迫観念、飽くなき欲望等

ただ、根深い欲望と飽くなき欲望はラーフが強ければこの世での物質的な欲望の結果をもたらすのは確実。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
スポンサーサイト



インド占星術 ラーフ期

ラーフ
02 /26 2021
親愛なる読者の皆様、今晩は。
とあるチャートを見ていてラーフを調べていたのですが、マハーラーフ期について調べていました。

ラーフ期がヤバイと感じた言葉は
ラーフマハ-ダーシャ-は18年間続くことが知られています。人生の方向性を失い、善悪を区別できない時期です。このため、麻薬、ギャンブル、アルコールなどのさまざまな形の依存症に夢中になり、時間と宗教の感覚を失う世俗的な喜びに完全に目がくらんでしまいます。

怖い言葉は
※善悪を区別できない時期
※さまざまな形の依存症に夢中
※世俗的な喜びに完全に目がくらんでしまう


私が知る限り、聖仙達の単純な教えは「不道徳の除去」です。これに意識を向けるだけで徐々にでも必ず人生が向上する事になる筈です。

ですが、ラーフマハ-ダーシャ-の意識状態を見ると「善悪を区別できない時期」とあります。

人々の善悪の区別は識別力にかかっています。そのための至高のマントラが「聖ガヤトリーマントラ」なのです。これは常に善悪の区別を正しく判断できるように識別力を研ぎ澄ます事を意味しているのです。そのため、女神たちに祈りを捧げるのです。

また、欲望に夢中になり、依存症に夢中になるようです。日本人は少ないですが、他国の人々は麻薬に夢中になる人が多いですが、その影響の一つに仮惑星のラーフが絡んでいる事を意味しています。

という事でラーフ期の課題は、善悪を区別を正しく区別できる事にあると思われます。確か、今の米国ダシャー期こそがマハーラーフ期だったと思います。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。

インド占星術 ラーフの救済法

ラーフ
12 /23 2020
親愛なる読者の皆様、今晩は。
ラーフ期に関する救済法のネタを読んでいました。

その方法によると二番目に機能する救済方法になるようですが、
※ワンランク上の食べ物や商品で物乞い、野良犬、鳥、蟻にできるだけ寄付する。

・日本的に考慮すると物乞いにワンランク上の食べ物や商品にお布施が出来るのかどうか?
・また、安易に野良犬にワンランク上の食べ物や商品にお布施が出来るのかどうか?
・野鳥に対してワンランク上の食べ物や商品にお布施が出来るのかどうか?
・ただ、場所があれば蟻さんにワンランク上の食べ物や商品にお布施が出来る可能性がありますが、これは、あくまでも迷惑をかけない事が絶対条件になりそうです。

この情報で言える事は、奉仕ラーフもそうですが、あらゆる惑星を宥める救済方法になりえる事を示唆しています。奉仕はエゴの浄化に繋がります。

ちなみにラーフを救済する方法のNo. 1は、日本人がする事は難しい行ですが
シヴァ神とバイラヴァ神の寺院を定期的に参拝し、定期的にシヴァ神のルドラ・アビシェーカムを行う(月に一度がベスト)。

こちらの場合は、そもそもがインドの神に対して信仰心がない事には参拝等するとは思えませんし、仮に信仰心があったとしてもシヴァ神のルドラ・アビシェーカムは難しそうである。

ジョーティシュをやっていると自ずとこのようなプージャの行法に行き着きますが、サーダナ自体は、奉仕に勝る行法はないと言われています。私は好きで鳥を餌を与えていますが、この場合は、餌やりが出来る場所の確保が重要になります。

鳥さんたちは、非常に長旅をする生き物なので3室や9室の関連性が生じる事になります。地の関連性が薄い。

鑑定その1、2021年全般の未来のダシャーが知りたい場合の鑑定案内です。詳細は
↓↓↓
インド占星術 来年のご自身のダシャーを深く知りましょう。


鑑定その2、様々な鑑定内容が知りたい場合の情報です。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。

インド占星術 リスクのシグナル

ラーフ
10 /23 2020
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
本日はラーフについて考えていました。

正確にはラーフダシャー期。
Jyotishは聖仙であるパラシャラの教え(元々は口伝のみ)が大元にありますが、その本によるとラーフのリスクとは
1、ラ-フ が ランドラ( 8 番) に[ ある] または ヴィヤヤ( 12 番) に ある とき、 その ダ-ヤ( 周期) の とき に 不幸 を 予測 する こと が できる。

ラーフがラグナからなのか、マハーロードからなのかは不明ですが、 ランドラ( 8 番) と ヴィヤヤ( 12 番) に在住するダ-ヤ( 周期)の時期、人生は停滞や下降トレンドに入る可能性をパラシャラは示唆しています。

逆に運気上昇に転じる時期は
ケ-ンドラ( 1、 4、 7、 10 番)、 トリコ-ナ( 5、 9 番)、 ラ-バ( 11 番)、 または トゥシュチャクヤ( 3 番) に ある とき、 吉[ 惑星] の ラ-シ に ある とき、 大王 の 恵み により 幸福 を もたらす あらゆる 成功、 及び 外国 の 王 よりの 尊敬 が あり、 家 に めでたい こと が 起こる。

上昇トレンドにハウスの影響ですが、1、3、4、5、7、9、10、11室がある時は福 なる 影響とあるのですが、今年の日本のPDのラーフ期を考えてみるとあまり当てはまらない事が確定してしまいます。家にめでたいことなど起きてはおらずに急激な物不足感に満たされてしまった時期が日本のPDラーフ期だったのです。

チャート日本ですが
キャプチャ
ダシャーというのはつくづくですが、組み合わせが大事な事を理解する事が出来ます。今年の日本人はある種のデマ情報により、トイレットペーパーが無くなるという状態が日本中で起きてしまいました。そしてその頃の時期が、未来について先読みが出来ない非常に不安に満ちた時期だった事になったようです。

その頃の時期は2月末頃から3月頃の話なのですが、その時期の日本ダシャー
Me-Ju-Ra:2019年11月26日(67歳)
Me-Sa-Sa:2020年03月29日(67歳)
Me-Sa-Me:2020年09月01日(68歳)
Me-Sa-Ke:2021年01月18日(68歳)

見ると水星ー木星ーラーフ期の終わりの時期だった事が分かります。木星は常識の惑星に非常識のラーフが絡んでしまうと常識に激しい疑いが生じる事になり、何を信じていいのか分からない状態になってしまう。それでいて未来は深い霧に覆われた時期になってしまい、強い不安と迷いが生じる事になる。強い不安は激しい焦りが起きてしまいました。

日本のラーフですが
ラグナから見てトゥシュチャクヤ( 3 番)です。
アンタルロードの木星から見てラ-バ( 11 番)です。

この配置はパラシャラの教えでは運気上昇の配置になるのですが、日本人は物不足(実際にはあるのに無くなるという幻想)を急激に感じてしまう時期になり、その時の心境を思い浮かべれば理解できるはずです。日本人のPDラーフ期の時期、大王 の 恵み により 幸福 を もたらす あらゆる 成功、 及び 外国 の 王 よりの 尊敬 が あり、 家 に めでたい こと が 起こる等ではなく、急激な物不足を感じる時期になってしまったのでした。

パラシャラの下降シグナルはラーフが8、12室在住ですが、ラーフはマハーロードの水星から見るとランドラ( 8 番)に在住であり、この場合の機能は、アンタルロードから見た影響より、マハーロードの影響が優先されている事が読み取れます。

この下降と上昇シグナルですが
今の日本のダシャーは水星ー土星ー水星期です。
位置関係は簡単に知る事が可能ですが

次のダシャー期は
水星ー土星ーケートゥ期になります。
これはD1の土星から見るとケートゥは ヴィヤヤ( 12 番)にあります。
D10ですが
キャプチャ
非常に強い土星(これがバブルを作った原動力)から見るとケートゥは12室にあり、ラグナから見るとケートゥはランドラ( 8 番)在住。

パラシャラの下降シグナル発動の時期です。
1、ラ-フ が ランドラ( 8 番) に[ ある] または ヴィヤヤ( 12 番) に ある とき、 その ダ-ヤ( 周期) の とき に 不幸 を 予測 する こと が できる。

シグナルで考えると次のPDケートゥ期は上昇になる要素が薄い。
特に太陽が蝕されているのは太陽に関わる事に問題が出る事を意味しています。

※この時期のTケートゥは日本の12室のジェースタを通過中となる。

パラシャラのシグナルには他にも様々な事があり、他の下降シグナルを見ると
一つ の 凶 惑星 と 結び付く とき、 マ-ラカグラハ( 殺人 星) と 結び付く とき、 あるいは ニ-チャ( 低 の 星位) の ラ-シ に ある とき、 地位 の 喪失、 心 の 痛み、

いつでもですが、惑星は凶星同士でヨガが形成してしまう事は基本的に不運の増加をもたらす事になり、これは、地位 の 喪失、 心 の 痛みが生じるとあるようです。D1のケートゥは木星の守護が働きますが、ダシャムシャを見ると吉星の保護が皆無です。

今年の世界のトレンドは新型コロナ一色ですが、そのコロナですが、日本の状態はボチボチでも世界の状態は増加の一途に向かっています。
キャプチャ
トランジット的には9月下旬のTラーフの移動以降の感染状態の推移が重要だったのですが、見た感じでは減少傾向が示されてはいないようです。新型コロナは全てT土星のウッタラ・アシャーダで起きている事象なのでT土星が次のシュラヴァナに移動してからどうなるのかが次のポイントですが、今年の最大のトランジットイベントはT木星が再び山羊座に再入室する事がポイントになりそうです。

あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。

インド占星術 ラーフは一瞬であなたの世界をひっくり返す

ラーフ
06 /18 2020
親愛なる読者の皆様、今晩は。
惑星の中で私が見た感じで最も不確実性のある惑星はラーフ。リスク管理で最も重視すべきは何よりラーフが重要に感じます。

土星ラーフも共に生来的凶星ですが、インド人は誰もが土星を恐れますが、その原因は与える苦難の重さのためです。土星はトラブルを与えますが、それらのトラブルに対処するための勇気と忍耐力も与えてくれます。

一方のラーフは、何かを教えることをする惑星ではない。ラーフが荒廃・焦土を引き起こすスピードは他の追随を許さない。ラーフは、良い意味でも悪い意味でも一瞬であなたの世界をひっくり返すヴェーダ占星術の一つの惑星です。

ラーフは一瞬で億万長者にしますが、時期を誤ると一瞬で無一文にします。
キャプチャ
チャートを見ると12室に土星とラーフが合でシュラピットヨガが形成されていますが、これが時期を誤ると一瞬で無一文にするヨガだった模様です。

このチャート自体は株式投資家のチャートですがこの投資家は相当儲けを出していた時期もあったのですが、8室を支配して4室に在住し、強い冷徹な水星と相互にアスペクトする月ー月期に今までに稼いだ儲けが一ヵ月の間に全て溶けてなくなった模様です。

それはラグナから見た8室。
ダシャーロードから見た5室。

A6パダの蟹座にTラーフとT太陽が接合した時期に起きました。具体的にはプシャヤの第三パダをT太陽とTラーフが通過中の話になるようです。月から見た5室なので知性を著しく狂わせて読みを大きく外してしまった模様です。貯蓄の2室から見ると8室蟹座はマーラカの死をもたらすハウスで貯蓄を干上がらせた模様です。

鑑定依頼をお待ちしております。
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。

インド占星術 ラーフ期と原発

ラーフ
07 /08 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
2011年に日本は深刻な大地震を味わいましたが、原発に関しては非常に深刻な状態に陥りました。

その原発福島第一原子力発電所所長を務めていた人物が吉田昌郎さん。本当の意味での命を捨てて福島第一原子力発電所事故の収束作業を指揮したことで知られています。

吉田昌郎さんの生まれた日と場所は1955年2月17日、大阪府となっています。
単純にチャートを作成すると
キャプチャ
この場合、2011年の吉田さんのマハーダシャーが何かというとマハーラーフ期になります。チャラダシャーだとマハー牡牛座期になります。

このチャートのGKは月です。
牡牛座から見てGKは8H。

最も重要なディスポジターの金星も同様に8Hです。8室とは突然の事故、事件が起きやすい事を意味する部屋です。また、8室射手座には予想外の突然の事故に巻き込まれやすいラーフが在住しています。

月とラーフのナクシャトラロードはケートゥです。

このチャートのラグナは獅子座です。
仕事のハウスの10室(牡牛座)から見てラーフは8Hです。
ディスポジターの木星は8Lでもあり、ケートゥと合です。
ケートゥのナクシャトラロードはラーフです。

放射能はある種の未知の要素を含んていますが
吉田さんのナクシャトラロードを見ると
上ならAsc、太陽、月、火星、水星、木星、金星、土星、ラーフ、ケートゥ順になります。
キャプチャ
アセンダントを含めて10のナクシャトラロードがありますが、4つの惑星が未知を意味するケートゥがナクシャトラロードであり、当たり前のようにムリチュバーグはラーフです。

このチャートは簡単に作成したので1分1秒単位では時間修正をしておりませんが、ラグナ自体は自然に「獅子座」かなという事をダシャーが示唆している模様です。まぁ、外れている場合は、私の力量がないだけの話。

ただ、原発事故に巻き込まれるならマハー期はラーフ期だと睨んでいました。生まれた時間を1955年2月17日17時14分53秒~19時38分56秒 (大阪府)だと獅子座ラグナになると思います。

お時間がある読者の方はD9のラグナまで時間修正をするといいかもしれません。私はやっておりません。ただ、マハーダシャーとチャラダシャーが知りたかったので。

時間修正はダシャーも重要ですが、トランジットで精度が高まります。

ラーフ期は突然変化する

ラーフ
03 /11 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
最近、「ラーマーヤナ」を読んでいると書いていましたが、ラーマーヤナの主役はラーマ神ですが、主ラーマは四兄弟です。

生まれた順に書きますと第一王妃から主ラーマが生誕。名前の由来は”喜ばせる者”
次に生まれたのが第三王妃からバラタ。名前の由来は”統治する者”
最後に生まれたのが第二王妃から双子が生誕。兄の名前はラクシュマナで弟の名前がシャトルグナ。名前の由来はラクシュマナが”吉祥を授かっている者”。シャトルグナの名前の由来は”敵を殺戮する者”です。全て王家のグルであるヴァシシュタ仙が名前を付けました。この四兄弟は数日違いで生まれているのでホロスコープの違いは月の位置以外は似たようなラーシチャートになるようでした。

数日違いとは具体的に主ラーマのジャンマナクシャトラはプナルヴァスで双子のナクシャトラがアーシュレーシャなので7~9番目のナクシャトラに集中して生まれているようです。

本を読んでいて強烈に思うのは聖仙達の神通自在な万能性です。ヴァシシュタ仙は完全に過去・現在・未来を見通す第三の眼を保持していました。この第三の眼がナディー占星術の源泉なのだと思ってしまいました。

それに比べて私たちはナディーが開通しない限りは、星学に頼るしかありません。

例えばですが、ある人が2018年7月23日に脳卒中に倒れたといいます。
そのチャートですが
キャプチャ
日本で最も素晴らしいサイトである(https://jyotish-one.com/input.php)Jyotish-ONEさんのタイムゾーンが正しくなったご様子です。

さて、このチャートでどのタイミングで脳卒中に倒れてしまったのでしょうか?
私が調べた感じでは、日本で脳卒中に関するロジックの記事を見つける事が出来ませんでした。

日本の場合は医療占星術も薄いですが、ギャンブル系もさっぱり情報がないので日本人はどのようにして調べているのか、私には不思議に思っています。

基本的に脳とは1室とその支配星全体が頭または脳の領域を表しています。
この場合は1室天秤座になります。

今回のカラクリはこのようになります。
アセンダントのナクシャトラはスヴァ―ティなので支配星はラーフです。1室には木星が在住ですが、木星のナクシャトラも同様にスヴァ―ティなので支配星はラーフです。

そのラーフは29:22は死の度数と言われており、時と場合によると死に関連する事に関わる事を意味します。ラーフのナクシャトラはプナルヴァスなのでその支配星はアセンダントと木星が支配する1室に強く関わる事を意味し、1室にアスペクトを与えており、木星との繋がりが出来ているようです。

脳卒中に倒れた2018年7月23日のダシャーですが
キャプチャ
私が簡単に調べた範囲では、脳卒中に関するロジックは7つ程あるようです。
その中の一つが「脳とは1室とその支配星全体が頭または脳の領域を表しています。」になります。後は読者の皆様が色々と精査して見て下さいませ。

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。