インド占星術 スヴァーティ・ナクシャトラのラーフの影響

ラーフ
04 /14 2024
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
とあるチャートを見ていました。

スクリーンショット 2024-04-14 122508
 ラーフを見ると引き出せる情報は、ラーフは天秤座の6室のスヴァーティ・ナクシャトラの第四パダに位置する事になります。この「スヴァーティ・ナクシャトラの第四パダ」の配置はナヴァムシャに関連します。

 この配置の基礎的な影響です。

★天秤座のラーフ :
- 金星が支配する天秤座のラーフは、バランスを維持し、人間関係において機転や操作を巧みに使う人にすることができます。
- しかし、それはまた、信頼の欠如、忠誠心の問題、支配力、および恋愛/結婚生活における不満を引き起こす可能性があります。
- 道徳的に堕落したり、年長者や家族から孤立する傾向がある可能性があります。

 ラーフ6室にあります。
- 6 ハウスは借金、敵、病気、人生の葛藤を表します。
- ここでのラーフの配置は、6室のテーマに関連した障害、対立、健康上の問題、または法的問題を示している可能性があります。
- また、転職、同僚や部下との衝突を意味することもあります。

★スヴァーティ・ナクシャトラの影響 :
- スヴァーティ・ナクシャトラは、無執着と放棄に関連する精神的なヴァーユ (空気) 神によって支配されています。
- ラーフのナクシャトラであるため、ラーフの突然の変化、激変、変容の傾向を増幅させます。
- 天秤座の金星の影響は、このナクシャトラにおけるラーフの表現に芸術的、創造的、または官能的な側面を与える可能性があります。

★潜在的な影響:
- この配置は、キャリア、仕事、健康、または同僚/部下との関係における突然の激変、変化、または障害として現れる可能性があります。
- スワティの影響により、無執着、放棄、または精神的な追求への傾向がある可能性があります。
- ラーフの操作的な性質と金星の芸術的資質が組み合わさると、創造的/官能的な表現につながる可能性がありますが、人間関係における忠誠心の欠如にもつながる可能性があります。
・ラーフが6室に位置しているため、健康上の問題、法的トラブル、借金が予期せず発生する可能性があります。

 ただし、全体的な影響は完全な出生図、アスペクト、ラーフの強さに依存します。 個別の占星術のガイダンスに基づいて悪影響を軽減するために、是正措置が必要になる場合があります。

 これは、ラーフの基礎情報ですが、ディスポジターとナクシャトラロードの影響も加味する必要がありますが、ナクシャトラロードはラーフなので非常に強い6Lで6Hの強い金星とコンジャンクションする影響も精査が必要になりそうです。

 ラーフやケートゥは支配するサインがないとして分析していますが、中には水瓶座をラーフが支配する流派もありますのでその辺は各自の采配に委ねられる必要が出てきます。

さまざまな種類のリーディングのご依頼をお受けしています。徹底的に深いリーディング(惑星、サイン、ハウス、ナクシャトラの組み合わせ)をお望みなら、ぜひ私をお選びください。そこまで深く掘り下げてくれるのは、ここだけかもしれません。
↓↓↓
全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼はここをクリックして下さいませ
スポンサーサイト



インド占星術 双子座のラーフとナクシャトラの影響

ラーフ
03 /30 2024
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
今回は、双子座ラーフについて色々と見ていました。この組み合わせ自体はサインと惑星の組み合わせなので単純ですが、ナクシャトラレベルになるとムリガシラスのラーフ、アールドラーのラーフ、プナルヴァスのラーフに分かれてしまいます。最も深い細分化はナクシャトラ・パダまで見る事になります。双子座のナクシャトラは、ムリガシラスのパダ3~4、アールドラーのパダ1~4、プナルヴァスのパダ1~3に分割されています。

 インド占星術は双子座ラーフから始まってもここまで詳細に分析する事が可能ではありますが、そこまで精査するのは相当の時間がかかるので基本的には、サイン、ハウス、惑星の組み合わせ程度で分析している現実があります。ナクシャトラに拘る人はそれを加味して分析しており、その方が一段と様相が見える事になります。

 長くなりましたが、双子座ラーフです。ラーフは多くの場合、神秘、幻想、世俗的な欲望と関連付けられています。それは、突然の変化、予測不可能性、そして激しい欲望を引き起こす可能性のある凶悪な、または挑戦的な影響と考えられています。ラーフは、それが占める星座とそれが相互作用する惑星の特徴を増幅します。この配置は、ラーフと双子座に関連するテーマの絡み合いを示唆しています。

 双子座は水星が支配する風の星座で、コミュニケーション、知性、適応性、好奇心に関連しています。双子座にラーフが存在すると、個人の知識、学習、知的探求への欲求が高まる可能性があります。また、新しい経験への渇望や、さまざまな興味やアイデアを探求する傾向も生まれます。しかし、ラーフの影響は、落ち着きのなさ、エネルギーの散乱、知的な幻想や表面的な知識に囚われる傾向を引き起こす可能性もあります。

 双子座におけるラーフの影響は、出生図におけるラーフの特定のハウス配置、他の惑星に対するアスペクト、個人の全体的なホロスコープなど、いくつかの要因によって異なります。

 上記の情報で気になるのは
・ラーフは、突然の変化、予測不可能性、そして激しい欲望を引き起こす可能性のある凶悪な、または挑戦的な影響。

 リスクの高い情報としては、突然の変化や予測不可能性の部分。ただ、激しい欲望を引き起こす可能性はカリユガ時代にとってはある種の祝福を意味する言葉になります。それを凶悪とみなされない時代が今のカリユガ期。現代は、竜の頭は「竜神」に祭り上げられます。ただし、竜が失ったとき、何も残らないケースが度々生じます。

 日本のヴィムショッタリーダシャーで見ると
・Ke-Ra期 2025年11月(73)~2026年11月(74)

 サブダシャーの突然の変化や予測不可能性に関与するラーフ期がこの時期に巡ってくる模様。来年の11月~になるようですが、ラグナから見た3室にラーフがあり、ケートゥから見ると7室にラーフがあります。ナヴァムシャのラーフは6室にラーフがあり、ケートゥは12室にあります。

 組み合わせは3ー6ー7になります。予測不可能性とありますが、ハウス的な予測ならできる事になりそうです。

話を戻しますが、

ムリガシラスのラーフ (0度0分 - 6度40分 双子座 - パダ3と4のみ)の影響
・ムリガシラス ナクシャトラは「探索」を意味し、その好奇心旺盛な性質、創造性、官能的な情熱、旅行、警戒心などで知られています。
・双子座のムリガシラスのラーフは、鹿のような素早さ、好奇心、柔軟な精神を与え、さまざまな知識の道を探索するのを助け、また同じことを容易に吸収することができます。
・ムリガシラスのラーフは優れたコミュニケーション能力を持っていますが、火星の支配力により、他者とのコミュニケーションにおいて厳格さと自己主張を示すことがあります。
・ソーマが神であるため、彼らは文章やビジュアルコミュニケーションにおいて優れた創造的センスを発揮することもできます。

アールドラーのラーフ (6度40分 - 20度00分)の影響
・アールドラーは嵐に関連するナクシャトラであり、文字通り個人の人生に嵐を引き起こして、過去を浄化し、明るい未来への道を切り開きます。 アルドラに関連付けられているシンボルは、ダイヤモンドとティア ドロップです。ダイヤモンドは大きな熱と圧力によって形成されます。涙のしずくは、このナクシャトラがもたらす苦しみを象徴しています。
・アールドラーのラーフは個人の知的能力を高めます。しかし、それ自体がナクシャトラであるということは、ラーフに個人の人生に大きな変化をもたらす自由なライセンスを与え、それは時には痛みを伴うこともある
・アールドラーは、物事や現象の性質を理解することを扱うナクシャトラです。ここでのラーフは、知性の思考と分析のプロセスを加速させることができます。ラーフとそのディスポジターが調和して機能している場合、この効果の下でネイティブは科学者または発明者になることができます
・ここでラーフがマイナスに作用すると、個人がその知性を詐欺や犯罪目的に利用する可能性があります。このような人は、偽造を犯したり、コミュニケーションスキルを悪用して他人を騙したりする可能性があります。

プナルヴァスのラーフ (20 度 00 分 - 30 度 00 分 ジェミニ パダ 1 - 3 のみ)の影響
・プナルヴァス ナクシャトラは、個人にもう一度償還のチャンスを与えることを扱い、リサイクル、再生、更新、そして人生で失われたものを取り戻すことを示しています。
・プナルヴァスのラーフは、人生の状況に対する精神的な答えを求める探究心と哲学的な心を与えます。
・矢筒のシンボルは、ブーメランが投げた後に戻ってくるのと同じように、プナルヴァスのラーフがあらゆる困難にもかかわらず目標を達成し、すべての「失われた」ものを人生に取り戻すという確かな決意を与えていることを物語っています。
・プナルヴァスのラーフは、木星がナクシャトラの支配者であるため、個人の理想主義の感覚に火をつけることもあります。

 ちなみにナクシャトラのパダレベルの分析は、ナヴァムシャのラーフを精査する事を意味しています。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方(惑星、サイン、ハウス、ナクシャトラの組み合わせ)を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。ここまで深淵なのはここだけだかもしれません
↓↓↓
全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼はここをクリックして下さいませ

インド占星術 あなたの魂の願望と今世でのカルマの課題

ラーフ
03 /29 2024
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
何気に深い教え的な内容の「あなたの魂の願望と今世でのカルマの課題」を見ていました。単純には「ラーフ」の話です。ヴェーダ占星術では、月の北のノードであるラーフは、今生における最も深い願望や動機を明らかにすることに関連しています。それは、経験と過去の制限からの解放に対する一種の飽くなき渇望を表しています。

 ラーフの配置があなたの魂の旅にどのような影響を与えるかは次のとおりです。

・星座の配置:ラーフが住む星座は、あなたの欲望の性質を明らかにします。たとえば、おうし座のラーフは安全と快適さへの深い憧れを示している可能性があり、蠍座のラーフは感情的なつながりと変革への強い渇望を示している可能性があります。

・ハウスの配置:ラーフが座っている占星術的なハウスは、あなたの魂の欲望が最も顕著な人生領域を示しています。たとえば、10ハウスのラーフは職業上の達成に対する強い意欲を示す可能性があり、7ハウスのラーフは献身的な関係への強い憧れを示唆する可能性があります。

・ラーフのカルマ的影響:ラーフはあなたの過去世のカルマにも関係していると考えられています。これは、不均衡または未解決の問題が発生している可能性がある領域を表します。ラーフの配置に影響を受けたあなたの現在の人生経験は、これらのカルマの教訓に直面し、全体性の感覚を達成する機会を提供します。

 ラーフの配置があなたのカルマの旅にどのように影響するかは次のとおりです。

・反対側のハウスのバランスを取る:ラーフの位置は常に月の南ノードであるケートゥの反対側にあります。この向かい合った家の配置は、あなたが過去世で過度に耽溺していた可能性のある領域を示しています。あなたの現在の生活では、ラーフの影響を受けるハウスでは、反対側のハウスの特質を発展させてバランスを見つける必要があるかもしれません。

・影の克服: ラーフの配置は、執着、または手放すことへの恐れなど、あなたの性格の影の側面を強調する可能性があります。これらの影の側面を認識し、統合することは、ラーフとのカルマの旅の一部となり得ます。

 自分のラーフの配置を理解するには、占星術師による完全な出生図分析が必要です。しかし、ラーフの星座と家の配置を考慮することで、あなたの魂の願望とあなたがここで学ぶためにここにいるカルマの教訓についての貴重な洞察を得ることができます。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方(惑星、サイン、ハウス、ナクシャトラの組み合わせ)を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。ここまで深淵なのはここだけだかもしれません
↓↓↓
全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼はここをクリックして下さいませ

インド占星術 海外との縁のある時期

ラーフ
08 /16 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
海外との縁のある時期について調べていました。パラシャラ式で考慮するならラーフ12室になります。その影響が強まるダシャー期は海外との縁が強まる時期になる模様。ラーフの対面には必ずケートゥがあるのでケートゥも考慮し、12室のバヴァット・バヴァムは11室かもしれません。

その1
スクリーンショット 2023-08-16 080347
 この人は、土星ーラーフ期に3か月の任務で国外に居たらしい。それ以上は不明。土星ですが、D4のラグネーシャになりますが、直接的な12室ラーフとの繋がりがありません。また、バヴァット・バヴァムですら機能せず。そのため、12室以外のハウスを追加する必要があります。

 時刻修正に関する本には7室が二次的に使用すると書いてあるのですが、7室とも関連なし。私なら遠方の9室との関連を調べたい。ラーフの場合は、どこにあろうが海外の惑星になりますが、10Lのアスペクトがある模様。仕事の任務になる模様。
・土星は9Lのアスペクトがある。
ラーフは10Lのアスペクトがある。

 サインロードを見ると
・土星のサインロードは火星で12Lとコンジャクション。
・ラーフのディスポジターは火星でラーフにアスペクト。

 チャートの分析ですが
1、ハウス
2、ハウスの支配星
3、カーラカ
4、分割図のアセンダント
5、分割図における、出生図のハウスの支配星
6、バヴァット・バヴァム

 このような順での読み込みが必要になり、分割図は鍵の一つはアセンダントになります。

その2
スクリーンショット 2023-08-16 082852
 外国ビザを取得して海外に移住したいらしい。時期は金星ー金星期の時期になります。分割図で重要なのは、分割図のアセンダントです。アセンダントを見ると太陽とケートゥが在住。1-7ラインにラーフ軸があるチャート。

 または、12Lのアスペクト。それと7室と12室で星座交換。金星は2室に在住ですが、サインロードが12Hで7室と12室で星座交換。金星期に海外との縁が強まる事が予想されています。インド人が外国ビザを取得するのは多大な努力が必要らしい。

その3
スクリーンショット 2023-08-16 083950
 海外定住の可能性?
 ダシャーは土星ー金星期の時期。
・土星はラーフにアスペクト。土星は9、10Lなので海外で仕事で成功したい。
・金星はD4のアセンダントロードになる。分割図で重要なのはアセンダント。金星は12Lのパラシャラアスペクトがある。または、土星のパラシャラアスペクトがある。言える事は、土星、金星共に10室に関連があるが、12室とラーフの影響はかなり弱い。

 ただ、引っ越しを意識する時期は、D4のアセンダントロードが重要になる。また、ディスポジターも重要になる。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

インド占星術 8室のラーフの影響

ラーフ
07 /30 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
海外のサイトを見ていると「8室ラーフは常に悪いの?」というネタがありました。正確には8室ラーフのマハーラーフ期の問いです。

 あらゆる惑星の配置は、おそらくは、良い部分と悪い部分があるものと思われます。8室ラーフで良い部分を探ると
ラーフが 8 室に配置されると経済的な利益が得られる。
ラーフはまた、既成概念にとらわれずに考える能力を与えることができ、非常に革新的にする可能性がある。
・このイノベーションは、ネイティブが研究関連のタスクで優れた能力を発揮するのに役立つ。
8室のラーフは、機密情報、地下組織、秘密、謎に関心を持つ。
8室にラーフがあると予期せぬ変化をもたらす可能性があり、それは本質的に暴力的で破壊的なものになる可能性がある。
8室にラーフがあると裕福で知識豊富な人々に惹かれ、彼らが人生のパートナーになることを望んでいる。
・このハウスの惑星ラーフは秘密を大切にしている。
・8室ラーフの適職は、刑事、スパイ、秘密捜査官、諜報員、災害管理者、重役秘書など、リスクの高い職場環境や仕事に携わる方に最適な職場。


 色々と書いてありますが、ラーフとは予期せぬ変化をもたらす惑星であり、8室自体が予期せぬ変化をもたらすハウスなので二重の意味でそれは、本質的に暴力的で破壊的なものになる可能性を秘めている。また、非常なる秘密主義の世界を意味している。発想的に既成概念にとらわれずに考える能力があるので非常に革新的にする可能性。このように常に良い意味はどのハウス、どの惑星にもあるのですが、大きなリスクがある事を覚悟する必要が出てきそうであり、それが現象化する時期は、特にマハーダシャー期の18年間に活性化しそうだと思われます。圧倒的な動乱で先が読めない18年間の始まりになる。本質的にリスク・冒険が好きな性質の人には、堪らない時期になりそうである。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

インド占星術 突然変異の惑星

ラーフ
05 /20 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
非常に切ない記事を目にしました→市川猿之助「生まれ変わろうと…」初証言の切なさ 罪に問われる可能性

 詳細は読者に委ねますが、自殺は何気に何故かは不明ですが、5室の影響が出てしまう。また、突然変異の惑星であるラーフの絡みを感じてしまいます。市川猿之助さんのダシャーですが、突然変異の惑星であるラーフが絡んだと思えてしまう。

 市川猿之助さんのチャートではないですが
スクリーンショット 2023-05-20 201213
 とある国の政治家のチャートですが、最後は追い詰められての自殺です。上記にありますが、自殺は何気に何故かは不明ですが、5室の影響が出てしまう。

・5室とその支配星
・バヴァット・バヴァムの9室とその支配星
・カラカは共に木星になる


 単純には5室で考えて9室で決断して行動に移す。

 チャートは
・5室は乙女座です。
・5室の支配星は水星です。
・9室は山羊座です。
・その支配星は土星です。

 自殺時のヴィムショッタリーダシャー
・マハーダシャーは木星です。
・サブダシャーはラーフです。
・サブサブダシャーは水星です。

 ダシャーの影響ですが
・木星は9室に在住で5室にアスペクト。
・ラーフ軸は5ー11ラインです。
・水星は5室を支配しています。

 木星から見ると
・木星は5室の支配星とコンジャンクションで5室と9室にアスペクト。
・ラーフ軸は3ー9ラインに在住。
・水星は9室を支配して5室にアスペクト。

 このチャートで重要に感じたのは、やはりナクシャトラロードでした。突然変異の惑星であるラーフのナクシャトラは、レーヴァティでした。ゆえにナクシャトラロードは水星になります。水星とラーフの位置関係は5ー9ラインになります。この場合の木星のナクシャトラロードは太陽で水星のナクシャトラロードは水星です。

 このチャートで凶意が強いのは獅子座ですが、獅子座を凶星のトランジットが荒らすと心の平安(4室)が著しく乱された可能性がある模様。

 運命の日のトランジットは
スクリーンショット 2023-05-20 202330
 月から見ると土星はダヤを通過中でした。また、獅子座にはラーフ軸と火星の影響があった模様です。凶星の影響があまりにも溜まった時期だった事になります。しかし、決断とは5室で考え、9室で決断し、行動を起こした事になります。

 自殺とは、肉体の死ですが、残念ですが、輪廻をもたらす「心」が死ぬわけではない事を人々は理解する必要があります。輪廻をもたらす「心」が消滅したとき、輪廻が終わります。魂的には、様々な体がある事を知る必要がありそうです。これは霊的な成熟な求められる事になります。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

インド占星術 ラーフが多くの富をもたらす時

ラーフ
04 /09 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
アセンダント関連の情報を探っていたのですが、ラーフに関する事が書かれてありました。

 その情報によるとラーフの配置さえ良ければラーフ(そのダシャーの時期)が多くのをもたらすらしい。

その条件は
ラーフのディスポジターがラーフから見て2室に在住する必要がある。

 事例は
スクリーンショット 2023-04-09 190437
 ラグナは5番なので獅子座ラグナになりますが、ラーフがどこに在住していようと関係ないようですが、9番なので5室の射手座にいる事を意味しています。射手座の支配星は木星ですが、木星はラーフから見た2室である山羊座に在住です。このような配置が上記の条件である「ラーフのディスポジターがラーフから見て2室に在住する必要がある」に該当します。

 この場合、山羊座の木星は減衰とされますが、ラーフは在住するハウスに「増幅」をもたらします。そのため、その支配星である木星の減衰は増幅により、キャンセルされるのだと言います。

 絶対的に機能する法則の一つですが、出生図にあるどのハウスも、常に前のハウスの利益であり、後ろのハウスの損失です。たとえば、6 ハウスは 2 ハウスまたは 5 ハウスのすぐ隣であるため 5 ハウスのゲインですが、6 ハウスは 7 ハウスから 12 ハウスであるため、7 ハウスの損失でもあります。一般に、12 ハウスは損失 (孤立と精神性以外) を表し、同様に 2 ハウスは利益を表すため、ハウスから 12 番目のハウスはすべて損失です。

 これがここで機能するロジックです。サインまたはハウスの隣にあるハウスに惑星が配置されているのを見るときはいつでも、それは常に人生の利益に良いことですが、ラーフもそのハウスに配置されている場合、それは特別な利益をもたらします。

 たとえば、9室の支配星(どの惑星であるかは関係ありません)が10室に配置されている場合、その惑星の期間中に多くの利益をもたらすはずですが、ラーフも9室に配置されている場合は、そうなる可能性があります。 人生に特別な利益をもたらします。ラーフが関わっているということは、あなたが執着しているものから何かを得ているということです。強迫観念は決して終わらないので、強迫観念から抜け出し続けます。

 知識を獲得することに執着していても、その執着が最終的に報われなければ、何も得られません。その場合、ラーフが座っている看板の支配星は隣の家に配置されません。

 日本の建国図のラグナで見るとですが
スクリーンショット 2023-04-09 191653
 日本のラグナは射手座ラグナなので9番になります。ラーフは11番なので水瓶座の3室に在住です。水瓶座の支配星は土星ですが、この場合、12番で4室のうお座に在住する場合、上記のロジックに該当する事になりますが、現実にはラーフから見ると8番目のハウスである乙女座に在住という事になっています。

 中国の建国図
スクリーンショット 2023-04-09 192103
 中国の場合ですとラーフは日本と同じで3室のうお座に在住です。うお座の支配星は木星ですが、木星が一つ前の牡羊座には在住せず。容易くはこのロジックに該当しないらしい。
 
様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。