インド占星術 令和 5年の残りの日食と月食

マンデーン占星術
09 /11 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
海外サイトを巡回していたのですが、来月になると日食月食が起きる事が確定しています。これは、占星術に言いますと確実な「ネガティブ性」を孕む事になる模様。

 国立天文台のサイトによると
・10月15日    金環日食 日本では見られない。
・10月29日    部分月食 日本では全国で部分食が見られる。ただし、小笠原諸島などでは月入帯食となる。

 日本で10月の金環日食は見られないので軽微の影響に収まる可能性がありますが、10月29日の 部分月食の影響が全国に入る模様。

 この部分月食は東京を軸にチャートを作ると
スクリーンショット 2023-09-11 080310
 見た感じでは、牡羊座ー天秤座ラインが凄まじい。強い影響をこのラーシが受ける事を意味する模様。

 懸念材料ですが
・土星のアスペクトを受ける月、木星、ラーフ
・土星のアスペクトを受ける金星
・天秤座の四つのコンジャンクション
・ラーシ・サンガッタ・チャクラで見るトラインの土星、太陽、火星、ケートゥと水星のコンビネーション。このパターンは、戦争の様相であり、株式市場にダイレクトに反映する。

 二大凶星の組み合わせは、ラーシ・サンガッタ・チャクラで見ると10月3日~11月16日まで二大凶星の間にヴェーダが発生。結果的に、このヴェーダは今年の日食月食のイベントの時期はヴェーダ状態になる模様。相互アスペクト的には、11月16日~12月28日まで相互アスペクト状態が続く。

・政治的には安定ではなく、不安定に繋がる
・国境でのテロ、国家間の闘争は一段と悪さを増す。
・巨大な地震と竜巻に注意が必要になる。

 マンデン占星術自体は、国の建国図次第ではありますが、そのようなリスクを孕んだ時期になる模様。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
スポンサーサイト



インド占星術 ソ連8月クーデター

マンデーン占星術
06 /29 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
何気にプリゴジンの乱を注視していたのですが、あっけなく終わった。

 過去のロシアのクーデターですが、ソ連8月クーデターがありました。ウィキペディアによると新連邦条約の締結を翌日に控えた1991年8月19日に、ソビエト連邦のモスクワで発生したクーデターである。

 その日のトランジットが凄い。また、ダシャーは不吉な月とラーフの組み合わせの時期となっていました。
スクリーンショット 2023-06-29 184936
 内側のチャートがロシアのD1で外側のチャートがその日のトランジットチャートでトランジットのアセンダントは無視してください。端的に獅子座で惑星集中時にクーデターが発生でした。ロシアにとって獅子座は相当ヤバイらしい。ダシャーですが、言ってみれば今と似ています。
Mo-Ra-Ma:1991年07月23日~

 獅子座はラグナから見ると12室。月から見ると8室になり、共にドシュタナハウスになる模様。それにしても国のイベントが起きる時は、トランジットが特殊であり、やはり「王」に関する事は獅子座が関与するのかもと思ってしまいました。

 もちろんですが、獅子座のアシュタカヴァルガが一番弱く、完全なる弱点になります。
スクリーンショット 2023-06-29 185632
 獅子座のアシュタカヴァルガは20点でワーストとなる。どうやら二大凶星が弱く、火星が弱くなる星座になる模様。

ソ連8月クーデターはMo-Ra-Maでした。
プリゴジンの乱はRa-Ma-Veでした。 

 プリゴジンの乱は、D1の火星は8Lで7Hです。火星は8Hでした。常に8室が含まれていたサブダシャーの時期だった事になりますが、ナヴァムシャが強いので陰謀に十分に耐える力がありました。

 ロシアのやばい組み合わせは「ラーフと火星」の可能性がある模様。それと今はチッドラ・ダシャーの時期をロシア人は体験中であり、最後のサディサティの時期になっています。端的に水瓶座トランジットの土星は強いので耐久性あり。あまり、ウクライナに期待しない方が無難。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

インド占星術 インドの列車脱線事故について

マンデーン占星術
06 /04 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
非常に痛ましい事故がインドで起きた模様です。

インド 列車脱線 別の列車と衝突 261人死亡 けが人約900人か

 NHKさんの記事の引用になりますが、

インド東部で2日、特急列車が脱線したあと別の特急列車と衝突した事故で、現地の鉄道当局はこれまでに261人が死亡したと発表しました。特急列車は停車中の貨物列車に衝突して脱線したという情報もあり、地元当局は事故の原因を調べています。


 インド式の占星術には、輪廻の思想が含まれていますが、輪廻で一番重要なのは、「如何に死ぬか」です。この一点が次の輪廻転生に繋がりますのでこのような突然の暴力的な死は、輪廻的には厳しい結果を招く可能性が高いです。何より問題なのが日本語的に「成仏ができにくい」という事になります。

 列車事故に関する占星術のロジックですが、4室とその支配星。バヴァット・バヴァムの7室とその支配星。カラカは月でそれに3室が関与する模様。通常、乗り物のカラカは金星ですが、あまり機能していない感じがしました。

 過去の日本での列車事故について調べていたのですが、最悪なケースの一つが、JR福知山線脱線事故でした。

 JR福知山線脱線事故は、2005年4月25日に西日本旅客鉄道の福知山線塚口駅 - 尼崎駅間で発生した列車脱線事故である。乗客と運転士合わせて107名が死亡、562名が負傷した。 なお、JR西日本では、「福知山線脱線事故」ではなく「福知山線列車事故」と呼称している。

 JR福知山線脱線事故は、2005年4月25日に発生ですが、その時の日本のダシャーですが
Sa-Ju-Mo:2005年03月11日(52歳)
Sa-Ju-Ma:2005年05月27日(53歳)


 土星と木星、それと月でした。乗り物の分割図はD16です。
スクリーンショット 2023-06-04 095532
 チャート分析の前に書いておきますとダシャーで大事なのは、本来ならプラーナダシャーまで使用して見るべきという事になります。それが本来の正しいヴィムショッタリーダシャーの使用方法になりますが、ダシャーの計算方法のズレや出生時刻のズレなどがあるためにサブサブダシャーまで見るという事になってしまっています。

 改めて私が考えた列車事故のロジックですが、
・4室とその支配星。
・バヴァット・バヴァムの7室とその支配星。
・カラカは月。
・3室が関与する模様。


 それぞれのダシャーロードですが
・土星は3室を支配し7室にいる水星、それと4室の支配星であると同時に4室のカラカの月にアスペクト。
・木星は4室に在住で7室を支配する金星にアスペクト。
・月は4室を支配し、土星と相互アスペクトのみ。

 端的に3ー4ー7と月です。金星の関与はそこはかとなく薄い。寧ろ4室のカラカの月が関与する。

 列車事故は3ー4ー7と月ですがこれに動的な惑星の関与が重要になります。そんな感じで大元のD1ではどうでしょうか?
スクリーンショット 2023-06-04 100445
 D1の分析は読者に委ねますが、インドのチャートの分析を見たいと思います。インドの列車事故は、2023年6月2日に起きました。

ダシャーですが、
Mo-Ke-Sa:2023年05月08日(75歳)
Mo-Ke-Me:2023年06月11日(75歳)


 しかし、考えてみると何故かダシャーが似ています。ダシャー的に月と土星が関与している。D16を見ていきましょう。
スクリーンショット 2023-06-04 100851
 列車事故は3ー4ー7と月ですが、どうでしょうか?
・月は7室に在住で何故かは不明ですが、4室に在住の火星のアスペクト。それと9L太陽とコンジャンクション。
・ケートゥは12室在住ですが、3Lの強い土星のアスペクトと6Hで4室を支配する木星のアスペクト。また、7L水星とコンジャンクション。
・最後は土星ですが、3Lで3Hで7Lの水星と乗り物のカラカの金星にアスペクト。

 インド建国図のラーシチャート
スクリーンショット 2023-06-04 101345
 単純には3室と7室と月で片が付いてしまう模様。何故に月とケートゥは土星の影響が出てしまったのか?それは非常に単純ですが、月はプシュヤに在住。ケートゥはアヌラーダに在住。二つのナクシャトラロードは共にシャニ(土星)だった事になります。

 いつでも確定的に言える事は土星が絡む以上はそれは本物となる。端的に影響が長く深刻だと告げています。良い意味でも悪い意味でも持続する傾向が強い。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

インド占星術 今は非常にリスクが高い金星期の時期です

マンデーン占星術
05 /27 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
ヤフーニュースに載っていたのですが→地震が相次ぐ5月 ここ1週間で震度5弱が2回 地震発生時の行動確認を

 占星術的に今がどのような時期かを確認します。まずは、被害の多い日本の地震情報ですが
スクリーンショット 2023-05-27 072956
 日本の建国図の生誕は1952年なのでそれ以降の地震情報でない限り、精査ができない事になります。そのため、精査で使用できる情報は東日本大震災と阪神淡路大震災になります。

 古い順にみると
・阪神淡路大震災は1995年1月17日に発生。
ダシャーはSa-Ve-Ra:1994年11月17日(42歳)~1995年05月09日(43歳)
・東日本大震災は2011年3月11日に発生。
ダシャーはMe-Ve-Sa:2011年02月25日(58歳)~2011年08月08日(59歳)


 日本のダシャー自体は
【Ma期 1945年12月(-7歳) - 1952年12月(0歳)】
【Ra期 1952年12月(0歳) - 1970年12月(18歳)】
【Ju期 1970年12月(18歳) - 1986年12月(34歳)】
【Sa期 1986年12月(34歳) - 2005年12月(53歳)】
【Me期 2005年12月(53歳) - 2022年12月(70歳)】
【Ke期 2022年12月(70歳) - 2029年12月(77歳)】
【Ve期 2029年12月(77歳) - 2049年12月(97歳)】
【Su期 2049年12月(97歳) - 2055年12月(103歳)】
【Mo期 2055年12月(103歳) - 2065年12月(113歳)】

 火星期からスタートし、火星期、ラーフ期、木星期までは大地震で甚大な被害が出る地震がありませんでした。しかし、土星期と水星期と二連続で大地震が発生中で今はケートゥ期です。また、サブダシャー自体も二連続で金星期に大地震が発生しており、今現在、三連続で大地震が起きるかどうかの危険な時期のダシャーを通過中です。

 今のサブダシャーである金星期は二度の大震災なのでリスクは最大になります。実態として6,000~23,000人程度の死者・行方不明者が出てもおかしくはない状況が今現在の時期になります。

 サブダシャーの金星期は、いつからいつまでか?
Ke-Ve-Ve:2023年05月06日(71歳)~2024年07月05日(72歳)

 始まりは、石川で地震が発生した前日から始まり、ここから地震が活発化している模様です。終わりは来年の7月初め頃までになります。

 次は、専門的にチャートを見ますが阪神淡路大震災のケースです。

内側がネイタルチャートのD4。外側が阪神淡路大震災のトランジット
スクリーンショット 2023-05-27 074013

 過去の日本は、二度の大地震ですが、発生したダシャー期はSa-Ve-RaとMe-Ve-Saなので大震災と意識されるレベルを考慮すると「金星と土星」が一番危険となる。次点で水星とラーフになります。今のトランジットは、阪神淡路大震災に似ているとなります。パターンとしては、ネイタルチャートの凶星の真上をトランジット凶星が通過する惑星が多いほどにリスクが増す事が確認されています。

 阪神淡路大震災の場合
・N土星の真上を何も通過してはいない
・Nラーフの真上をT土星が通過中
・Nケートゥの真上をT火星が通過中
・N火星の真上をTケートゥが通過中
・N太陽の真上をTラーフが通過中

 このようにこれほど凶星同士が連結する時、非常に深刻な状況を人々が体験する可能性が高まる模様。今のトランジットは、T土星が水瓶座を通過しているので阪神淡路大震災の状況に似通ってしまう。しかし、ラーフ軸が真逆に通過中となる。

 今のトランジットですが
スクリーンショット 2023-05-27 082410

 トランジットの凶星を考慮すると獅子座に火星が入室してしまうとかなりの部分で阪神淡路大震災のトランジットに似通る事になります。その意味で今現在は、阪神淡路大震災レベルのリスクレベルの可能性が高まります。

 凶星のトランジットに拘る場合、秋ごろが今年はヤバイ気がします。それは10月18日~になりますが
スクリーンショット 2023-05-27 082240

 四つの凶星が牡羊座ー天秤座ラインに集結する時期が10月18日~になる模様。チャート的にそのラインは2ー8ラインになり、土星自体はまだまだNラーフの真上を通過している時期になっています。

 日本のダシャーで言える事は、インド式で使用される惑星は9つありますが、過去の大震災クラスで機能した惑星は、四つのみです。それは、金星、土星、水星とラーフでした。今はマハーケートゥ期であり、ケートゥはそれには含まれてはいない事になります。その段階でリスクが相当減っている可能性が高まります。ただ、一番危険なのは、金星と土星の組み合わせ。

 サブダシャーの金星期のサブサブダシャーですが
Ke-Ve-Ve:2023年05月06日(71歳)
Ke-Ve-Su:2023年07月16日(71歳)
Ke-Ve-Mo:2023年08月06日(71歳)
Ke-Ve-Ma:2023年09月10日(71歳)
Ke-Ve-Ra:2023年10月05日(71歳)
Ke-Ve-Ju:2023年12月08日(71歳)
Ke-Ve-Sa:2024年02月03日(71歳)
Ke-Ve-Me:2024年04月11日(71歳)

Ke-Ve-Ke:2024年06月10日(72歳)
Ke-Su-Su:2024年07月05日(72歳)

 二つの大震災を考慮してやばいと思われるサブサブダシャーは上記の三つの時期です。日本の大震災は冬に起きやすい。その意味でKe-Ve-Saの組み合わせは危険です。今年は、Ke-Ve-Raの時期かもです。

 もしもに備えてご自身のダシャーを確認しましょう。土星とラーフ、8室と3、4室との関わりなどが強いダシャー期は、家に被害が被る可能性があるので注意が必要です。チャート全てでそうですが、生来的凶星が生来的凶星同士で交わるダシャーとトランジットが絡む時が要注意の時期になります。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

インド占星術 なんとも金星期で地震が多く感じる

マンデーン占星術
05 /13 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
どうにも日本のサブダシャーが金星期に移行するタイミング頃から大きな地震が多くなっていますので本当の意味でリスク回避が必要な時期が今の時期です。

 今の日本ダシャーです。
Ke-Ve-Ve:2023年05月06日(71歳)~Ke-Su-Su:2024年07月05日(72歳)

 日本のサブダシャーは、5月6日から金星期に変化。次の変化日は、来年の7月上旬です。何気に約14か月程度も嫌な金星期を体験する時期になってしまう。

 はっきり言いますが、サブダシャーの金星期はやばいのです。これは人を不安にさせるためではなく、正しくリスクを知るために書いています。また、私はリアリストなので過去の影響がない限り、情報など鵜呑みにする人物ではありません。

 過去の金星期ですが、ケートゥ期の一つ前は、マハー水星期ですが、水星ー金星期ですが
■Me-Ve期 2009年05月(57歳)~2012年03月(59歳)
 東日本大震災が発生です。

 水星期の一つ前はマハー土星期ですが、土星ー金星期ですが
■Sa-Ve期 1993年09月(41歳)~1996年11月(44歳)
 阪神淡路大震災が発生です。見ると二連続のサブダシャーの金星期で大震災が発生です。

 日本の建国図はマハー火星期からスタートしました。そのため、マハーラーフ期とマハー木星期を体験していますが、この時期のサブダシャーの金星期には大震災クラスの地震はなかった模様です。しかし、マハー土星期以降はどうなるかは不明であり、ケートゥ期のサブダシャーの金星期は今です。

 サブダシャーの金星期スタートは2023年05月06日です。

 その前後の5弱以上の地震ですが
スクリーンショット 2023-05-13 191824
 最近の地震で驚くのは、5月5日に6強だったので相当なやばさを感じつつ、場所は石川でした。しかし、5月11日には全く違う千葉県で5強の大地震発生。本日は、千葉から飛んでトカラ列島近海は鹿児島付近らしいですが、そこで起きたのは5弱の地震になります。

 今後、この金星期に起こるべきして起きたでは勿体ないですので大地震が発生してもいいような用意をする時期だという事をお勧めいたします。備えあれば患いなしですし、金星期が日本は一番国土が脆いです。

 それとトランジット的に
スクリーンショット 2023-05-13 192442
 この土星が水瓶座、火星が獅子座を通過中の時期に阪神淡路大震災が発生ですので今のトランジットは、その程度の規模の大地震が起きてもおかしくはないトランジットなので注意が必要です。今の火星トランジットは蟹座を通過中です。それが獅子座へは7月1日以降になります。

 過去のデータ的にはサブダシャーの金星期でも最初に大地震が起きる訳ではなく、中頃の終わりごろが二度ほど大震災が発生です。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

インド占星術 土星とケンドラ凶星の影響

マンデーン占星術
05 /13 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
日本地震年表を見ていました。特に2000年以降の年表を見ており、一番インパクトがある地震は、東日本大震災。それ以外ですと死者数を重視すると熊本地震と新潟県中越地震になります。

 この三つの地震新月に近いチャートを見ていたのですが、災害による死者は土星がカーラカとして当たり前のように出現する模様。

 それぞれ見ていきますが
1、新潟県中越地震は2004年10月23日に発生で死者68人(うち災害関連死が52人)です。この時期の直近の新月
スクリーンショット 2023-05-13 104819
 インド式だとやたらと「魚座新月図」ばかり見てみますが、あれは1年の流れを見るチャートなので実は大雑把な新月図になってしまう。しかし、毎月の新月図なら一か月以内の予測図になるので精度の高まりがもたらされると思っています。そのため、地震のリスクを見る時は毎年の新月図ではなく、毎月の新月図にすべきです。ただ、手間が大幅にかかる事になる。

 上記のチャートの特徴としては、惑星の配置的に非常な偏りができている。この場合は、ケートゥ以外は、獅子座から天秤座にのみ惑星が通過中という事になります。そしておそらくは、乙女座は生来的日本の4室の可能性を痛感しています。土星で見ると2、3Lで8H。8Hの土星は非常に不吉であり、その支配星にアスペクトが与えています。土星の8Hとはイベントの深刻さを告げるシグナルになりそうです。

2、次は圧倒的な大地震である東日本大震災となり、2011年3月11日に発生。死者・行方不明者約2万2000人(うち災害関連死が約3,500人)。
スクリーンショット 2023-05-13 105819
 東日本大震災の約6日前に水瓶座で新月になった模様であり、水瓶座が惑星集中となっていました。薄々思う事ですが、日本の固定カルマにあると思われる組み合わせが「太陽と火星のコンジャクション」です。これが起きると「大乱」になりやすい事が様々なトランジット図を見て感じました。

 今回の場合は、水瓶座で「太陽と火星のコンジャクション」が起きてから東日本大震災が発生。新潟県中越地震の時は、乙女座でそれが起きています。

 肝心の土星はラグナロードであり、8Hでした。また、土星は、生来的日本の4室である乙女座のハスタを通過中に大地震が発生してしまった事になります。土星自体は、1、12Lで8Hです。アスペクトは最初のチャートと同じで10室、2室、5室にアスペクト。二つのチャートを見ると2ー8ラインの土星は大量死になる可能性が高い。

3、一番近場で自身で死亡者が多かった地震は熊本地震で2016年4月14~16日に発生。前震を含めて死者273人(うち災害関連死が218人、豪雨による土砂災害の死者で地震との関連が認められた死者が5人。2019年4月12日現在)。
スクリーンショット 2023-05-13 110759
 今回に関しては魚座で惑星集中ではありますが、二つのチャートほどの偏りは感じられません。ただし、土星ですが、2ー8ラインに影響をもたらしています。このチャートでは土星は4Lであり、2Hです。2室を支配する火星とコンジャンクションし、4室、8室、11室にアスペクト。

 土星は8室と2室に関わる新月図は危険ですが、三つを見て分かった事は、全てですが、土星から見てラーフ軸がケンドラに在住する時がヤバイ可能性があるようです。

 単純に
・災害による大量死は、土星は2室と8室に関わる。
・土星から見てラーフ軸がケンドラに在住する。
・どこかのラーシで惑星集中が起きる。

 このような生きたロジックで今年の残りの新月図を見てたのですが、今年は、土星から見てラーフ軸がケンドラに在住が起きません。それだけでも大地震が起きない可能性が高まる模様。日本は地震大国なので当たり前ですが、大量死は、土星は2室と8室に関わる必要があると思われる。

 6月以降の新月図を見たですが、土星は2室・8室に特には関わない新月図ができていました。そもそも、今年は、土星から見てラーフ軸がケンドラに在住が起きないので安全な年の可能性を感じる。

 まぁ、たったの三つ程度の情報なので精度はその程度になりますが、いついかなる時でも「災害による大量死は、土星は2室と8室に関わる」が災害時に機能する可能性が高い。

4、上記の三つ以外で地震での大量死は阪神淡路大震災です。1995年1月17日に発生。直近の新月図は
スクリーンショット 2023-05-13 113416
 見ると土星を見てしまったのですが、強い土星が8室に在住し、2室、5室、10室にアスペクト。偏りとしては、天秤座から射手座付近にあり、一応ですが射手座で惑星集中です。ただし、「土星から見てラーフ軸がケンドラに在住する」ではありませんでした。しかし、最初のロジックである「災害による大量死は、土星は2室と8室に関わる」は機能する。それとどうやら4Lと土星が絡むと一段と4室に災いの前兆になる模様。

 今の段階で四つの新月図がありますが、土星は2室と8室に関わるですが、4Lに関わりやすい。
新潟県中越地震直近新月図は4Lは木星ですが、3番目のアスペクト。
東日本大震災直近新月図は4Lは金星ですが絡みなし。
熊本地震直近新月図は4Lが土星であり、アスペクトバック。この場合、保護というよりも4室を強まる働きが出ている。
阪神淡路大震災直近新月図は4Lは金星ですが、土星の10番目のアスペクト。

 土星は4Lに絡みやすい。地震で大量死が出そうなトランジットには、明らかなロジックが形成されている模様。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

インド占星術 日本は日々地震が起きている

マンデーン占星術
05 /11 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
最近の日本は、震度の高いレベルの地震が多い感じがする。

調べてみると過去の地震情報震度5強以上
スクリーンショット 2023-05-11 073841
 過去の地震情報震度5強以上の情報になりますが、日本は5強すら年間で10回程度は起きていますが、今日と5月5日と立て続けに地震が発生しています。精神的には「不安定」になりやすい。

 日本のダシャーですが
Ke-Ke-Me:2023年04月15日(70歳)
Ke-Ve-Ve:2023年05月06日(71歳)
Ke-Ve-Su:2023年07月16日(71歳)


 今月の5月6日がサブダシャーの切り替え日でした。ただ、この切り替え日は、使うソフトにより、ダシャーの出し方の計算方法に微妙な差が生じるのでそのような誤差は仕方がない。

 石川県能登地方の大地震は、サブダシャーの切り替え日の前に起きた地震です。日本の金星期は地震に関してはインパクトが強すぎるのでリスクを侮らない方がいいと思っています。

日本の建国図のD4(内側)とトランジット(外側)ですが
スクリーンショット 2023-05-11 074710
 トランジットで不吉というか、現実的にリスクがある交わりは「凶星の溜まるハウス」です。これが事実であり、実際にそのハウスから負が生じやすくなる。D4は国土を見る事が可能ですが、トランジット的には金星が魚座から見た4室を通過しているタイミングで石川県能登地方の6+や千葉県南部の5+が起きている模様。

 今でも恐ろしく感じる津波が発生した東日本大震災のトランジットは
スクリーンショット 2023-05-11 075236
 見ると三つのケンドラを凶星が通過中でした。
・4室にケートゥ通過中。
・7室に土星通過中。
・10室にラーフ通過中。
・他の凶星は12室を通過中。

 凶星でも一番の本物は常に土星です。理由は土星こそが全ての土台であり、全てに浸透しているからという事になります。そのため、土星の影響は深刻なので長期化が免れなくなる。これは土星の影の惑星であるラーフも似通ります。そのため、この惑星たちが風元素を支配するといわれています。

 後講釈で言うとこのようなトランジットは日本では大地震が多数ですが、深刻な大量死をもたらすトランジットを意味する事になります。日本は、去年で見ると5+の地震が9回起きているので5+は割と起きやすいのです。しかしながら、6+レベルになるとあまり起きません。それが軽く金星期のサブダシャーの切り替え日前後で起きた事に凶意を感じてしまいます。

その情報ですが
スクリーンショット 2023-05-11 080226
 東日本大震災の情報が一番下に載っていますが、今日まで全部で14回でした。約1年に一回レベルの大地震。

 日本は、戦後に二度ほどの大地震がありますが、もう一つの大地震が阪神淡路大震災。そのトランジットですが
スクリーンショット 2023-05-11 080640
 常に最大の重い惑星は土星です。ゆえに土星のトランジットが一番重要です。その土星は水瓶座を通過中だった模様ですが、今のトランジットがまさに水瓶座を通過中なのです。これは、ダシャーさえ合えば、阪神淡路大震災クラスの被害が起きてもおかしくはない事を告げているのです。二つのトランジットチャート(2011年と1995年)で見ると以下にネイタルの凶星とトランジットの凶星が組み合わさると被害が深まるかと強い意味で告げています。

 阪神淡路大震災のトランジット的には一番ヤバイ45日間になりそうなのがトランジット火星が獅子座を通過する時となってしまう。少なくとも阪神淡路大震災はそれで起きてしまった。それとラーフ軸は真逆ですが、牡羊座ー天秤座を通過していたので太陽も同じなら全ての凶星のトランジットがハウス的に適合してしまう事になってしまう。

 トランジット火星が獅子座に入室するのは今年の7月1日です。そのトランジットの型は
スクリーンショット 2023-05-11 081601
 まぁ、今回の分析は簡単に星座レベルで分析していますが、詳細に分析するなら当たり前ですが、ナクシャトラのパダレベルまで精査が必要になります。それとダシャーは、プラーナダシャーまで見る事により、数日単位で何が起きるかが分かるはずですが、今はどう見てもトランジット土星は、阪神淡路大震災のトランジットの時期なのは確実です。違うのは、他のトランジットの配置と何より、日本のヴィムショッタリーダシャーに違いが生じています。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。