インド占星術 9室蠍座のマハーダシャーの月期

マハー・月期
04 /12 2024
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
今回は、9室蠍座のマハーダシャーの期のお話です。

スクリーンショット 2024-04-12 073605

★ ミーナ(魚座)のアセンダントと蠍座が9室にある人にとって、のマハーダシャーは重要であると考えられます。 はヴェーダ占星術において感情、心、母性本能を表しており、のマハーダシャーはこれらの側面に関連する重大な変化や経験をもたらす可能性があります。

のマハーダシャーの間、個人は感情的な感受性、創造性、直観力の高まりを経験することがあります。 月はこれらのテーマに関連する9室に位置しているため、精神的な成長、高等学習、外国への旅行にも焦点が当てられる可能性があります。

・全体として、ミーナ・アセンダントと蠍座の月が9室にある人の月のマハーダシャーは、感情的な成長、精神的な探求、そして自分の内なる自己や信念とのより深いつながりの時期となる可能性があります。 このマハーダシャーを経験している個人にとって、この変革期に自分の感情的な幸福に注意を払い、内なる世界を育む方法を模索することが重要です。

★ この月は5室を支配して9室に位置しています。ヴェーダ占星術では、蟹座の5室を支配し、蠍座9室に位置する月は、個人の人生と性格に大きな影響を与える可能性があります。

・5番目の家は創造性、ロマンス、子供、教育に関連しており、9番目の家は宗教、精神性、高等教育、長距離旅行に関連しています。 5室の支配星である月が9室に位置すると、精神的な探求、高等教育、哲学的思考への強い傾向が見られる。

蠍座に月が配置されると、個人の感情や人間関係に激しさと深みが加わります。 彼らは人生への取り組みにおいて情熱的で秘密主義である可能性があり、強い直観力と超能力を持っている可能性があります。 その人はまた、真実を求め、人生の謎を探求したいという強い願望を持っているかもしれません。

・全体として、この配置は、深く直感的で、哲学的で、感情的に激しい人を示している可能性があります。 彼らは、異なる文化や信念体系を探求することに惹かれる可能性があり、芸術的および創造的な追求に対する天性の才能を持っている可能性があります。 また、家族との強い絆や子供たちへの深い愛を持っている場合もあります。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方(惑星、サイン、ハウス、ナクシャトラの組み合わせ)を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。ここまで深淵なのはここだけだかもしれません
↓↓↓
全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼はここをクリックして下さいませ
スポンサーサイト



インド占星術 強盗事件のダシャー期

マハー・月期
07 /15 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
ユーチューブ動画を見ていたのですが、このような事件があったらしい。

 “ロレックス強盗”確保の瞬間


 端的に強盗ですが、ダシャー的にこの行為に携わる人は、3室が関与する可能性が高い。その理由は3室が「手」と関連するからです。事例を見た方が早いですが、このような行為は「道徳倫理の欠如」から行為に走るらしい。木星やら水星やらの欠如です。

スクリーンショット 2023-07-15 170906
 いやはや、8室で惑星集中です。3室を支配するのは高揚する金星です。月から見ると3室の支配星は減衰する水星になり、9室から3室にアスペクトバック。

 このチャートの惑星で「ゼロ度グラハ」が二つあります。それは月と減衰水星です。
Mo 29:43 AK
Me 0:14 DK


 このような惑星ですが、井岡先生の本によると
・この 位置 に ある と 星 は その エネルギー を 自信 を 持っ て 発揮 でき ない。
・この よう な 星 の ダシャー の 時期 では、 その 人 は しばしば 方向性 を 失っ て しまい どこ に 向かっ て いる かが 分から なく なる。
・そして その 星 の 像 意 を 表す 事 が 難しく なる。


 言える事は、不安定・弱さが出やすい事を意味します。不安定なのでそのダシャー期に大事を為す事が難しい。寧ろ、しくじりが起きやすい。

 彼が「万引き」を働いた時期は、月ー金星ー金星期だった模様です。
・月ですが、精々が3室のバーヴァ・カラカの強い火星からの7番目のアスペクトが働く程度。ナクシャトラロードはゼロ度グラハの水星。
・金星ですが、言うまでもなく、金星は3室を支配して8室に在住。ディスポジターは木星ですが、3室にアスペクト。ナクシャトラロードはナクシャトラロードがゼロ度グラハの水星。ちなみにラグナロードの太陽すら8室魚座に在住。太陽と金星はコンバストレベルのコンジャクションです。場合によるとマラカとして作用する度数の近さ。そしてこれが命取りになってしまいました。

 こう考えると品位よりもドシュタナハウスの凶意の方が勝る事がダシャーとして告げている模様です。強盗的には3室と2室の組み合わせがラーシとナヴァムシャで痛感してしまいました。

 ちなみにトランジット的は2室を火星と土星が通過中だった事が確認されています。非常に緊密な通過中に「マーラカ」として作用してしまった模様です。マーラカとして作用した理由は2室にラーフが在住ですが、ナクシャトラロードとディスポジターが共に8室にあるからになる感じです。ディスポジターはゼロ度惑星の水星でナクシャトラロードは、ラグナロードの太陽でした。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

インド占星術 失業のダシャー期

マハー・月期
07 /07 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
とあるチャートを見ていました。失業したらしい。

スクリーンショット 2023-07-07 060837
 仕事の変動ですが、つまるところは、ドシュタナハウスが関与する。即ち、8室と12室。10室は仕事のハウス。そこから見て5室が8室。9室が12室。彼が失業したのが月ー月ーラーフ期。
・ダシャムシャのラグナは獅子座である。D1の獅子座から見ると月は9室に在住でラーフは5室に在住。
・D1の月は5室に在住。月から見るとラーフは9室に在住。
・D10の月は12室に在住。ラーフは8室に在住。月から見るとラーフが9室に在住。
・ナヴァムシャはあまり仕事に役に立つとは思えないが、共に9室に在住。


 このように仕事の変化はこのようなメカニズムが働く事になります。

 トランジット的には
・T土星はD10で見ると5室の射手座を通過中でした。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

インド占星術 結婚に関連するヴィヴァーハ・サハム

マハー・月期
06 /23 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
とあるチャートを見ていました。結婚が知りたかったのでナヴァムシャチャートを見ていました。

スクリーンショット 2023-06-23 173346
 結婚に関しては7室とその支配星と金星。バヴァット・バヴァムの1室をナヴァムシャチャートで見ると何とかなると思います。この男性が結婚したダシャー期は月ー火星ー金星期でした。

・月は7室にアスペクト。
・火星は7Lにアスペクト。
・金星は7Lとコンジャクション。

 このナヴァムシャチャートは十分に機能する模様。ただ、D1で7室とその支配星と金星。バヴァット・バヴァムの1室のロジックが機能する確実性がない。

スクリーンショット 2023-06-23 173728
 月を見るとですが、1室と7室とその支配星。または金星との絡みがなし。結婚イベント一つとっても元祖のラーシチャートですが、簡単にロジック・パロメータが機能不全を起こす事になります。

 ただ、火星と金星は1室と7室の絡みがありますので問題なし。月のみ問題がありますが、深読みの決め手はナクシャトラロードにあります。この月は獅子座の20度40分に在住なのでナクシャトラはP.Phalgunīになりますのでそのロードはシュクラ(金星)になります。これで金星事のパズルが解けた事になります。

 結婚した日のトランジットを見ると
スクリーンショット 2023-06-23 174255
 ヴィバーハ・サハム(結婚のサハム)が機能するかどうかが気になっていたのですが、このチャートのヴィバーハ・サハムは、バラニーの15度57分にありましたが、トランジットの土星がまさにバラニーを通過中でした。

 ただし、木星はアシュヴィビーを通過していました。という事であまりヴィバーハ・サハム(結婚のサハム)が重要ではなく、ほどほどに見る必要が出てくる模様。

※サハムは感受点(センティブ・ポイント)

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

インド占星術 マハー月期の影響

マハー・月期
04 /11 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
マハー期の影響を見ていました。正確には、とサブダシャーの組み合わせです。

 優しい惑星である+金星期の組み合わせだと
・この時期は、休息、楽しみ、娯楽、性的活動の期間です。
・この時期、恋愛や感傷的なつながりが始まったり、古いつながりが新しいレベルに移行したりすることがあります。
・この時期、女性は外見的にも内面的にも開花し、男性のホロスコープには多くの美しい女性が登場することがあります。
・この時期は、恋愛相手を分散させず、性的エネルギーを良い側面で示すことが重要です。
・創作活動や美にまつわるすべてのことに取り組むとよいでしょう。
・人生や人間関係にロマンスを意識的に取り入れると、デートや旅行に行くのにとても良い。


 色々と楽しいダシャー期になりそうですね。ただ、条件としては、も金星も良好である必要がありそうです。

 明らかに「鬱」になりそうな+土星期の組み合わせだと
・突然のネガティブな出来事、強い恐怖心や恐怖症の出現です。
・土星が人の意識を制限し、あらゆることに障害、困難、恐怖を引き起こす期間です。
・ホロスコープで惑星がうまく感じられない場合、家庭を築くには危険で悪い期間となり、その後離婚する可能性が高くなります。
・この時期には、神経系の問題から健康問題が始まります。
・人間活動の困難や問題、感情的な体験が生じるかもしれません。
・この時期、慈善活動や高齢者、特に女性を助けることは非常に好ましいことです。
・この時期は、視野が深くなり、すべての試練がダルマの道へと導いてくれるので、人の人生に起こるすべてのことに謙虚さと忍耐を実践するように心がけましょう。
・この時期には、母親から本人へのクレームや、母親の健康上の問題が発生することもあります。
・母親を助けること、人間関係を築くことが大切です。


 土星が心に関わると何より恐怖心が出現しやすい模様。それと土星さん得意の制限と抑圧。それにより、あらゆることに障害、困難、恐怖を引き起こす期間。

 具体的な事例があります。+土星ではなく、水星+土星期の時期であり、どちらも10室に強く関与しているので社会的に大きな制限と抑圧がもたらされた時期でした。

スクリーンショット 2023-04-11 180958
 日本の建国図のチャートですが、水星ー土星期の時期がまさに象徴的に制限と抑圧の時期だったのです。日本人は大変苦しい思いをしたのですが、水星は10室を支配し、土星は10室に在住した時期。

Me-Sa期 2020年03月(67歳)~2022年12月(70歳)
Me-Sa-Sa:2020年03月29日(67歳)


 また、土星は2室を支配し、水星は7室を支配するマーラカ同士のダシャーの組み合わせでもありましたが、それはコロナの到来の時期だったのです。

 月が好きな月+水星期の組み合わせだと
・この時期は、定期的かつ多くの旅行、移動、伝達、知人、新しい人々との出会いの時期です。
・この時期、個人が日記や原稿、本などを書き始めるのは非常に好ましいことです。
・交換や販売に関連した結果が繁栄することでしょう。
・もし惑星の調子が悪ければ、神経系に問題がある可能性があり、不確実であいまいな時期で、感情の混乱が起こる可能性があります。
・この時期は、(惑星が悪いと)重要な決断を誤る可能性が高く、危険です。
・この時期、妻や子供との間に困難が生じる現象が見られる。
・人は何らかの試験を受けるか、あるいは人生において試験、あるいは家事における実際の試験がワークアウトで設定されるでしょう。


 読んでわかる事は、全ては惑星次第と言いつつ、悪いと神経系が病む可能性があるようです。何より、優柔不断さが惑星の弱さとして出やすい時期になる。重要な決断をしてしまうと誤る可能性。

 女王と王の組み合わせだと
・惑星の健康状態がこの時期を決定する。
・スピリチュアルな知識と実践、自己成長に最適な時期です。
・母親は父親と強い絆で結ばれ、家族に関する問題が活性化されます。
・社会的な成功や上昇、権力や法律に対するサポートの可能性があります。
・しかし、惑星が影響を受けている場合、法律や親との関係で、深刻な健康問題が発生する可能性があります。
・この時期、精神的、肉体的なレベルで自分自身に関わることは好ましいことです。
・個人的に成長し、社会的に、職場やチーム、社会で実現することができますが、目標を達成するためには、よりソフトな方法を探す必要があります。
・心理学者からアドバイスを受けるとよいでしょう。


 何気にスピリチュアルな知識と実践、自己成長に最適な時期らしい。

 スピリチュアルと言えばケートゥですが、月とケートゥの組み合わせだと
・意識の変容が強い時期です。
・個人の爆発、混乱、圧力、あるいは無関心な状態。
・個人が何かを成し遂げるのは簡単ではないでしょう。
・尊厳が失われているように見える。
・親密さを求めるかもしれませんが、これはその人にとって非常に好ましいことです。
・母親との間に、あるいは母親の活力において危機があるかもしれない。
・精神障害の悪化。
・霊的な修行が好ましい。


 端的に「意識の変容」がテーマになりやすいデリケートな時期。物事を成し遂げるのは簡単ではない時期でもある。また、人物的には、母親の状態が悪くなりやすい時期。

  その組み合わせだけでダナをもたらすとされる月+火星期の組み合わせだと
・火星が人の心や感情に燃えるようなエネルギーとスピードをもたらすので、少し難しい時期です。
・新しい人間関係がダイナミックで気性の荒い形で始まるかもしれませんし、新しい人間関係も継続的な人間関係も、問題が発生するでしょう。
・不動産に関する引っ越しや問題が強調されるかもしれません。
・財産に関する問題やコンフリクト(感情の爆発)が起こるかもしれません。
・血液、体液に関連した健康問題が始まるかもしれません。
・火星と月がホロスコープの中で不利な位置にある場合、その人とその家族の生活に影響を与える可能性がある期間です。
・この時期、出てくる攻撃性やエネルギーを、何か有用なもの、生産的なもの、おそらく創造的なものに向けることが有効で、そうでなければ、その人自身とその周りにあるすべてのものを破壊してしまうでしょう。
・パワーのある場所、山、火のエネルギーが強い場所への旅行が好ましい。
・料理をしたり、人を助けたり、守ったり、子供を助けたり、食べさせたりすることが必要です。


 火星で出てくる言葉は「破壊」があるのでそのエネルギーは、何か有用なもの、生産的なもの、おそらく創造的なものに向けることが何より大事そう。それと火星期は、土地のカラカなので不動産に関する引っ越しや問題が強調らしい。必然、この時期は、案外と少し難しい時期。特にはダナ・ヨガの事は書かれてはいなかった。

 素晴らしい組み合わせである月+木星の組み合わせだと
・お金と富に良い期間です。
・一般的なホロスコープでは、月と木星のコンジャンクションは幸福のヨーガを与えます。
・そして、このヨガがその人のホロスコープに存在するならば、その期間は大きな上昇と成功をもたらすことができます。
・おそらく、子供の誕生もあるでしょう。
・人は、知識の伝達と共有を始めることができます。
・知識を伝えるために、多くの旅行があるかもしれません。
・子供と一緒に旅行したり、子供ともっと交流したりするのは好ましいことです。
・個人的な関係では、部外者が現れ、裏切られる可能性があるので、人間関係には悪い時期です。
・しかし、月と木星が悪いハウスを監督していたり、自分にとって不利なサインにある場合、この期間はあまりうまくいかないでしょう。
・一般的に、この時期には、その人の事業がポジティブに継続されることがあります。
・この時期は、道徳とダルマの法則を守ることが重要です。


 富には良い時期であり、何よりこのヨガは幸福のヨーガらしい。それと案外ですが、個人的な関係では、部外者が現れ、裏切られる可能性があるので、人間関係には悪い時期。騙されやすい時期とは驚きである。賢いグルだったら見破ると思います。

 ある種の蝕である月とラーフの組み合わせだと
・この時期は、冷静さと明晰さを維持する必要があるため、非常に難しい時期です。
・ラーフは、人々やプロジェクトに対する幻想や誤解を生み、深刻なストレスやショックに対処するのが難しくなります。
・神経系や精神の問題が悪化する(あるいは生じる)かもしれません。
・ラーフはカルマの惑星であり、月の期間中、人の意識を通して作用します。
・重要な決断を下すには、非常に不利な時期です。
・結婚にも不利です。
・この時期は、自分自身を研究し、実践を通して自分の直感を明らかにするのにとても適しています。
・瞑想やスピリチュアルな知識の勉強、水やスパなどの施術をするのに適しています。
・この時期、嘘やごまかしは禁物です。なぜなら、そのすべてが二重のカルマとなって、その人に返ってくるからです。
・幻想の本質を明らかにし、明確なビジョンを得ることが重要です。


 一言でいうと「非常に難しい時期」となる模様。

 月+月期の組み合わせだと
・月の幸福度によって、出来事が吉と出るか凶と出るか分かれるでしょう。
・この時、月は現れ始めたばかりなので、副次的に大きな結果を出すことはできないでしょう。
・しかし、特にホロスコープの月が双子座に位置している場合は、婚外恋愛の問題がある程度強調されるかもしれません。
・女性や母性というテーマが示され、女性の性格が柔らかくなり、母親との接触が活発になるかもしれません。
・しかし、ホロスコープの月が打たれたり弱まったりすると、不安や疑い、神経的なショック、ストレスや失望、母親との問題や母親との関係での問題が生じる時期にもなります。
・あるいは、妊娠、出産、引っ越し(月が第4ハウスのカラカであるため)、ケア、愛情の期間です。
・この時期には、自分の心を鍛えたり、練習したり、情緒の安定を学んだりすることが好ましいです。
・旅行があるかもしれません。


 月期は月の吉凶次第らしい。ただ、第4ハウスのカラカなのでその象意が強く出る可能性がある模様。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。