インド占星術 海外と仕事

双子座ラグナ
07 /02 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
とあるチャートを見ていました。海外と仕事がテーマです。
スクリーンショット 2023-07-02 123014
 D4チャートという事は、4室の拡大版です。仕事のために海外に引っ越したらしい。海外は7室と12室とラーフです。仕事は10室と土星、木星、太陽と水星がカラカ。

 ダシャーは金星ー金星期でした。
・金星は12室を支配して3室に在住。ラーフと木星にアスペクト。木星は7Lですが、同時に10Lでもある模様。

 パラメータである海外は7室と12室とラーフが機能しており、仕事は10室と土星、木星、太陽と水星がカラカも機能している模様。

 仕事のチャートだとどう出ているのか?10室の拡大版。
スクリーンショット 2023-07-02 123511
 仕事的には9Lの太陽と金星が自室でコンジャクション。同時に海外を意味するラーフともコンジャクション。12室の影響は8室から火星のアスペクト。この場合、10室との関わりはない模様。

 元々ですが、50歳以降はスピリチュアルに生きたい模様。それは、マハー金星期の時期になります。
スクリーンショット 2023-07-02 124041
 スピリチュアルはモクシャとケートゥの組み合わせ。
金星はモクシャハウスである12室に在住です。また、12室の支配星は自室で強い。金星のナクシャトラロードはモクシャを意味するケートゥ(マガー在住)になります。ケートゥは金星から見るとモクシャハウスに在住です。明らかにモクシャに関連したハウスと関連がある模様。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
スポンサーサイト



インド占星術 多くの困難

双子座ラグナ
06 /10 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
とあるチャートを見ていました。

ラーシチャート
スクリーンショット 2023-06-10 093407
 チャート的に人生の前半に多くの種類の困難に直面したらしい。普通の人なら誰でも吉凶混合の人生が現代のカリユガの人生のスタイルだと思いますが、この人は、弱さ的に3室関連から多くの種類の困難に直面の可能性が高いように感じました。

 3室ですが
3室に二大凶星の影響がある。
3室の支配星にも二大凶星の影響がある。
3室はつまるところは6室に繋がっている。

 3室の弱さはバーヴァバラに出ています。
スクリーンショット 2023-06-10 093844
 見ると圧倒的に3室のバラが弱い。ついでに7室も弱さが目立つ。

 7室ですが
・7室は大丈夫
・7室の支配星は一つ前の失うハウスである6室に在住。
・7室の支配星は二大凶星の影響がある。
・7室の支配星と3室の支配星が6室でコンジャンクション。

 コミュニケーションは水星が関与しますが、このチャートの水星は「ゼロ度」の惑星です。
29° Lib 20′ 08″

 月に関するヨガは
スクリーンショット 2023-06-10 094842
 見るとケーマドルマとガージャケサリとチャンドラマンガラが形成となっている模様。ヨガ的には3室と6室で形成されている。3室、6室は後天的に努力により運気を開くハウスなので自力の努力により、徐々に運気を開く事が無難そうです。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

インド占星術 弱い惑星の減衰

双子座ラグナ
06 /09 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
とあるチャートを見ていました。

スクリーンショット 2023-06-09 084214
 惑星の配置で言える事は、金星と太陽が減衰している事。その減衰金星と水星がエクスチェンジ。高揚する惑星と絡む惑星とハウスは高揚の効果が得られ、減衰する惑星と絡む惑星とハウスは減衰を効果を得る。

 減衰金星から見ると2室と7室に惑星が多い事が分かります。金星は非常に天秤座との繋がりがある。一つは、エクスチェンジともう一つが減衰する太陽がナクシャトラロードであり、天秤座に在住するから。

 シャドバラを見ると
スクリーンショット 2023-06-09 084654
 水星が一番弱いですが、太陽と金星が弱い訳ではない模様。明らかに弱い部分のキャンセルが働いている感じです。

 バーヴァバラですが
スクリーンショット 2023-06-09 084840
 減衰惑星が在住するのは4室と5室ですが、8位と9位の強さがあるのでやや弱い傾向がある模様。このようなハウスと惑星の強度ですが、ダシャー的に金星ー水星期が死期だったようです。

 言える事は、減衰金星から見ると2室と7室に惑星が多い事が響いている。

 死期としては、ナヴァムシャが分かりやすい。
スクリーンショット 2023-06-09 085317
 ナヴァムシャチャートになりますが、金星は7Lで2Lのアスペクト。水星は2Hでした。しかし、2Lは高揚で高揚の金星にアスペクトで死期になる驚き。金星は無傷の惑星です。この強さのナヴァムシャで金星期に死期とは私は読めないと思う。

 人は死ぬと粗雑な五大元素でできた肉体が崩壊します。しかし、肉体的にはそれだけで心が関与する精妙な身体は崩壊していません。その精妙な身体が輪廻を繰り返す事に聖仙達は深い瞑想で突き止めました。瞑想であの世の探索により、あの世は14の世界がある事が判明したらしい。その精妙な身体は、14の世界のどこかに行く模様。

 14の世界で至高の世界がブラフマ・ローカ。最下層の世界がパータラムになります。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

インド占星術 とあるチャートと医者

双子座ラグナ
05 /21 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
ネット記事を見ていると市川猿之助さんの情報が多く、出てきた言葉が「向精神薬の服用」とあった。

 この関連で何故かとある医者のチャートを見ていた。精神科医のチャートではない。
スクリーンショット 2023-05-21 112337
 ダシャムシャチャートも機能すると思われるチャートになります。

 医者ですが、簡単なロジックとして
・10室、または10室の支配星が6、8、12室に関連する必要がある。
・6室は病気、治癒などを支配する
・8室は手術などの突然の医療の変化、出来事を支配する
・12室は病院と活力の喪失を示す。

 10室は仕事のハウスです。書かれてはいませんが、カラカは土星と太陽、水星と木星。
 D1ですが
・10室は空です。
・10室の支配星は木星であり、12室に在住で6室と8室にアスペクト。6室を支配する火星と12室でコンジャンクション。

 この木星はそれ自体で6、8、12室に関連している模様。特に6室の結びつきが強い模様。このチャートは、簡単な医者のロジックに合致していますが、その前提としてディスポジターの教育レベルの高さがあってはじめて医者になる事が可能だと思います。ディスポジターは、5室、12室支配(病院と活力の喪失を示す)ですが、9Hで惑星集中。5室は大学レベルの学びですが、5室から見た5室である9室はバヴァット・バヴァムのハウスになります。

・10Lのディスポジターは金星です。金星のナクシャトラロードは10Lの木星です。
・10Lのナクシャトラロードは太陽です。太陽のナクシャトラロードは木星です。
・ナクシャトラロード繋がりで10Lに9Hの太陽と金星が関連しています。 

 D10で見ると
・D1の10Lは6室、9室支配で9Hになる。逆にD10の10LはD1の6Lだった火星になり、9Hで6L木星とコンジャンクション。火星は6Lと繋がり、12室にアスペクト。12室には8Lの土星がいてアスペクトが機能しています。逆に土星から木星と火星にアスペクトが働きます。こちらも10L単体で6室、8室、12室への関連がある模様。その前提として5室と9室の繋がりができている模様です。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。

インド占星術 臨死体験

双子座ラグナ
10 /04 2020
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
本日は自宅に臨死体験の本があったので臨死体験(Near Death Experience)をもたらすダシャー期とは、どのようなダシャー期なのだろうと考えてしまいました。

臨死体験自体は
臨死体験は、文字通りに言えば“臨死”、すなわち死に臨んでの体験である。英語ではNear Death Experienceと言い、日本語では訳語が「臨死体験」以外にもいくつか存在している。 今までの調査を概観すると、心停止の状態から蘇生した人の4〜18%が臨死体験を報告する。

私の浅い経験によると惑星的に最も関係が深そうなのは神秘のケートゥだと思います。このケートゥの影響は、蠍座、アシュヴィニーマガームーラ等が確実に影響を与えるハウスになります。

ケートゥの象意ですが
分離、モクシャ、スピリチュアリティ、瞑想、孤立、悟り、多くの点でラーフの反対–物質主義的、疑わしい、隠された、スキャンダルの反対、火傷のように、特に暴力的で突然の精神的能力、直感、幽霊、スピリッツ、魔術、疫病、ワーム、毒、火、武器、飛行事故、カタオストリフィックイベント、脊椎と放棄の意味。

情報によると心停止の状態から蘇生した人の4〜18%が臨死体験を報告とあるので必ずしも相当稀なケースではない可能性があるようです。

さて、ダシャーの実例ですが、念の為に「インド占星術 臨死体験」で検索しましたが、当たり前のように情報としては皆無でした。

キャプチャ
このチャートの生まれた時間の精度ですが、D1は十分に使用可能な精度だと認識しています。

この人が臨死体験をしたのは、1975年8月で何日かまでは不明です。

私の予測では、臨死体験についてのハウスの事は書きませんでしたが、惑星的にはケートゥで蠍座、アシュヴィニーマガームーラ等と書いていますが、このチャートでそれに関わる惑星を拾い上げると

火星はアシュヴィニーの第三パダに在住で蠍座にアスペクト。
月が蠍座にアスペクト。
ケートゥはラグナ在住でアールドラーの第一パダに在住。
ラーフがムーラの第三パダに在住。
ラーフには対面から木星とケートゥの影響、5室から土星の影響を受けています。


ちなみにラーフは強い意味でのケートゥの影響があるのは明白ですが、問題点としては、心身に問題が生じるムリチュバーギャになっています。

度数的には
MB-0:10(逆行で0度10分)

さて、彼が臨死体験をしたのは1975年8月。
その時期のダシャーは
Ra-Ke-Mo:1975年04月30日(20歳)
Ra-Ke-Ma:1975年06月01日(20歳)
Ra-Ke-Ra:1975年06月23日(20歳)
Ra-Ke-Ju:1975年08月20日(20歳)
Ra-Ke-Sa:1975年10月10日(20歳)


おそらくですが、彼が臨死体験をしたダシャー期はラーフーケートゥーラーフ期だと思われます。その場合、全てのパズルが符号するからです。

ラーフがどの程度、神秘のケートゥに関りがあるかですが、当たり前ですが、ラーフの対面には常にケートゥが在住です。これは常識なので無理するとしてもラーフはケートゥが支配するムーラのナクシャトラに在住していました。逆にケートゥはアールドラー在住なのでラーフが支配する最初のナクシャトラに在住していた事になります。

私はパダレベルで情報を書いています。
パダを見ているならラーフがムーラの第三パダならナヴァムシャは双子座に在住する事が分かる筈です。同様にケートゥがアールドラーの第一パダならナヴァムシャのは射手座にいる事が分かります。

彼はマーラカハウスである射手座のムーラの7室を軸とした1-7ラインで特殊な臨死体験を味わった事になるようです。ちなみにラーフのディスポジターの木星はラーフ軸に十分に巻き込まれている事になります。

本来ならハウス的にあの世は12室、魚座等が関与すると見ていたのですが、臨死体験の彼のケースには12室と魚座は皆無の影響になるようです。

ラーフはラグナから見るとマーラカ7室ですが、強い心から見ると8室(隠された領域・未知の領域)になるようです。

鑑定依頼をお待ちしております。
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。

インド占星術 精神性の非常に強いチャート

双子座ラグナ
06 /10 2020
親愛なる読者の皆様、今晩は。
本日は精神性の非常に強いと言われるチャートを見ていました。

キャプチャ
このチャート精神性の非常に強い魂のチャートになるようです。

5室に在住する逆行木星、9室に在住する逆行する土星はタントラや瞑想の秘密のテクニックを学ぶためのヨガを形成していると言われているようです。

9室に在住する土星はシャタビシャーの第四パダに在住です。このパダは、このナクシャトラの広大で幻覚的で幻想的な側面に関係しています。このパダに配置された惑星は、多くの場合、しばしばある種の酩酊状態に陥る。しかし、映画制作など、想像力に依存する活動には適しています。

ここに出てくる「しばしばある種の酩酊状態に陥る」事が瞑想の事を示唆しているとしか思えません。ただ、このチャートは、精神性の非常に強い御方のチャートですが、亡命するしかなかったチャートでもあるようです。

亡命するようなある種珍しいチャートなのです。亡命はバダカとマーラカが関連しました。マーラカが関連したという事は死を意識した事を意味しています。

即ち、2L月ー7Lでバダカの木星期に亡命しました。
月ー木星期に亡命。

インド占星術 5Hケートゥ

双子座ラグナ
12 /18 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
日々、チャートを見ていますが、5Hケートゥ子供や子孫には良くない配置らしい。

キャプチャ
5室ケートゥ在住ですが、ナクシャトラヴィシャーカになります。ヴィシャーカナクシャトラロードは子供のカラカでもある木星ですが、減衰して8Hに在住で8L土星のアスペクトが働いています。

ケートゥは医療を意味する惑星でもあるので子供に関して医療の世話になっているようなのですが、それでも肯定的な結果を得る事が出来ないという。インド人のネタなので子宝に恵まれる最強クラスの神社でプージャを多数やったようなのですが、それでも肯定的な結果を得る事が出来ないという。

5Lは高揚でも減衰と接合で強さが削がれており、ディスポジターは8H木星です。
9Lを見るとやはり苦しい6H。PKはラーフと合の強い太陽です。A5の支配星でもあります。

子供に関する鑑定を受け付けております→多数の分割図を使用して子供に関する事を分析いたします

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。