インド占星術 土星と月の惑星の組み合わせ

二つの惑星のコンジャクション
04 /10 2021
親愛なる読者の皆様、今晩は。
今回は、土星の惑星の組み合わせに関するネタを読んでいました。この組み合わせは一言で言うとPoison Yogaになる模様です。端的に毒のヨガらしい。毒が心に侵入状態になる時、人の心が幸福になるのは難しいようです。何らかな対策が必要です。

単純な毒は常に蠍座を覆っていますが、情報では、占星術では、どんな人のホロスコープでも、土星の惑星の組み合わせは良くないとされています。これはポイズンヨガと呼ばれています。このヨガをホロスコープに持っている人は、生涯を通じて毒のような多くの困難に直面すると言われています。また、フルポイズンヨガは母親を苦しめます。

ポイズンヨガは生涯を通じて毒のような多くの困難に直面するとあるようです。単純に毒とありますが、これこそがトリグナのタマシックなエネルギーなのだろうと思われます。この場合、土星のタマシックのエネルギーが常に心のに流れ込んでいる事になります。また、関係性としては、母親との関係に苦しむようです。

ポイズンヨガの形成

1. 土星がいずれかのハウスに一緒に座っている場合、ポイズン・ヨーガが形成されます。

※占星術では、人のホロスコープには吉祥と凶祥の両方のヨーガが形成される。吉祥のヨーガはラ-ジャ・ヨーガと呼ばれ、不吉なヨーガはドーシャと呼ばれます。ホロスコープにラ-ジャ・ヨーガと一緒にポイズン・ヨーガがあると、その人は決して喜びを得ることができません。毒のヨガは、土星によって形成されます。

土星の上を通過するとき、あるいは月が土星の上を通過するときに、ポイズンヨガが形成されます。トランジットで月が土星のサインに入ると、必ず毒が形成されます。
2. 占星術学者の中には、ユティとは別に、月の上に土星が見えることでヴィシャ ヨーガが形成されると考える人もいます。
3. 蟹座の土星がプシュヤナクシャトラにあり、月が山羊座のシュラヴァナ ナクシャトラにある場合、またはチャンドラと土星が反対の位置にあり、両者がそれぞれの場所からお互いを見ている場合、その場合でも毒が形成されます。
4.ラーフが8室に存在し、土星が牡羊座、蟹座、獅子座、蠍座のアセンダントにある場合も、このヨーガが形成されます。
5.月が土星のアンタルダシャーであっても、土星が月のアンタルダシャーであっても、ポイズンヨガは形成されます。

救済策は
1、毎日、ハヌマーンチャリサを唱える。
2、スピーチと行動を純粋に保つ。
3、肉やアルコールを避け、母親または母親のような女性に仕える。


★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。