インド占星術 SHANI ASHTAMSHA(シャニ アシュタマ)

土星
04 /11 2021
親愛なる読者の皆様、今晩は。
日本建国図ですが

キャプチャ
チャートを見るとチャンドラ(月)がミトゥナヤ(双子座)に在住している事が分かります。

今のT土星はMakara(山羊座)を通過中ですが、これは、Ashtamsha Shani(アシュタマ シャニ)となります。アシュタマ シャニとは、革命的で、感情的に激動し、永久に変化し続け、トラウマを誘発する月から数えて8番目の家を通る土星トランジットを意味します。

過去のアシュタマ シャニの時系列の情報としては
シャニ アシュタムシャ
シャニ アシュタムシャ マカラ1902年2月から1905年4月まで
シャニ アシュタムシャ マカラ1931年12月から1934年3月まで
・シャニ アシュタムシャ マカラ1961年2月から1964年1月まで
・シャニ アシュタムシャ マカラ1990年3月から1993年3月まで
・シャニ アシュタムシャ マカラ2020年1月から2022年4月まで
・シャニ アシュタムシャ マカラ2049年3月から2052年2月まで


今のシャニ アシュタムシャ マカラは思えば、去年の2020年1月から~来年の4月まで続く事になるようです。そのエネルギーは、革命的で、感情的に激動し、永久に変化し続け、トラウマを誘発すると言います。

上記にある日本の歴史を調べると分かりますが、シャニ アシュタムシャは確かに革命的で、感情的に激動し、永久に変化し続け、トラウマを誘発する時期になるようです。今回は、全世界自体が、いまだに新型コロナに飲まれ続けていますが、一つ前のシャニ アシュタムシャ期は、見事にバブルが崩壊した時期になっていました。

1900年代の初めのシャニ アシュタムシャ期は、
明治37(1904) 2月10日 日本、ロシアに宣戦布告。日露戦争勃発でした。

もう一つの動乱を呼ぶSADE-SATI(サディサティの時期ですが
SADE-SATI

・1914年6月から1916年8月までJanmaSade-Sati Mithunaya
・1943年8月から1945年9月までJanmaSade-Sati Mithunaya
・1973年6月から1975年7月までJanmaSade-Sati Mithunaya
・2002年7月から2004年9月までJanmaSade-Sati Mithunaya
・2032年5月から2034年7月までJanmaSade-Sati Mithunaya
・2061年7月から2063年8月までJanmaSade-Sati Mithunaya


動乱を呼ぶのは日本の歴史的にはSADE-SATI(サディサティ)ではなく、シャニ アシュタムシャ期の方が実際的に歴史自体が大きく動かす事象が起きている事が確認されています。マカラ土星半端なしです。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。