インド占星術 メーシャ・サンクランティ

トランジット(ゴーチャラ)
12 /28 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
何気にですが、メーシャ・サンクランティ(牡羊座太陽が入る日)を調べていました。そしてなかなかに興味深いデータを手に入れました。

 私は何を調べていたのか?単純には日本の大震災時のメーシャ・サンクランティ(牡羊座太陽が入る日)を調べていた事になります。ユーチューブ動画を好んで見ている人なら分かると思いますが、都市伝説・スピリチュアル界隈では「2025年7月」ネタが非常に盛り上がっているといいますか、視聴回数が稼げるネタらしい。私は投資で培われているので全ての情報を「猜疑」から見ています。

 「2025年7月」ネタに関しては、たつき諒先生の精度に由来しているのが力の源泉であり、侮れない精度だという事を告げてはいますが、1900年以降での大震災とされる大地震は、関東大震災、阪神淡路大震災、そして東日本大震災ですが、とある一致点が出てしまった。

 論より証拠です。
1、関東大震災は、1923年9月1日に発生したので1923年のメーシャ・サンクランティを作成する必要があります。太陽の規則正しさゆえにメーシャ・サンクランティは4月14日頃に太陽が入室する時期になります。1923年の東京の深夜に太陽が入室しました。
スクリーンショット 2023-12-28 203838
 チャートは1923年のメーシャ・サンクランティになります。ラグナを見ると水瓶座ラグナです。ラグナも重要かなと思いつつ、一番重要なのはラーフ軸になってしまう。正確には日本への変異は1室ラグナにケートゥがある年になっている模様。全ての凶星的には
・1室ケートゥ
・3室太陽
・4室火星
・7室ラーフ
・8室はラグナロードの土星
 現実にこの年にあの「関東大震災」発生です。

 次は、阪神淡路大震災(1995年1月17日)です。メーシャ・サンクランティは毎年の4月14日が起点になるので1994年のメーシャ・サンクランティが必要になります。
スクリーンショット 2023-12-28 204354
 1994年のメーシャ・サンクランティは牡牛座ラグナでした。凶星の配置です。
・1室ケートゥ
・7室ラーフ
・10室土星
・11室火星
・12室太陽
・ラグナロードは12Hです。ラグナは固着の星座。
 ここで言える事はケートゥが1室で7室がラーフが同じになります。他の配置は違います。

 三番目は東日本大震災です。発生日は2011年3月11日なので1が目立つ日でした。この場合、2010年のメーシャ・サンクランティになります。
スクリーンショット 2023-12-28 204824
 さて、どう思いましたか?私が言える事は1室にケートゥがあんじゃね!という感じでした。この場合は、7室には必ずラーフがある事になります。
・1室ケートゥ
・2室火星
・4室土星
・7室ラーフ
・11室太陽
 三つのチャートで言える事は、凶星での一致は1ー7ラインでのラーフ軸のみです。他の部分は土星が4室に絡むとやばそうだという事。太陽は牡羊座固定。このように大震災とされた過去のやばい年は全て1室ケートゥ、7室ラーフのメーシャ・サンクランティだった事になります。この場合ですが、今後もですが、おそらくは1室ケートゥ、7室ラーフのメーシャ・サンクランティの年はやばいんじゃねという事になります。

 コロナと言えば2020年になると思いますが、2020年のメーシャ・サンクランティは以下になります。
スクリーンショット 2023-12-28 205359
 まぁ、やっぱりですが1ー7ラインにラーフ軸があるのねというチャートです。そして2020年頃から気になったのが毎年のメーシャ・サンクランティ時に何故か「土星と火星のコンジャクション」があるような気がする。そしてその担当するハウスに苦しめられる年になってしまう感じがする。この年は2室だったらしい。

 これで四つの1室ケートゥ、7室ラーフのチャートを見た事になりますが、あの2025年7月の大災難という言葉は重い響きがあります。どのくらいヤバイかと言いますと「津波の高さは東日本大震災の3倍はあろうかと言うほどの巨大な波」らしい。

 まぁ、私の場合は、戦争の方がはるかに怖いですが、猜疑の眼で「本当に起きるの⁈」程度の話です。さて、2025年7月に大災難なら2025年のメーシャ・サンクランティを見ればいいだけの話しになります。一番重要なのは、1室ケートゥ、7室ラーフのチャートになるのかどうかです。
スクリーンショット 2023-12-28 210106
 私が感じたのは「土星とラーフのコンジャクション」は非常に危惧するヨガになりますがどうでしょうか⁇ラグナは牡牛座ラグナなので阪神淡路大震災のラグナになりますが、ラグナロードは高揚して11室に在住。阪神淡路大震災の時は12室に在住。全てを見ますと
・太陽は同じ12室。
・月は1室と6室。
・火星は11室と3室。
・水星は同じ11室。
・木星は6室と1室。
・金星は12室と11室。
・土星は10室と11室。
・ケートゥは1室と5室。
・ラーフは7室と11室。
 同じ配置は太陽と水星のみとなった模様。最も重要なのは1室ケートゥ、7室ラーフですが5ー11ラインに在住となっていました。このチャートで言える事は、仮にこのチャートで「大津波」が起きた場合、今までとは異なるロジックが動く事になりそうです。

 最後に日本の建国図(1952年生まれ)のヴィムショッタリーダシャー時の大震災です。ただ、1952年生まれなので関東大震災は仮に遡ってのダシャーを適用しますのでそのダシャーのみは参考程度になります。
・関東大震災は金星ー土星期。
・阪神淡路大震災は土星ー金星期。
・東日本大震災は水星ー金星期。

 言える事は、どんだけ「金星」が関与するの!という感じです。

 2025年7月のダシャーは
・ケートゥー火星期なのでこの場合も完全にロジックが合わないのでヴィムショッタリーダシャーではお手上げになりそうな感じがするのか、そもそもが起きないのかの二択になります。今後、メーシャ・サンクランティの型になる年は「2036年」で決まりです。正直、その年のメーシャ・サンクランティはかなりヤバイ。勿論、1室ケートゥ、7室ラーフの型ですが、精査をした事はないですが、2028年が気になりました。それは1室ラーフ、7室ケートゥの型の年になっていました。

 今回は、メーシャ・サンクランティと大震災の相関を調べましたが、怖い型は「1室ケートゥ、7室ラーフ」で決まりでした。それは、2036年に起きてしまう。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。