インド占星術 2月のゴーチャラの影響

トランジット(ゴーチャラ)
02 /07 2024
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
ユーチューブでインド占星術(ヴェーダ占星術)関連動画を調べていました。興味深い動画を見つけたので載せておきます。このような動画を日々見れるようになると日本人の占星術の素養が飛躍的に高まる可能性を感じてしまいます。

2024 年 2 月が大きな変化をもたらす理由 (ヴェーダ占星術)


 動画自体は最初だけ見たのですが、説明欄に詳細に書かれていたのでみませんでした。その説明欄の情報を載せておきます。それが非常に長い。

1,月の最初の週に水星と火星が山羊座に入り、続いて月中旬頃に金星が入り、大きなアイデアを現実に根付かせ、研ぎ澄まします。惑星が連続する 4 つの星座に並ぶため、一貫した行動を通じて進歩する可能性が見えてきます。

2,2月から3月にかけて、すべての惑星が前進します。しかし、これは、特に「戦争の惑星」である火星が高揚期に入り、牡羊座の木星と天王星に視線を向けているため、私たちが望まない事態がエスカレートするのを目にする可能性があることを意味します。火星は木星とサインを交換しなくなりました。 その代わりに、領土を守るために全力を尽くします。火星と木星が正確にアスペクトするのは 2 月 27 日です。

3,さらに3月に入ると、火星は天王星とアスペクトし(正確に3月9日)、天王星は牡羊座の後期度数を通過し続け、直接配置されたばかりです。火星の力を背に天王星が前進すると、奇襲攻撃を含むあらゆる種類の驚きが起こる可能性があります。これは、さらなる爆撃、サイバー攻撃、エネルギー問題などで見られる可能性があります。また、気象現象や地震活動により、今後数週間に大きな混乱が生じる可能性もあります。

4,個人的には、今は障害を打ち破って前進するための強力な時期です。何かまたは誰かが邪魔をしているように見える場合にどのように反応するかに注意する必要があるだけです。2月から4月にかけて木星と天王星が近づくにつれて、何らかの形で物事が進展するのが見られるでしょう。

5,土星は引き続き牡羊座を注意深く観察しており、物事が手に負えなくなるのを防ぐかもしれません。土星は 2 月にほぼすべての惑星を支配またはアスペクトします。土星はその影響への恐怖をもたらしますが、それが戦争が国境を越えて波及するのを防ぐ唯一のものです。しかし、土星、つまり恐怖はいつまで物事を引き留めることができるでしょうか?土星について言われているように、「それは否定しない、遅らせる」のです。

6,火星は特に強力な冥王星と結合していますが、それは私たちが避けて通れないものに目を向ける意欲がある場合に限ります。私たちが何かを爆破して表面に浮かび上がらせる意欲があれば、同じ古い物語を続けるために無駄に費やされるであろうエネルギーをすべて解放することができます。

7,金星は山羊座で火星と冥王星の両方と出会い、人間関係が濃くなる時期です。これはバレンタインデー前後に権力闘争につながる可能性がある。この強度は寝室で使用するのが最適です。戦争と平和の惑星が一緒になると、火星は強く、金星は敏感なので、妥協するのは難しいかもしれません。

8,水星は2月20日までに水瓶座に移動し、金星と火星が密接に並んだ状態が続くため、より集中した表現が促進されます。ちょうど2月28日に太陽が水瓶座に入り、土星と水星と結合するため、目標を実現するには客観的なアプローチが必要です。

9,太陽と土星の関係は緊張したものです。ここ数年そうであったように、今年は土星が出会うと太陽よりも強くなります。緊張が高まり、戦争が激化するにつれ、世界の指導者をめぐる紛争がさらに増える可能性があります。これは人々が抗議活動を行っていることから表れているため、政府は大きな変化を起こさなければならないというプレッシャーを感じているのかもしれない。

10、太陽と土星が結合し、火星が牡羊座の木星(正確)と天王星にアスペクトするため、これらすべてが2月末までに頂点に達します。人々は自分の意見を言うでしょう。権力者は注意しなければならない。


 拾い読みをすると気になるのが2番目の情報で
・「戦争の惑星」である火星が高揚期に入り、牡羊座の木星と天王星に視線を向けているため、私たちが望まない事態がエスカレートするのを目にする可能性があることを意味する。
 例えばですが、ウクライナ侵略やイスラエル紛争のエスカレート化。

 3番目の情報は
・3月に入るとさらなる爆撃、サイバー攻撃、エネルギー問題などで見られる可能性。気象現象や地震活動により、今後数週間に大きな混乱が生じる可能性。
 今の日本は問答無用で地震活動を注視する必要があるのです。理由は、日本のサブダシャーが金星期だから。それだけでリスクとしては最大級のサブダシャーを通過中で既に「令和6年能登半島地震」が発生しており、多大な被害が発生しています。

 それと気になったのが9番目の情報で
・太陽と土星の関係は緊張したものです。ここ数年そうであったように、今年は土星が出会うと太陽よりも強くなります。緊張が高まり、戦争が激化するにつれ、世界の指導者をめぐる紛争がさらに増える可能性。
 これが確実に起きる時期になります。このトランジットは常にそのような影響が濃厚であり、良くないトランジットになります。

 この段階で書いておきますがケートゥ期の最大リスクは「台湾戦争」に感じてしまいます。それはTラーフが魚座に入室してから既に進行中。これが解除されるのはラーフと土星が隣同士から離れるまでになります。それがいつなのか?調べると「2026年11月26日」になります。おそらくは一番危ないのが2026年です。

 即ち、ケートゥーラーフ期の時期です。今はケートゥー金星期。この時期は早い段階で「水害」を警告しており、それを乗り越える必要があります。ケートゥ期自身の最大リスクはケートゥ期が始まった段階で「外圧」と書いており、そのピークがケートゥーラーフ期の時期。それはダシャーとトランジットが一致している。

 今の時期は、ご自身で地震から身を守りましょう。災いはおそらくは「北側」に集中すると思われます。読みが外れた場合は「南西」方面が走る可能性が出てきます。その時は私の読みが外れているので各自でのリスク対策をお願いいたします。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



インド占星術 2024 年に火星はどのように動くと観測されていますか?

トランジット(ゴーチャラ)
02 /07 2024
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
今の日本のヴィムショッタリーダシャーですが

Ke-Ve-Sa:2024年02月02日(71歳)
Ke-Ve-Me:2024年04月09日(71歳)
Ke-Ve-Ke:2024年06月09日(72歳)
■Ke-Su期 2024年07月(72歳)~2024年11月(72歳)
Ke-Su-Su:2024年07月04日(72歳)


 まずは、2024年07月04日まで地震対策に全力で取り組みましょう。何より大事なのは自身の命です。次に4ー3ー8が絡むようなダシャーは住宅危機が迫っている兆候なので住宅を守るために全力で取り組みましょう。

 トランジットに修羅場になりそうな時期はトランジット火星が水瓶座に入室、またはダニシュターナクシャトラに入室してから顕著に現象化する可能性が高まります。この場合、トランジット火星が魚座を抜けるまで気を抜く事が出来ません。

 トランジット・火星の流れは
2024年3月7日、火星がダニシュタ・ナクシャトラに入る
2024年3月15日、火星が水瓶座に入る
2024年4月23日、火星が魚座に入る
2024年5月15日、火星がレヴァティ・ナクシャトラに入る
2024年6月1日、火星が牡羊座に入る


 これは日本的には3室及び4室の危機の時期を意味しています。その時期に3室4室ダシャーが可動している場合、それが現象化する可能性が高まる。

 その時期は
Ke-Ve-Sa:2024年02月02日(71歳)
Ke-Ve-Me:2024年04月09日(71歳)
Ke-Ve-Ke:2024年06月09日(72歳)

 サブサブダシャーは土星期と水星期がメインに可動する事を意味している。

 日本の3室にはダニシュターにラーフが在住。日本の4室にはレーヴァティに水星と金星が在住。特にそのナクシャトラを通過する時、その領域が活性化する事になる。ダニシュターなら北西より、レーヴァティなら北東寄りに影響が出る事が予測される。いずれにしろ、北側方位が危険領域になる。特に海となる。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。