インド占星術 特殊なヨガ(サララ・ヨガ)

様々なヨーガ
02 /13 2024
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
今回は特殊なヨガを調べていました。

スクリーンショット 2024-02-13 191156
 上記のチャートの場合ですが、サララ・ヨガが形成されています。即ち、8 室の支配星が 6 室または 12 室に配置されている場合、サララ・ヨガが星占いに形成されます。このヨガは、現地人に良い人格、健康、知識、知恵、富、財産、敵に対する勝利、権力、権威、その他の良い結果をもたらすかもしれません。

 このようなヴィーパリータ・ラージャ・ヨーガ系に位置するヨガの場合は、凶星の影響、害を為すような惑星の影響がある場合、そのヨガは著しく低下する可能性を感じてしまいます。上記の場合は、凶星の影響がなく、8Lが12Hなら良い人格、健康、知識、知恵、富、財産、敵に対する勝利、権力、権威、その他の良い結果をもたらしたかもですが、現実はケートゥとコンジャクションで1ー7ラインにラーフ軸の影響。それと減衰月とのオポジション。

 サララは
・まっすぐ[曲がっていない]
・まっすぐな、誠実な、率直な、正直な

 サララで生まれた人は 長命で、恐れを知らず、学識があり、敵にとっては恐怖となり、称賛され、繁栄します。

 これらの ヨーガは、ドゥシュタムシャの支配者がドゥシュタムシャを占領することで、そのような凶悪な所有権による悪をどのように克服できるのかについての手がかりを私たちに提供します。とある著書によるとこれら 3 つの組み合わせによって非常に楽しい結果が得られると考えていますが、実際の実践ではまったく逆の結果が得られた。パラシャラとロマサは、邪悪な領主から生じる苦しみは、領主が別のドゥシュタムシャを占領した結果完全に消えるという考えを支持していない模様。

 上記のチャートの日本のナヴァムシャです。この効能はKe-Sa期 2027年10月(75歳)~2028年12月(76歳)の時期に結果が分かる事になります。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



インド占星術 惑星の強弱

トランジット(ゴーチャラ)
02 /13 2024
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
惑星の強弱に調べていました。通常は、シャドバラやアシュタカヴァルガで調べるので日本のアシュタカヴァルガを見ていました。

スクリーンショット 2024-02-13 153826
 正直、さっぱりピーク感を感じないのですが、今のゴーチャラは土星と木星が最高らしい。
・水瓶座の土星が7点
・牡羊座の木星が7点

確かに相場的には日経平均は色々と過去最高値を更新する勢いになりつつある模様。同時に超円安相場です。

 このトレンドが確実に弱くなる時期は
・土星の魚座通過(25点と3点。今は33点と7点。落差が8点)
・木星の双子座通過(20点と4点。今は26点と7点)


・土星が魚座に入室する日は2025年3月30日。
・木星が双子座を入室する日は2025年5月15日。

 噂に名高い「2025年7月」は土星と木星がそれほど強くはないアシュタカヴァルガを通過するタイミングで起きる事になる模様。

 日本のアシュタカヴァルガは柔軟星座が弱く、それが欠点になりやすい。ある種の弱点であり、特に水星星座が問題化しやすい。ただ、今は水瓶座の土星が7点と牡羊座の木星が7点でダブルトランジット的な影響としては最強レベルです。この組み合わせはなかなか起こり得ない組み合わせです。土星は水瓶座のアシュタカヴァルガが最強です。しかし、ここを通過するタイミングこそが、大地震の発生に繋がっている。

 強いのが全て良いとはならない事に占星術の難しさを痛感します。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事

インド占星術 3室と4室

マンデーン占星術
02 /13 2024
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
マンデン占星術の3室4室に関する情報を見ていました。その理由としましては、日本のチャートの場合になりますが、地震関連に3室4室が関与するからです。

 日本建国図
スクリーンショット 2024-02-13 073826
 主要な三つのチャートですが、一番重要な星座は魚座になりそう。次は水瓶座。通常、国土破壊は3ー4ー8だと認識しているのですが、日本のラーシチャートの8室が殆ど機能していないのでその代用の3室が強く機能する。

・マンデン占星術の3室ですが、政府と国民とのコミュニケーション、交通、メディア、電気通信、情報技術など国内のコミュニケーション手段を規定する。民主主義と和平交渉を統治するほか、国内の作家、哲学者、哲学的思想、文学と文学者、教育とインフラ施設を統治する。
・マンデン占星術の4室ですが、4番目の家は、国の天然資源、農業、鉱山、鉱物、土地、平和、一般的および政治的安定、自然災害、教育機関、法と秩序、住宅と共同体の調和を支配します。


 大地震は国土の破壊なので4室に関連しますが、その破壊は交通網の破壊に繋がる。そのため、3室の破壊が起きる時、自然災害や何らかな事が原因でやばい事になるシグナルとして機能する。

 日本の3室は水瓶座でラーフ在住。D4だと12室に変化する。ナヴァムシャは9室に変化する。過去のトランジットでは、ある一定の死者数、または交通網が破壊された地震の時、それは凶星のみ水瓶座を通過したタイミングで起きていた。4室の魚座通過はバラバラのトランジットだったが、水瓶座の凶星通過は侮れない。また、交通網もそうですが、電気通信も破壊されてしまう。即ち、コミュニケーションに繋がる一切の不備になりやすい。

 また、トランジットの凶星の影響は太陽を外してもいい可能性が高い。凶星とは、土星、ラーフ、ケートゥ、火星となり、これがケンドラ軸を形成する時は、ほぼ「悪いシグナル」の前兆になる。

 組み合わせは
  • 土星とラーフ
  • 土星とケートゥ
  • 土星と火星
  • 火星とケートゥ

 特に長い影響は土星とラーフになる。または経済的破綻は何故か火星とケートゥが多い。大災難の場合は、土星とラーフが絡みやすい。おそらくは核戦争は土星とラーフで起きる可能性を感じてしまう。

 突発的なハウスは8室だが、実際的に怖い組み合わせは4つの凶星がケンドラに揃う時になる。特に可動に揃ってしまう時、大規模が紛争危機に見舞われる。これが固着で起きると大地震に繋がりやすい。柔軟星座に揃う時、日本の苦難の時期になる。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。