時間は毎瞬失われていく(生まれた目的をお忘れですか?)

惑星について
07 /27 2017
親愛なる読者の皆様、こんばんは。
いつも拍手を頂きましてありがとうございます。


最近は忙しくでなかなか記事の更新が滞りつつありますが
ジョーティッシュと聖賢の教えは日々学んでいます。


私は日本の現状を考慮するとあまり「宗教的」な事は書きたくないと思っているのですが
聖賢の教えでは
いつも神を思いながら、そして、もう一つ、死という事実も頭に入れながら生きていなければなりません。という。


神については日本の場合は仏様でも神様でも誰でもいいと思いますが重要なのは「死」を念頭に入れて生きるという事です。正直、相当時間をかけてチャートを精査すると明らかに「寿命」らしき、身体(食物鞘)の限界点の時期が見えてきたりします。


ダシャー的にも全てのダシャーが同じ時期に「寿命」が尽きると出ていた場合、その時期に「あの世」に召される事になるのだと思います。その為、人は如何に死ぬかが鍵になります。私のブログは如何に死ぬかを一つのテーマにしています。「癒し」等は考慮しておりません。


元々は聖賢曰く、全ての人間は二度と生まれて来ない為に生まれて来たのですがマーヤに幻惑されて多様性の物質世界に心奪われつつ感覚の奴隷になり、快楽に夢中になってしまって気づけば魂の宿題(二度と生まれて来ない為に生まれて来た)を忘れて死期を迎える事に殆どの日本人がなっている現実があります。


人が死ぬ瞬間に何を想うかで「来世」が決まります。リシたちは神との融合のみを夢見て死を迎える準備をしますが日本人はどうでしょうか?まぁ、あの世や輪廻などもないと考えるのは自由ですがジョーティッシュがこれほど機能する理由は「過去の行為」をチャートから読んでいるに過ぎないのではないかと思えてなりません。


輪廻の原因は

執着・渇愛
エゴ



につきます。この執着の強さが人生の方向性を決めてしまうのかもしれません。
諦めない人は欲望を成就し、諦める人は悲しみを味わう事に。これなども本質は執着の強さ・欲望の強さに他ならない。といいつつ、感覚器官の影響力は凄まじいのですがこれを遮断出来た人のみが「仏陀(目覚めた者)」になるのだと思います。特に目と口のコントロールが最も重要です。


インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。