日本は徐々に晩婚化の流れに

恋愛・結婚の見方
08 /06 2017
親愛なる読者の皆様、今晩は。
いつも拍手を頂きましてありがとうございます。


聖賢の話によると
「人間は、五感がもたらす喜びと悲しみにどっぷりと浸っているために、自分の周囲の状況を超えてものを見ることができません。」


仏陀は五感を統御化に置くために「瞑想」に専心しました。ヒマラヤで修行している方々も五感の遮断に努めています。ですが私たちは五感の奴隷になってしまっている。それでどうして「モクシャ」が至る事など無理な話です。


日本人のインド占星術師の中で知識・技術共に明らかに多く持っている清水さんが新しいサイトを作ったようですがそこには晩婚の話が。分析的にはD1を軸に見てD9も調べるらしい。ダシャーはヴィムダシャーがメインらしい。


D1&D9チャート
キャプチャキャプチャ

今年36歳になられる女性の方ですが未だに未婚
D1の7室を見ると6室支配の木星、12室支配の水星のアスペクトあり。
7室支配は火星で2-11室で星座交換が起きている。


月ラグナから見た7室は12室支配の月のアスペクト。ヨガカラカの火星のアスペクト。8室支配の木星のアスペクト。7室支配は土星で2室に在住でこのチャートの7室支配は2室と関わるらしい。2室=生家でここに鍵がありそう。


D9の7室は空。アスペクトもなにも一切なし。7室支配は6室在住。他の影響はなし。月から見た7室は空で7室支配の木星が3室からアスペクトバック。7室支配はやはり木星でD9の木星は最も重要な7室に絡む惑星で3室在住。


このチャートを見た範囲では7室に土星が絡まない。あるにはヨガカラカの火星だけですがD9は火星が絡まない。この場合、結婚できない原因は濃い部分(2室=生家)に眠っていると思われます。


まぁ、容易く結婚出来るお方ではないのは確かですが。


インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。