タイミングは重要かもしれない(結婚の時期の精査)

結婚の時期
08 /19 2017
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
いつも拍手を頂きましてありがとうございます。


聖賢の話によると
一人ひとりが、「私は誰か?」と自分の本性を探求しなければならないといいます。ですが日本人の場合は富と欲望の充足こそが人生そのものになっているので心の中で「私は誰か?」と問いかけるのはなかなか浮かばない可能性がありますね。


D1&D9チャート
キャプチャキャプチャ


ダシャー的に結婚のタイミングは多々あるとは思いますがマハーとアンタルの組み合わせ。
1室&7室とその支配星との絡みをD1&D9で精査する。


D1の1室とその支配星、7室とその支配星の絡みを見ると1室に在住惑星はなしでアスペクトは7室支配の土星のアスペクトがあります。影響はこれのみ。月は10室に在住で火星、水星、太陽との相互アスペクトと木星のアスペクトがあります。


7室在住は土星が定座在住でアスペクトは火星のアスペクトがあります。他の影響はなしで土星は10番目のアスペクトを火星、水星、太陽に投げかけています。


1室と7室の直接の繋がりはないですが間接的なアスペクトで火星、水星、太陽に繋がっています。周期的には2014年の9月よりマハー6年周期の太陽期に入っており、太陽は1室支配、7室支配からアスペクトを受けています。(太陽と金星の2-4での星座交換はイベント発生必須です)。


今はマハー太陽ー土星期です。今年の7月中頃から2018年の6月一杯程度まで。次が太陽ー水星期です。アンタル土星は7室支配で太陽にアスペクト。アンタル水星は月と土星にアスペクトを受けている惑星です。


これがD1の主な様相です。ちなみにこのチャートの持ち主は秋篠宮眞子様
キャプチャ


私は実践にしか興味がないのでリアル分析が一番好きです。次はD9の1室、7室の状態を見ると1室には8室支配の月と2、3室支配の土星と1、4室支配の木星のアスペクトがあります。1室支配は5、12室支配の火星のアスペクトがある以外は絡みなしです。7室は8室支配の月が在住するのみです。7室支配は2、3室支配の土星とラーフと接合。対面からケートゥ、6、11室支配の金星と相互アスペクト。


端的に今は太陽ー土星期で土星はD1の7室支配でD9の7室支配は水星でD9においてこの二つの惑星は4室で接合しています。D9の太陽(蠍座)から見ると5室在住になります。


という事でヴィムダシャーで見ると
太陽ー土星期(2017年7月中頃~2018年6月一杯)
太陽ー水星期(2018年6月一杯~2019年5月)



この二つの時期が結婚の目安の時期になりそうです。次は
太陽ーケートゥ期になります。ケートゥを見ると絡みがかなり薄い事が分かります。
これをチャラダシャーでも精査すると一段と精度が高まる模様です。


私流で見るとD1の強い土星のナクシャトラはウッタラ・アシャーダ。
支配星は今のマハーダシャーの太陽になります。この繋がりは侮れません。


インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。