海外のサイトは恐ろしい事が書かれている(戦争)

マンデーン占星術
08 /25 2017
親愛なる読者の皆様、今晩は。
訪問してくださいましてありがとうございます。


海外サイトを読み漁っていますが日本より情報が多く内容が濃いです。
その中に北朝鮮の暴発の話があり、韓国建国図チャートが載っており説明がなされていました。


韓国建国図(D1チャート)
キャプチャ

このチャートで戦的に怖い惑星は逆行している3、6室支配の木星だという。
ちなみに今の周期は木星ー水星期です。アンタル水星は2019年5月の中頃まで続く事になります。


蠍座の支配星はマーラカ支配(2、7室支配)の12室在住の火星が厄介。
12室に在住しつつ、3、6、7室にアスペクト。


11室に在住する水星は土星と惑星戦争状態。
土星は2:30度
水星は2:31度


1-7軸にラーフ軸が在住でアセンダントと度数が近い。
土星はラグナにアスペクトで火星は7室ラーフにアスペクト。


他にも色々と書かれてありますが2017年9月12日頃にラグナ(天秤座)に3、6室支配の木星がトランジットする事になり、1-7ラインが活性化する事になるという。その時期、獅子座に7室支配の火星とアンタル水星、10室支配の太陽がトランジットしています。


そしてこの獅子座こそが「米国」のラグナになる星座です。また、ラーフ軸は9月9日頃なので木星のトランジットの少し前に蟹座に移動する事になるようです。今年最後の大物の移動は10月26日頃に土星が再び射手座に入室する事になります。


という事で9月~11月前に
ラーフ軸が蟹座に
木星が天秤座に
土星が射手座に


この影響がどう出るのか?
ちなみに今のプラティアンタルまでの韓国の周期は
木星ー水星ー金星期の模様です。


実際、北朝鮮が暴発したら日本もただでは済まない感じになりそう。相場はリスク回避で円高になり、株安に向かうのは必至かもですが今の日本の周期は水星ーラーフ期。今年の12月中にアンタル木星期に移行する事になります。


木星は良質のスーリアグルの様相が強いので2020年の3月一杯程度まで大きな地震に悩まされる事がない時期になりそうです。あっても相応の影響しかない。問題は次の水星ー土星期です。その時期に備えるのがベター。太陽と木星が輝くので即位が見えますね。


インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。