万物に浸透する意識を知るべき

惑星について
08 /27 2017
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
訪問ありがとうございます。


この世には唯一なる者が遍満しています。
この神性なる意識はすべての生物に内在するとも言われています。


神性意識は人間に内在しているのと同じように、昆虫、鳥、動物にも内在者として存在しています。
その為、この世で神性が内在者としてハートに宿っていない人は誰もいません。


そしてこの神性との融合がインド占星術でいう「モクシャ」を意味します。
モクシャとは個我(ジーヴァ)がブラフマン(神我)に融合すること


その為、最も単純にして最強のサーダナ(修養)は絶えず遍在の神を黙想する事。しかし、残念ですが現代人はお金と引き換えにいくつかの瞑想の物理的技術を教えてもらう事を良しとしています。ダナはあくまでもダナに繋がる事になるでしょう。


この方を得るには純粋で無私の心がない事には真理を悟る事が不可能と言われています。
修養とは純粋で無私の心を得る事。


ですがそうは言っても人の心には惑星の影響が濃厚に9つの門を通って働いています。
来月の日本時間の場合だと


キャプチャ
キャプチャ

ラーフが獅子座から蟹座に移動します。
それによって蟹座の方がラーフの影響を受ける事になります。


ラーフとは「貪欲、異常、勇気、向こう見ず、快楽主義、物質主義、外国人、悪性腫瘍、皮膚病」。
貪欲さや快楽主義、物質主義などは全て意識が外向きだという事を意味します。


修養は絶えず遍在の神を黙想する事ですが、それがラーフの物質的な影響により
非常に出来にくい状況を心が受ける事を意味します。


逆にケートゥの場合はドラゴンの尻尾なので逆になり
内向き傾向が非常に強まる事になります。


これが惑星の影響です。これに対抗するには「心の修養」以外存在しません。
今の日本の周期は水星ーラーフ期でラーフの影響が大です。

最もラーフの影響が出る事になる国は来年から米国はマハー周期がラーフ期に移行します。


マハー周期は
金星が20年
土星が19年
ラーフが18年



という感じで三番目に長い周期がラーフ期です。マハー周期の切り替わりをダシャーチットラというらしい。これは周期の変化は既にアンタルのレベルで変化が生じている事を意味しています。それゆえ、通常の人ではなく、ある種非常識な人が今米国の大統領になっています。


インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。