人生の優先順位(成功と失敗)

惑星について
09 /03 2017
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
訪問ありがとうございます。


私たちは世俗的な問題や責任に心が奪われています。
利己的な行動にかかりきりになっています。
いつも世俗的な事で一杯の頭に何をどうすれば人生の救いを得る事が出来るのでしょうか?


インド占星術的にはラージャヨガ(成功の絡み)やダナヨガ(富の絡み)の周期なら問題がないですがアリシュタヨガ(不幸の絡み)になると人は苦悩する事になります。


ただ、この苦悩こそがこの世の摂理を求める心を形成する事になります。
私もそうでしたが「なぜ、このような事が起きるのだと?!」


人生が上手く回転しているときは過行く時間が早いですが苦悩する時期は時間が重く感じるのでとてつもなく長く感じてしまう人の心。


そこで出てくるのは人生優先順位です。
何が大事で何を後回しにすべきなのかと。


マハーバーラタの正しきパーンドゥの5兄弟を例に取ると
5兄弟が最も大事にしたのは神を最優先し
次が他の人々
最後が自分たちの事
でした。最初に神ありきです。


この優先順位の正しさにより、人生に成功をもたらし、今日まで人々に記憶されている存在になっているといいます。
一方の敗者であるカウラヴァ側の場合
最も大事にしたのが自分たちの安楽と利己的な利益
次が他の人々
最後が神
でした。


その結果、彼ら側は戦に負けてしまい、未だに悪名が轟いている事になっています。


賢者は言います。
「この世において永続するモノは何もない。
全ては過ぎゆく雲に過ぎません。一つとして永続するモノはない」
のだと。


また、人生で何が起きようとも、それはあなた自身の為であるという事を知る必要があります。本当に苦境に陥った時、窮地にある人間を守るという慈悲深い心を持っているのは、母なる女神(シャクティーの化身のパールヴァティー)だけです。全てを、全力で母なる神に救いを求める事が大いなる光への道です。


近未来を予測する場合、私的には米国の周期を調べる事により、かなりの部分が読めると判断します。それ程米国が与える世界への影響は凄まじいです。今の米国は戦いを意味するマハー火星期の時期になっており、来年には18年あるラーフ期に移行します。


火星期はたったの7年しかありませんがラーフ期は倍以上の18年もあります。
ラーフの象意を見ると
「アウトカースト、最下層民、外国人、罪深い女性、ヘビ、爬虫類、快楽主義、飽くなき現世的欲望、勇気、向こう見ず、無智、怠惰、偽善、異常、調査、外国での生活、物質主義、賭博」


言える事は生来的に吉星ではなく、凶星だという事。また、飽くなき現世的欲望で分かりますが貪りの化身であり、無智、怠惰などはタマス性の強さを示唆しています。世界に最も影響力のある国が凶星優位の周期に入り、またタマスの性質が非常に高まる事を意味しているのです。


一方の日本は今は17年あるマハー水星期で2022年の終わりに7年あるケートゥ期に移行する事になります。米国が変わる来年は水星ー木星期の時期になります。木星はラグナロードなのである種のホームの時期になりますね。これが上の文面で出てきた「全ては過ぎゆく雲に過ぎません」です。人の人生も変わるし、国の流れも雲のように流れるのだと。


ですが自分の状況は知る必要があります。その方が方針を立てやすい。何が起きるか大方分かっているので対処がしやすいのです。ですが困ったことが起きたら常に全宇宙に満ち満ちている唯一なるお方に慈悲を求めましょう。その方のみがすべてを変容する事が出来るのですから。


インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。