太陽と病についての象意

惑星について
09 /09 2017
親愛なる読者の皆様、こんばんは。
いつも拍手を頂きましてありがとうございます。


今回は霊性の話ではなく、太陽について書いてみたいと思います。
というより太陽についての話ですが太陽が関わる病気インド占星術.comから拝借すると

太陽病気
心臓障害・血圧の異常・視力の低下・頭部のピッタによる障害・高熱・癲癇・日射」等になっています。
インド人のサイトには
眼の問題、心臓の問題、消化不良、精神的緊張」等があるようです。


より細かく西洋系の医療占星術の本には
ニキビ、背中の問題、不妊、双極性障害、血液疾患、大腸障害、脳障害、癌、白内障、カタル、結膜炎、意識(喪失)、ジフテリア、痙攣、めまい、眼疾患、失神、熱、ろう孔(異常な空洞)、緑内障、出血、口臭、心疾患、動悸、熱射、遺伝性の病気、ホットフラッシュ、炎症状態、集中力欠如、偏頭痛、口腔疾患、眼炎、吹き出物、天然痘、脊椎疾患、脳卒中、日射病、震え、腫瘍


見た感じ、心臓と眼。眼は男性は右目、女性は左目になります。
それとピッタ系が関わるので炎症全般が関わる事になりそうですね。


インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。