トリグナやトリドーシャと北朝鮮の暴走の危険な時期

惑星について
09 /22 2017
親愛なる読者の皆様、今晩は。
訪問ありがとうございます。


北朝鮮の暴走が止まらないようですがマジで日本のダシャー、韓国のダシャー、米国のダシャー、金正恩のダシャー、トランプのダシャーを調べる時期に来ている可能性がありますが本日はやめておきます。仮に書いたとしても詳細に精査する場合は「限定記事」扱いにする予定です。本来、公にする記事は軽い記事のみを心がけでいますので。


何気に私はトリグナトリドーシャに非常に興味があります。
トリグナはサットヴァ、ラジャス、タマスの三つのエネルギーです。
トリドーシャはヴァータ、ピッタ、かパの三つのドーシャがあります。


これを惑星的に見ると
太陽はトリグナはサットヴァ。トリドーシャはピッタ。
月はトリグナはサットヴァ。トリドーシャはヴァータとカパの混合物。
火星はトリグナはタマス。トリドーシャはピッタ。
水星はトリグナはラジャス。トリドーシャはヴァータ、ピッタ、カパの混合物。
木星はトリグナはサットヴァ。トリドーシャはカパ。
金星はトリグナはラジャス。カパとヴァータの混合物。
土星はトリグナはタマス。トリドーシャはヴァータ。



という感じで見ると二大凶星は共にトリグナはタマス。この辺がメンタルドーシャとして悪い働きをする事を意味しますね。
高貴な惑星は太陽、月、木星で共にトリグナはサットヴァ。


火星はピッタで火元素。土星はヴァータで風元素。二つが絡むと火が暴走して大火が吹き荒れそうな感じがします。それが今の北朝鮮米国のやり取りに火がついている事になってそうですが。



今の天空図で上の情報を精査すると
キャプチャ

蠍座ラグナの人はタマスの要素が増えやすく、尚且つ、ヴァータが増悪する時期になる。天秤座の人はサットヴァが増える時期になるので幸運性が増しますがカパが増悪する時期なので太りやすい可能性。


という感じでアーユルヴェーダを学ぶ人は同時にジョーティッシュの知識があった方が数段利用価値があると思うのですが。しかし、北朝鮮の「太平洋上の水爆実験」って何気に日本の上を飛んでいくの、核搭載機が・・・!やばいだろうと思う、マジで。


上のチャートで土星と火星は連結していますが完全に連動する日は
日本時間 2017年10月11日 9時59分
キャプチャ
この日、この時間に完全に連動する事になる。その結果、D9でも明確に連動している。暴走ラーフも接合である、D9は。土星と火星は28:49度。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。