魚座新月図と魚座惑星集中

マンデーン占星術
10 /18 2017
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
まずはとあるチャートを見てみましょう。

左が日本のD1、右が2010年の魚座新月図
キャプチャ

日本という国の未来を予測する場合、主に使用するのは
1、ダシャー
2、魚座新月図
3、ソーラーリターン
4、日食

という情報を元に分析すると相応の精度の結果を得る事になる模様。上のチャートは2010年の魚座新月図。2010年に魚座で新月が起きた日は3月16日。その日から1年間の予測が有効になるといいます。その1年の間に日本は2011年3月11日に東日本大震災が起き、水元素による大いなる災いがもたらされました。このチャートから、その水の災いが予測されていたことになるのです。


惑星で水に関わるのは月と金星。
星座は蟹座、蠍座、魚座になります。


魚座新月図を見ると水の星座の魚座に金星と月が在住。また、太陽と水星も在住で1室惑星集中になっています。他の水の星座を見ると火星が減衰しつつ蟹座に在住です。蠍座は土星のアスペクトがあるのみ。魚座新月図のラグナは魚座ですが、日本のD1の魚座とは国土を意味する4室です。この4室=魚座が水により破壊された事になります。


この魚座新月図には様々なシグナルが隠されています。一番の肝はD1とトランジット惑星の何が影響を与えるかを判断する事。
それは三つあります。逆行土星、金星、水星と全てD1の配置とトランジット配置が一致しています。東日本大震災が起きた日のダシャーは水星ー金星ー土星期でした。


1室の支配星は木星ですが12室在住で弱っており、減衰火星のアスペクトがもたらされています。4室は双子座になりますが12室から木星のネガティブのアスペクト&機能的に凶の働きをもたらす土星のアスペクト。ラーフ軸による傷。ケートゥのナクシャトラはプナルヴァス。支配星は木星なので木星のアスペクトはかなり機能します。この場合、12室からなのでネガティブのアスペクトがもたらされる。1、10室支配なので影響は強い。4室の支配星は減衰しつつ、ラグナ在住。


この情報は後解釈なのでほぼ完全に解釈が可能になります。それでも4室に対する違和感を感じてしまいますが実際的には日本のD1と複合的に解釈しないと読み切れない事が見て取れます。


これを見て言える事は魚座新月図と日本のD1を加味するだけでも相当の精度の情報を得る事が出来るという事です。今、日本は北朝鮮の脅威にさらされていますがそれは2017年の魚座新月図、2017年のソーラーリターン(ヴァルシャハラ)、ダシャーで読み解く事が出来る事を意味しますが日本の精度の高い詳細な情報を私は見た事がない。少なくとも日本人の情報にはほぼない。インド人の情報は情報的に弱い。それは日本自体をあまり知らない事に原因があります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。