日馬富士の暴行事件で暴力が気になった

インド占星術関連情報
11 /16 2017
親愛なる読者の皆様、今晩は。
日馬富士の暴行事件で暴力が気になったので過去の暴力に関わるチャートを作成して見ると何が目立つのでしょうか?


D1&D9
キャプチャ

このチャートは殺人未遂事件のトランジットチャートです。
暴力とは何がどうなるのか?端的にラグナロードがどう絡むのかだと思うますが!!!


D1は天秤座ラグナでラグナロードの金星が11室支配の太陽と不穏なハウスの8室にて接合。対面2室マーラカに二大凶星ありで相互アスペ。心(月)も2室マーラカ在住。この場合は心(月)と身体は二大凶星と太陽の影響下にあり、木星の守護はないです。


D9は魚座ラグナでラグナロードの木星が7室マーラカ在住でマーラカ支配の火星と接合。7室支配の水星は8室在住。11、12室支配の土星は10室在住で10番目のアスペを7室にもたらしている。


という事でD1&D9の共通点はラグナロードが二大凶星の影響下に入っており、火星(共に2室支配)はかなりマーラカ化している事。土星は必ずしも機能的には凶化はしてはいませんがそれでも深刻な影響をもたらしている。


暴力はラグナロードがマーラカ絡みで二大凶星に捕まると危険な可能性。特に火星が非常にマーラカ化している時に命の危険を帯びる事を意味する。土星が入ると深刻な傷をもたらす。ラーフ軸が絡まないのは意外な盲点。ラグナロード自身は陰で地の星座在住。


重要な事を忘れていた。このような行為は反社会的な行為なので太陽が死んでしまう。
D1の太陽は11室支配で8室在住。
D9の太陽は6室支配で12室在住。



どちらも凶支配で尚且つ、ドシュタナ在住という反社会的な時間帯での事件となっています。サトワ(太陽)が闇に覆われる時はろくな事が起きない事を意味しますね。

インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。