人間としての生の目的

惑星について
12 /08 2017
親愛なる読者の皆様、今晩は。
私たちは人間として生まれていますが人間としての生には、人間性を育んで「神性」にまで向上させるという一つの目的が存在しています。


人間とは獣性と神性の中間に位置していますが今の時代は相変わらず「獣性」に踊らされています。
具体例としては凶星等がその「獣性」をむき出しにするのです。


D1チャート
キャプチャ

左のチャートは米国のラーシチャートで右がトランジットチャートですがネイタルラーフとトランジットラーフが共に蟹座で接合しています。端的に今の北朝鮮問題の元凶の組み合わせです。このクライマックスになる目安が度数が同じになる来年の5月頃になると。


その時期の米国のヨーギニーダシャーですがラーフーラーフーラーフ期とトリプルラーフが2018年の5月中に移行します。何故か、ネイタルラーフとトランジットラーフの度数が同じ度数になる時期にラーフが異常に目立つ時期になるという事実。


核兵器とは惑星でいうと何でしょうか?これが上に書かれている「獣性」の正体の一つになります。ラーフの化身の大統領が核兵器に全てをかける敵とどう対峙するのか?その時期、日本はプラティアンタルが土星期に変化する時期になります。


今の世界は「神性」でも「人間性」でもなく、「獣性」に踊らされています。ちなみに蟹座ラーフとは日本のネイタルチャート的には8室ラーフになります。月から見ると2室。太陽から見ると4室です。マハー水星から見ると5室ラーフ。
2-8ラインは宿命的なラインです。4室は国土で5室なら大丈夫そうです。日本のラーフは3室隣国在住です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。