来年は2018年ですが・・・!

惑星について
12 /31 2017
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
今年の残り1日になりましたが人が無病息災を得るには障害の神に祈る事をお勧めします。


即ち、ヴィナーヤカです。またの名をヴィグネーシュワラ(破壊する者)。この意味は真心を込めてヴィナーヤカに祈れば障害物を取り除いてくれる事を意味しています。


その為、2018年に無病息災で障害がない日々を送りたいならヴィナーヤカ(ガネーシャ神)に祈りましょう。まぁ、神に関しては人の志向によりけりなので自分の好きな神、縁のある神を好きになるのが一番ですが。


今年に関して私の場合は、ミサイル問題がクローズアップされて以降、今でもずっと「北朝鮮問題」を見続けています。
その為、相当の情報を見知ってはいますが単純な暴走で「核戦争」になるリスクが怖い所ですね。

キャプチャ

上の情報は日本のラーシチャートの情報ですがナクシャトラの支配星的にはケートゥの影響が侮れないご様子。次点で水星と火星。ひっそりと土星がMB。

いつも見ているチャートでは芸がないので
キャプチャ

全てのD60を見ると何気に9室(太陽・火星・ラーフ)ってどぎつい組み合わせ。
今は

キャプチャ

4室在住のみのダシャーの組み合わせである水星ー木星ー木星期。次のプラティは土星でやはり4室在住。次の水星も同様に。やたらと4室が軸に動く1年になりそうらしい。来年の12月20日頃に3室や9室に視点が変化しやすい事に。それまでは4室中心らしい、D60 で見ると今のダブルトランジットはラグナと5室に視点が定まっている。三大吉星のダシャー期に平成時代から「?」の時代に変化する模様。


弱い部分が出るとすればプラティ土星期だろうと。
2018年4月15日のトランジットチャート(プラティ土星の始まり)
キャプチャ

DTに変化なしですが木星の逆行の弱さ、何より二大凶星がラグナを蹂躙。これは厳しい。プラティ土星期は火星が1、2、3室をトランジットする時期に被る。


インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。