ドゥルガー女神様

神・神々・聖仙
01 /21 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
日々の事象はダシャーとトランジットの影響により起きますが良い時期なら問題ないですが悪いダシャーの場合、人は苦を味わう時期になります。


それを先読みできるのがジョーティシュですがそのような悪い時期を回避や軽減するにはわたし的には女神様に頼るのが一番なのではないかと日々マントラを唱えながら体感します。勿論、オームの化身のガネーシャ神も至高の方である事に間違いはないです。


特に困難や障害のアリシュタの輝く時期は原初のエネルギーそのものであるドゥルガー女神様に乞い願うのが理に叶っていると思います。


ドゥルガー女神は災難を克服する助けをしてくださる最高のお方と言われています。女神様を讃えるマントラにドゥルガー スークタムがあるのですがあのマントラで女神様は「火から生まれたもの」という意味のアグニ サムバヴァとして描写されています。


火から生まれたお方ゆえに、ドゥルガー女神様は非常に身のこなしが軽く機敏なエネルギーに満ち溢れた無敵の働き手になり得るのです。その結果、ドゥルガー女神様は、サムサーラ(輪廻)を渡るのを助けてくれる女神、ターラカ(渡ることを可能にする、救う)と呼ばれ祈りが捧げられているようです。


結局、人と神の違いはなにかといいますとグナ(属性)に左右されるかどうかということになります。人はトリグナに影響されていますが神はグナを超越する者。ゆえに祈りにより、カルマをキャンセルすることすら可能になりますがグナに支配される生き物はカルマを変える事は難しい。


だからこそ、主クリシュナは最も純粋な明るいエネルギーであるサトワ的に生きろと言っているのです。惑星でサトワ的なのは太陽、月、木星であり、内なる6つの悪から逃れている事になります。内なる6つの悪がアリシュタの元凶になり得る悪です。


これを融解させるには神なる者に意識を向けるのが何より一番です。そのような教えがヴェーダには説かれています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。