東京株、1071円下落

為替相場情報と投資関連情報
02 /06 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
本日二度目の記事ですが相場が荒れているのです。

日経平均、一時1600円超安 米暴落で株安の連鎖
日経平均大引け 大幅続落、1071円安 海外株安を嫌気

という感じで世界同時株安になっていますので日経平均を見てみましょう。
日経225日足
キャプチャ

流れを単純化すると2月1日までは緩い上昇チャネルが機能していたのですが2月2日に引けでチャネル下限を割ってから暴落が起きた事になります。22600円付近にあったサポートラインすら軽く割るような凄まじく早い下げ相場。とりあえず21000円の節目で支えた事になります。今後の防波堤としては

21000円
特に20000円は重要になり、日足の引けで割るような事になると群集心理がネガティブに偏る可能性が高まる事になるかと。私は株が専門ではないですがチャート的には引けで22500円台を回復するとこの下げ相場が一服する事になるチャート配置です。


それにしてもコツコツ上がって下がる時は大暴落。これは人の心理的な恐怖感に由来している事は長い年月相場に携われば体感として分かってしまいます。ですがその心理的恐怖の時期に「買いを仕掛ける勇気」がある人は凄いですがチャート的には「外れ」です。この場合はボリンジャーで言いますと-1σを引けで上抜けるまでは「売り」が戦略になります。引けで超えると調整相場に変化するので買いに転換でも可能です。


ただ、ジョーティッシュ的には2017年12月26日~2018年04月15日までMe-Ju-Juですが相場を詳細に精査する場合は第五ダシャーであるプラーナダシャーを使用しない限り、端的に全然役に立たない事になってしまいます。相場が荒れているという事はトランジットの配置が荒れ模様だという事を示唆しています。この荒れの由来はラーフ軸にあります。


インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。