マントラとマハーシヴァラートリ

マントラ
02 /10 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
今回はマントラに関しての話になるのですがマントラは一般的な曜日ごとの礼拝される神様があるようです。


ただ、インドでも地域等によって異なりが生じるようです。
基礎としては
月曜日:シヴァ
火曜日:ガネーシャ、ドゥルガー、カーリー、ハヌマーン
水曜日:クリシュナ、ラーマ
木曜日:ヴィシュヌ、グル
金曜日:デーヴィー、ラクシュミー、サラスワティー
土曜日:ヴェーンカテーシュワラ
日曜日:スーリヤ



月曜日担当のシヴァですが今月の2月13日(火)はマハーシヴァラートリの日です。マハーシヴァラートリ祭はインドで最も重要なお祭りの一つです。このお祭りはヒンドゥー暦マーガ月の、月が欠けていく二週間(クリシュナパクシャ/黒分)の14日目(満月の日を1日目と数えて14日目)に行われます。「シヴァラートリ」とは「吉祥な夜」という意味です。インド全国で、人々はシヴァ寺院に集まって神を礼拝したり神を黙想をして夜を過ごします。


この日に機能するマントラ
シヴォーパーサナ マントラーハ
ルッドラム
ドゥルガー スークタム
リンガーシタカム


この日にルッドラムを聞き続けるのは大いなる吉祥をもたらす事になります。吉祥とは願いが叶うのは勿論ですがシヴァに溶け込む事により執着と欲望が減少する事を意味します。心の余分な物がなくなるのでどんどん軽くなることを意味します。せめてこの日だけでも聖なる方を思いつつ日々を送る事をお勧めします。




インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。