プログレスヨーギニーは手練れの技法

ヨーギニーダシャー
02 /24 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
最近は7室絡みを徹底精査しています。


まずは霊性の話からですが人間には生まれながらの至福を経験する為に身体と感覚と心と理智が授けられています。

即ち
身体=食物鞘
感覚=生気鞘
心=心の鞘
理智=理智鞘


ですが現代人はこれらの能力が汚染され、誤用されている為に人間は悲惨の淵に沈んでいると言われています。
食物鞘はラーガ(執着)ドウェシャ(憎悪)の埃で汚染されています。
生気鞘は欲望と感覚的快楽の汚れた布で包まれています。
心の鞘(マノナヤ・コーシャ)はこのような不純物によって汚染されています。


これらの不純物を取る作業がヨーガであり、霊性への道になります。

キャプチャ

このチャートはNavamsa chartです。という事は主に結婚等に使用しますがこれをプログレスヨーギニーダシャーで精査するとどうなるのかという事ですが日本語で「ヨーギニーダシャー」で検察すると私のサイトが出てくる始末です。という事でプログレスヨーギニーダシャーは日本では殆どの方が使用できていないので技法そのものが難しい事が予想されます。


単純なヨーギニーダシャー結婚の時期を読み解く場合は
・マハーダシャーが金星期ラーフ期
・金星-ラーフ期 か ラーフ-金星期
・7室支配星と関係する時期



単純化すると金星期ラーフ期結婚しやすいのがヨーギニーダシャーです。ただ、プログレスヨーギニーダシャーはある種上級のレベルの人以外はなかなか読み解くのが難しいので使用できないだけで使用可能になるとおそらくですがどのダシャーよりも精度が高いと思われます。


このチャートの主は2004年2月25日:結婚です。プログレスヨーギニーダシャーで見るとウッタラ・アシャーダーのサンヒターの時期に結婚した事になります。何気にこの分かりにくさ。


プログレスラグナは最初の2年は射手座になります。射手座はラグナ(BLといいます)から見て7室です。ウッタラ・アシャーダーの支配星は太陽です。太陽は7室を支配する木星と接合しています。射手座(PLといいます)から見ると7室にラーフが在住しています。その7室の支配星は水星で木星からのアスペクトがあり、木星は7室のラーフにもアスペクトを与えています。ダシャー的にはラーフ(サンヒター)-ラーフ(サンヒター)ー水星期(バドリカー)の時期に結婚という流れになっているようです。


ウッタラ・アシャーダーのサンヒターが始まった時期が2003年2月10日です。
この方が将来の妻に会った時期が2003年3月20日です。トリプルサンヒター(ラーフ期)の時期のようです。


明らかにプログレスヨーギニーダシャーは読み手のレベルを選ぶとしか思えません。それ程深い読みをしないといけないというか、多数のハウス展開をしないと読み解けない技法です。逆にいうと深読みが出来る人ならより微細な読みが可能になる事を意味するものと思われます。


インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。