金星と二大凶星の影響と離婚時期

惑星とハウスから見た結婚運
03 /15 2018
親愛なる読者の皆様、今晩は。
今日もチャートを眺めていたのですが


D1チャート
キャプチャ
このチャートは海外から仕入れたネタなので外国の人になりますが金星二大凶星や6、8、12Lの支配星に覆われてしまうのは一種の離婚危機に繋がるらしい。このチャートの場合だと二大凶星の影響ありで8Lが6Hからの影響を及ぼす感じに。金星自体は12Hで尚且つ、ジャイミニでいうDKなので二重の意味で結婚に関わる表示体になっています。


実際的には色々と不具合が起きつつ金星ー水星期に離婚になってしまったという。これはインドの話なのであの国は離婚率が低いのである種特異なケースになりそう。


金星は4、11Lで12室在住。水星は3、12Lで9室在住でドシュタナ的には12室が強く機能しています。確かに12室が激しく傷ついており、12室の支配星が水星でこちらは減衰+ラーフ軸の傷などで弱いです。これはラーシチャートの話ですがナヴァムシャだと
キャプチャ
金星は自室在住で尚且つヨガカラカなので相当強いのですが8L減衰太陽と接合。ポイントは二大凶星のアスペクトがある事。ここでも金星はD1同様に二大凶星の影響に覆われています。D9の場合は12室の影響ではなく、8室の影響が強く出ているようです。水星に関しては6Lで2H。12Lの木星が8Hから土星と共にアスペクトの配置図に。


8室は実際の結婚生活を意味するので8室、その支配星が傷つくと結婚生活を維持する事が出来なくなってしまう。その意味で8室は結婚生活の要になるハウスかと。


インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。