マーラカの10のロジック

健康の見方
03 /19 2018
親愛なる読者の皆様、今晩は。
私も読者の皆様も本体は「アートマ」です。


アートマなのにそれが理解出来ないのは五つの鞘に覆われているからです。その為、その鞘を取り除く必要があります。それが霊性修行といいます。私たちは身体でも感覚器官でも心でも理智でもありません。それよりもより微細な本体が存在します。


といいつつ、ジョーティッシュの話に移りますがマーラカをもたらすといいます。即ち、人のとはマーラカが関わる事を意味します。本当にそうなのかは調べれば分かります。
キャプチャ
私のブログはチャート至上主義なので常にチャートを使用しつつ、ダシャーはシュリラオ先生を見習ってサブサブダシャーまで使用しています。このチャートの主の父親はヴィムダシャー的に金星ーケートゥー土星期にんでいます


マーラカ理論はシュリラオ先生の理論によると主に10のロジックが存在しますが基本は2室支配が最強、7室支配が次点的な扱いで後は2、7室在住が後に続くようです。
キャプチャ
まずはマハー金星は9室の支配星になります。9室=父親のラグナになります。それが牡牛座から見て7室支配の火星と5室で接合しつつ金星は減衰しています。マーラカロジックで見ると6番目に該当します。


即ち、6番目のロジックは7室支配の惑星と接合する惑星がラグナロードの減衰金星です。次のアンタルはケートゥになりますがロジック的には5番目のロジックにヒットです。即ち、7室の在住星です。最後のプラティアンタルの土星はロジック的には4番目の教えに該当です。4番目のロジックは2室支配の惑星と接合する惑星が土星になります。という事で本人ではなく、家族である父親の期に関してはロジック通りにんでいる事になりそうです。


このチャートの期は
マハーは6番目のロジックを使用。
アンタルは5番目のロジックを使用。
プラティアンタルは4番目のロジックを使用。



正直、このチャートの場合はラグナロード(9室支配=父親のラグナ)が弱くで尚且つ、マーラカとの絡みが出来ていたのでかなり読みやすい事になっていました。

ちなみに
金星のナクシャトラはHastaで月が支配星です。月は3室を支配して12Hです。
火星のナクシャトラはHastaで月が支配星です。月は3室を支配して12Hです。
この3室が死に関する直接的な原因になっています。

父親は自動車事故によって死んでいます。月は12室に在住(あの世)で8Lの木星のアスペクトを受けつつ、同時に火星(アスペバック)と土星からのアスペクトを受けています。

インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。