7室支配と金星と土星の影響

惑星とハウスから見た結婚運
03 /21 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
日々、ホロスコープを見ていますが結婚を調べていて思うのはインドと日本ではそもそもが違うという事です。

その為、日本は日本風の結婚インドインド風の結婚という事を考慮する必要性が出てくると思います。インド結婚前の同棲や出来ちゃた婚などあるのか?という感じです。

キャプチャ
チャートを見ると7室に強い土星在住です。この段階でこのハウスが遅延化する可能性が出てしまいます。7Lは結婚のカラカの金星です。金星は8HでナクシャトラはAnuradhaなのでその支配星は7室に在住する土星になります。

このチャートの主は7室&7L共に強い土星の影響があります。現に34歳の段階とは去年の話で結婚していないといいます。結婚の心配は父親(9室支配+太陽が共に8Hで金星と接合)がしています。

ダシャー的にはかなり結婚に近い時期なのですが
キャプチャ
見ると今現代、金星金星期という結婚期としては最強の時期になっているはずですが。ダシャー的には1998年カナダ移住。マハーは水星期(水星は3Lです)。アンタルは月期で月は4Lで海外の12H。12Lの木星は12室在住の月と4室に8H(中断)からアスペクトをもたらしています。

また、この主は父親とは色々と緊張状態にあるらしい。その結果、うつ病や皮膚のアレルギーに苦しんでいるといいます。9室と8室の星座交換。皮膚(水星)は慢性を意味する8室に在住しています。これはラーシチャート(原型)ですがナヴァムシャ(D9で魂の本質)はどうなるのか?
キャプチャ
いくつかの視点を見ます。

金星の状態はD1は8H。D9は12H。
DK(ダラカラカ)の状態はD1は8H。D9は8H。
7Lの状態はD1は8H。D9は12H。


全てドシュタナハウスが関わるようです。

インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。