DKが6室&8室&12室とヴァールミーキの不滅の名声(インド占星術)

チャラダシャー
03 /31 2018
親愛なる読者の皆様、今晩は。
太古の聖仙ヴァールミーキというラーマの物語の語り部がいますが語り部になる前はなんと追剥。

単なる追剥ではなく、不意打ちを仕掛けて何のためらいもなく何百という人々を殺害していたといいます。単純に考えて今の日本でそれ程の殺し屋がいるとは思えない。殺そうとした集団は近いうちに死刑が執行される可能性が高いですが。

それ程冷酷非情な魂も7賢人たちから根気強さと辛抱、そして自己探求をするようにという忠言を施されてヴァールミーキラーマの道へと転向し、不死と、ラーマの物語の語り部としての不滅の名声を得たそうです。

人は不屈のサンカルパ(意思)さえあればどんな事でも可能な事を意味するのだと思います。ただ、不屈のサンカルパ(意思)はアートマに由来するのでアートマに依存する事が全ての全てだと思います。

D1チャート
キャプチャ
最近、チャート的にはインド産だらけ。日本の場合はどう考えても「個人情報重視」で晒すのは避けた方が無難。詳細に見れる人が見れば寿命すら分かるのだから注意が必要になるのは必然。というより弱点が分かってしまうのでね。

ジャイミニ的にDKとは結婚に関わる重要なカラカ(表示体)。同様に金星も同じ意味合いがあります。このチャートはDK&金星が同じハウスに在住するので結婚時期を特定しやすい可能性。単純な理論としてはDKが6室、8室、12室に在住する時は恋愛・結婚運が落ちると言われていますが本当かいな?と私は思えてしまう。

チャラダシャーの流れです。
キャプチャ
蟹座スタートで時計回りとは逆回りに移行しつつ
蟹座から見てDKは10室。
双子座から見てDKは11室。
牡牛座から見てDKは12室。
牡羊座から見てDKは1室。

この辺までが本命の結婚適齢期の時期ですが実質、牡羊座が一番結婚する可能性を孕みますが現実は牡牛座のDKの12室の時期が正解。確かに牡牛座から見ると12室DK+金星ですが同時に7室(蠍座)にジャイミニアスペクト。牡牛座にはラグナから見た7L土星が在住しており、蠍座はラグナから見た5室になります(恋愛結婚)。

時期は1995年5月19日に結婚。
チャラダシャー牡牛座ー天秤座ー双子座期に結婚となっています。

牡牛座は牡牛座から見た7室に金星&DKアスペ。
天秤座は天秤座から見た7室に金星&DK在住。
双子座はウパパダ(射手座)から見た7室です。

ジョーティッシュは星の科学らしい。ならば常に証明する必要が生じる。

インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。