とある予言(インド占星術)

予言
04 /11 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
日本は2011年に大きな災害が起きましたがその時に私はネットを読み漁りました。その結果、とある情報に行き着きました。

この情報によると最近の予言ですが

『(おまえの)祖国の指導者は、大変不安定な情況にある。
気の狂った王は、いまも諸国を脅している。
弟子のなかにも、苦しみに突入していく者たちがいる。
彼らは現状に気づいていない。
これらを軽減し、解消するために……』


このような事が書かれているらしいシュリラオ先生の言うナディの葉っぱに。
今の私ならあらゆる情報に踊るよりも日本のチャートを分析・精査した方がより詳細な情報を得る事が出来る事を知っています。

日本でいうと4月は
キャプチャ
ラクシュミー女神の恩寵が輝く時期からアリシュタが強まる土星の影響が4月15日から強まる事になりそうです。

この変化はチャラダシャーで同じなのかを見ると
キャプチャ
5月1日より水瓶座(3室)に意識が傾く時期になる。予定ではこの時期頃に大国の王と三代目の王の初の会談があるとか何とかの話がありますが。アンタルの変化が起きる時期は5月29日よりです。プラティ土星期は4-10ラインが強まり、アンタル魚座期は魚座は日本の4室なので4室に関わる事が意識される事になる。

マンデンの4室とは
国土 気候 農業 災害 治安 野党となりますが実際には広範囲の情報が含まれており、上の情報だけで単純に精査すると簡単に外す事になります。ただ、日本の土星期は重たく、冷たく、時に残酷な配置ですのでリスクが高い事を意識する必要があると思います。ですがアンタルは木星期なのでホームの強さが維持なのでラクシュミー女神の力があるので保護力が働く事も事実なので悪さに限度があります。

上の予言の祖国の指導者とは安倍総理。
弟子のなかにもの意味すら私には理解ができない。

インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。