ブリグシステム

インド占星術関連情報
06 /10 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
日本で情報を得る事が難しい為に海外のサイトでジョーティッシュを学んでいますがインド占星術は主にパラシャラ式、ジャイミニ式、タジカ式が有名ですがもう一つブリグシステムがあるようです。

最初の三つは本が出ているのでインドなら独学も可能ですが
ブリグシステムはそうはいかないようです。

ブリグシステムはどく少数の家庭に伝わる秘密の教え。
ですが、その精度は正しい家系なら相当の精度を誇ると言われています。

言われているというより、現実に名声を得ている人が存在する。
ブリグによると特定の年齢に影響をもたらす惑星があるという。

年齢的には
16歳、22歳、24歳、26歳、28歳、32歳、36歳、42歳等何故か全て偶数数字。
惑星的には
木星、太陽、月、金星、火星、水星、土星ーラーフ・ケートゥ。

また、ヴィムダシャーでも重要な時期があり
30歳、36歳、48歳、60歳、72歳でこの年齢は主要な惑星である土星、木星、ラーフ&ケートゥが出生図のトランジットの影響が加味されているという事です。どちらも奇数年ではなく、偶数年が鍵かもね。

30歳は土星がハウスを一周する期間。
36歳はラーフ&ケートゥが一周&木星が3周する期間。
48歳は木星が4周する期間。
60歳は土星が2周、木星が5周する期間。
72歳は木星が6周、ラーフ&ケートゥが4周する期間と定義。

端的に遅い惑星がラーシチャートの惑星にトランジットする時期は「人生の節目」になりますよという意味なのだと思われる。これはトランジットを精査すれば自ずと理解出来る実践向けの知識です。

インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。