ジャイミニと1パダと7パダ

ジェイミニ占星術
06 /11 2018
親愛なる読者の皆様、今晩は。
本日は海外サイトでジャイミニ(Jaimini)を読んでいたのですがパダの話が出ていました。

そのサイトの場合、7パダとラグナの位置関係によって結婚生活の吉凶を見ていました。

何でもアセンダント(Ac)から7パダがケンドラ(4、7、10)かトリコーナ(5、9)関係にある場合は結婚生活が良好になりやすい。良くないのはアセンダント(Ac)から7パダが6、8、12関係になると結婚生活が困るらしい。

端的に困るというよりは困難・障害が起きやすく、場合によると破綻(離婚)が起きるという事らしい。

事例的には
キャプチャ
まずは7パダを精査しますが7室の支配星は金星。金星は7室(天秤座)から1室進んだ蠍座に在住。という事で蠍座から1室進んだ射手座が7パダになります。このチャートの場合だとA7と書かれていると思います。この7パダとラグナの関係はラグナから見て7パダは9室に在住なので非常に良好でお互い尊敬できる関係になる可能性が示唆されています。

ただ、パラシャラ本には

34 句 第 7 室 の パダ の 影響  
この よう に ダーラ( 7 番目) の パダ が[ ラグナ] パダ から[ 数え て] ケンドラ( 1、 4、 7、 10 番) か コーナ( 5、 9 番) に ある とき、 夫婦 は 必ず 和合 する。[ ところ が] トリカ( 6、 8、 12 番) に ある とき には、 間違い なく 不和 と なる。

これを読むと1パダと7パダの位置関係を説いています。Acからではなく、1パダから。

1室の支配星は火星です。火星は1室から見て11室目の水瓶座に在住。水瓶座から見て11室目は7パダが在住する射手座でALと書かれていると思います。ALが1パダです。これは1-1のケンドラ関係でお互い似た者同士になるので時間と共にマンネリ化が気になりますがパラシャラ仙は和合としているので問題なしで良い兆候。

ジャイミニ仙はそのサイトにはパラシャラとヴィヤーサの二人からジョーティッシュを学んだと書かれていました。ヴィヤーサ仙はヴェーダの生みの親ですがヴェーダを教える以外、弟子たちにジョーティッシュを教えていたという。

何故に至宝の聖仙のヴィヤーサの息子のシュカ仙が抜けているのか気になる。パリクシットを解脱させたのは他ならぬシュカ仙なのに不思議だ。

インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。