トランジットの考察

インド占星術関連情報
06 /16 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
本日も海外サイト巡りですがトランジットについて書かれていました。

日本でトランジットと言えば「ダブルトランジット」。
ダブルトランジットとはT土星とT木星が影響を与えているハウス。
ダブルトランジットが起きているハウスは活性化されるという単純なロジックです。

まぁ、実際には様々なロジックが加味されていると思いますが微細な情報等は日本ではほぼ皆無となっています。検索しても出てこない感じです。

男性: 1979年5月9日21:30 80 E 26 16 N 17 5:30East of GMT
D1チャート
キャプチャ
兄弟の誕生の説明。妹が1982年11月15日に生まれました。
ダシャーは火星ーケートゥ期に生誕でプラティ期は書かれていない。

ダシャーの簡単な解釈はマハー火星は妹・弟のカラカで月ラグナから見た3Lです。火星のナクシャトラロードはラグナから見た3Hに在住するケートゥでA3から見て3Hです。アンタルケートゥはラグナから見て3Hで3L土星からアスペクトを受けており、A3に在住しています。ジャイミニ的にBKはA3から見た3室に在住する太陽です。

トランジット解釈です。
左がD1、右がトランジットチャート(1982年11月15日 12:00に設定)
キャプチャ
マハーT火星とアンタルTケートゥが共にラグナにトランジット中でした。これは3室に関わる重要なイベントが起きるトランジットらしい。T木星がN火星とNケートゥにアスペクト。この二つの組み合わせが兄弟の誕生に繋がった模様。

トランジットチャートだけを見ると11室惑星集中なので3室ではなく、11室や5室が活性化されているハウスになるのですが人生はダシャーを軸に動いているのでトランジットを中心に据える事は出来ないようです。人生はダシャーを元に現象化されるというのが定石です。

インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。