日本ではあまり聞かない話ですが(出会い編)

恋愛・結婚の見方
06 /16 2018
親愛なる読者の皆様、今晩は。
日本の相談内容とインドの相談内容は微妙な異なる感じがします。

例えばですが日本の恋愛結婚相談で「宗教」の話など聞いた事がないのですがインドの場合は「宗教」が一つの目安になる模様です。あちらでは今でも「カースト意識」が生きている可能性を感じてしまいます。

D1チャート
キャプチャ
チャートの主は男性で恋愛のダシャーが回ってきました。
正直、私には重たさが感じるのですが恋愛のハウスは5室。

5室に月と土星が在住です。11室に恋愛のカラカの金星が在住です。
別の宗教の女の子と恋に落ちたのが2010年4月1日でした。
ダシャーは単純に月ー土星期です。

D1とトランジットチャート
キャプチャ
恋愛のカラカのT金星を見るとN月&N土星から見た5室、ラグナから見た9室にトランジット中でした。ダブルトランジットはN月&N土星から7室、ラグナから見た11室に出来ています。

月のナクシャトラロードはT金星でN月から見た5室にトランジット。
土星のナクシャトラロードはTケートゥでN土星から7室にトランジット。
A5&A7から見た7室にT金星がトランジット。

しかし、付き合いは長くは続かず、プラティが金星期になる頃、大体4か月で別れが起きたようです。月ー土星ー土星期に恋愛状態に入り、月ー土星ー金星期に別れが起きて深い苦悩の時期に移行したようです。

ちなみに異なるカーストや宗教が関わる場合、DKや金星がラーフ&ケートゥと関わっている事になります。D9で土星(DK)と金星が12室在住で尚且つ、ラーフと接合しています。まぁ、日本人にはあまり関係ない話ですがインド人には真剣です。

インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。