ムルティユンジャヤマントラとルッドラムの守護力

マントラ
06 /20 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
インド人がジョーティッシュを使って「地震予知」をする場合、地震が起きる時期の特定はそれ程難しい事ではないらしい。そのサイトの方の地震予知の研究は16年。ただ、地震が起こる正確な場所の特定が難しいらしい。地震予知には「koorma chakra」を使用して場所を精査する事になります。

この占星術師が2017年8月作成時点での2018年の地震予知は
※2018年の最初の7ヶ月間は、中程度の地震/地すべり/鉱山災害の事例はほとんど発生しません。
※2018年8月の初めから9月の第1週まで、2018年の壊滅的な強力な地震が予測されます。
※2018年10月第2週と2018年11月第3週の間に、別の期間の強力な地震が予測されます。2018年12月中旬まで、余震がかなり発生する可能性があります。


今年、危険な大地震の時期は
※2018年8月の初めから9月の第1週→壊滅的な強力な地震予測
※2018年10月第2週と2018年11月第3週→強力な地震予測

起こるであろう具体的な場所すら書かれていますがそれは省略しますが、科学的に世界の地震の約20%は私たちの住む日本で起きています。今、Twitterで調べると「大阪地震」の影響で人々の心に大きな不安が渦巻いています。不安とは負(タモグナ)の影響が大きい事を意味します。

今、「地震 予言」で検索すると
キャプチャ

地震については水星、金星、土星期の絡みが日本の場合、最も危険なダシャーになります。今現在、日本のダシャーは水星ー木星ー土星期で上のロジックの内の二つの惑星が絡んでいる時期での「大阪地震」ですがプラーナダシャーまで見ると

2018年6月18日午前7時58分は水星ー木星ー土星金星土星期でした。アンタル木星以外は完全なるロジック域での震度6弱の地震です。地震の破壊力に関してはトランジットが影響をもたらす事になります。

アンタル木星の守護は2020年4月まで続きます。
プラティ土星期の不安定期は2018年8月24日まで続く事になりそうです。

人々が不安に駆られる場合は死を克服する不死のマントラであるムルティユンジャヤマントラをお勧めします。これを唱える事により、破壊の神である「ルドラ神」を宥める事になるでしょう。唱える時は108回をワンセットにすべきです。
Maha mrityunjay mantra


唱えるのが無理な場合はルッドラムを聞き続けるのがいいでしょう。ルッドラムは11回が一セットになります。必ず、守護を得る事になります。
Sri Rudram


インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。