本日も早婚型のチャート

蟹座ラグナ
08 /06 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
最近は「早婚型」のチャートを見ています。

D1チャート
キャプチャ
チャートはナヴァムシャですがあまりにも単純なダシャーで結婚しています。
ダシャーですがRa期 1943年05月(17歳) - 1961年05月(35歳)なのでラーフ期に結婚するのが確実でした。

ただ、単純に見て太陽は6Lでヴァルゴッタマなので非常に強いです。乙女座から見て獅子座は12室になってしまう。これは時期が来れば「離縁」がもたらされる印になり得る配置です。それとラーフと合の噛み合わせの悪さ。

結婚したのは1945年9月27日です。
ダシャーはラーフーラーフー月期で19歳の時です。
組み合わせは7H-7H-MDLから見て7Hの月期でした。

チャラダシャーで見ると牡牛座ー牡牛座ー双子座期でした。
牡牛座は7室にDKの水星在住で金星のアスペクトがあります。
双子座は例外的に7L&DKとの星座交換が考慮されます。

言える事は配偶者はラグナに多大な傷があります。
これが短命をもたらした模様です。

ラーフ期の最後のアンタル期は火星期ですがその火星期に死がもたらされています。結婚自体は1年程度で離婚しています。ラーフが強い時期だったので衝動が収まると心が冷めてしまう。冷めるとはグルの力が入った事を意味する。グルとは木星です。

ラーフーラーフ期の終わる時期に結婚してラーフー木星期の始まりで離婚でした。木星はラーフから見て7Lで6Lの土星と2-8ラインで相互にアスペクトを組んでいました。

インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。