トランジット木星と来年の日本のチャラダシャーの変化日

マンデーン占星術
10 /04 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
日々、チャートを見続けているのですがとりあえず外さないのがトランジット惑星の動向です。拡大をもたらすトランジット木星ですが

トランジット木星
キャプチャ
1分単位で調整をした所、今月の11日の22:50分に天秤座から蠍座にT木星が移動します。通常、T木星は約1年程度一つのハウスに在住する予定なのですが蠍座在住のT木星は通常の二倍程度で動くらしく、来年の3月29日の23:36分に射手座に移動するようです。

ついでにTラーフ軸は来年の3月23日の夕方頃に蟹座から双子座ラインに移動する事になるようです。木星は経済的には銀行を意味し、ケートゥはIT関連を意味する惑星が日本の1室に当たるラグナにトランジットが集中する事になるようです。

日本のダシャーを見ると来年の4月にチャラダシャーが5年周期の変化をもたらすようです。
キャプチャ
東日本大震災をもたらしたマハー魚座期からマハー水瓶座期への変化。

ヴィムダシャーを見ると
キャプチャ
来年中はアンタルが全て木星期で移行する事になっています。変化が起きるのが東京五輪がある2020年の春です。私は特にマンデンについて書く予定はないですが常に精査はしています。基本、ダシャーの変わり目が節目になりますのでその事を考慮する必要があります。来年は日本の年号が変わる年。そのわずか数日前にチャラダシャーが変化する。
関連記事
スポンサーサイト



ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。