D30のリスクと人の生の尊さ

双子座ラグナ
10 /08 2018
親愛なる読者の皆様、今晩は。

インドの聖典には
ジャントゥナム ナラ ジャンマ ドゥルラバム(意味はあらゆる生類の中で人として生まれるのは最も稀な事である)

聖典は永遠にダルマに準じた教えなのでその教えに「嘘」がない事を意味します。その為、人の生は最も稀な事なのは確実です。この生のうちに二つのグナの撲滅をお勧めします。それはタモグナとラジョグナです。この二つの属性が不幸の本質です。輪廻の本質は執着と憎悪です。そしてサトワグナを増やしましょう。サトワグナの特徴は「常に与える」です。

話変わって最近は色んな角度から様々な分割図を見ているのですがD30はリスクを見るのに機能するチャートの一つらしい。
D30チャート
キャプチャ
チャートはD30チャートですがラグナは双子座ラグナです。その為、ラグナロードは水星になりますが水星はD1の8Lになります。そのラグナロードの水星は10Hで減衰配置です。ケンドラ在住で10室なので影響は特に強い事を意味します。リスクが大だという事を意味します。減衰惑星は確実に「病」に現象化するので注意が必要です。

時期としてはラーフー水星期に入院です。このチャートの特徴は金星が支配する星座に在住惑星が多い事。ラーフのディスポジターは金星でMDLのラーフから見て逆行して尚且つ2室マーラカ在住で水星はMDLから見て病の6Hで12室にアスペクトバックという形になります。

プラティ期はラーフ期でした。ADLの水星から見てラーフは8Hでディスポジターの金星はADLの水星から見た6L太陽からアスペクトを受けています。ついでに12Lの土星からもです。ただ、強い木星の保護が働くので大事までにはなんとかなったようですが病は目に関する病気です。これは強い木星の保護力だと思います。ただ、D1の木星は2L最強マーラカ(2室で目に関わります)支配で12H減衰です。このチャートの2LはMDLのラーフと合でもう一つの目の惑星の太陽は12Hです。

投資相談をやっています。投資には成功するタイミングがあります↓
インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ

インド占星術の結婚の専門ブログです↓
インド占星術 結婚の有料鑑定のご案内です。インド占星術の結婚の有料鑑定については真剣に時間をかけて精査しております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。