口の災いで悩む時期

双子座ラグナ
11 /05 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
ジョーティシュの一番の目的はモクシャ=解脱です。

それでは解脱を達成するのはどうすればいいかという事が主要なジョーティシュの目的なのですが現代はカリユガなのでアルタ&カーマがメインテーマになっています。この場合、悩みが尽きる事はないです。悩みは欲望を減らす事により減少します。増やす事により、増大します。ただ、それだけです。

口の災いで悩む時期のダシャー期の話です。
D1チャート
キャプチャ
今回のケースは「口の災い」がテーマなので口はやはり2室だろうと思いますが2室の絡みが凄すぎる。ですが明確に強く2室を捕まえている惑星が二つあります。それは木星と土星です。木星は障害・困難の6室に在住し、2L月とオポジションと2室にアスペクト。土星は損失の12室に在住で2L月と合で2室にアスペクト。

実際に口の災い」で悩んでしまうダシャー期だった時期は木星ー月ー金星期だったようです。という事で主な「口の災い」は木星と月だった事が分かりますが口(2L月)が在住するハウスがプラティ金星が支配する12室の牡牛座になります。

この方は「言う前に頭の中で考えてから話すようにしている」とは5L金星を意味しますが「常に緊張して人付き合いに苦労」等は2L月と接合する土星の影響や木星から見ると月&土星が7室に変化する事に原因があります。

という事でダシャー的には6-12ラインでの口の苦労が滲み出ているダシャー期を意味するようです。ゾデアック的に牡牛座は2室を意味し、蠍座は8室慢性を意味するハウスでもあります。土星や蠍座等が絡む以上、この性質を簡単に変える事が難しい事を意味しているようです。

インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ

インド占星術の結婚の専門ブログです↓
インド占星術 結婚の有料鑑定のご案内です。インド占星術の結婚の有料鑑定については真剣に時間をかけて精査しております。
関連記事
スポンサーサイト



ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。