子供と5Lの弱さと9室の重要性

子供の見方
11 /14 2018
親愛なる読者の皆様、今晩は。
チャートは見れば見るほど奥が深いですが何気に動的分析が難しいこの頃です。非常に微細な部分のロジックが難しい。

D1チャート
キャプチャ
チャートは火星が支配する蠍座ラグナで月のナクシャトラはウッタラ・パラグニ―です。木星5Lであり、PKであり、子供のカラカでもあるので子供に関しては三重に重要な役割を果たす惑星という事になりそうです。

端的に木星は最も力が発揮できない領域に在住しています。その影響がどのように出るのかというと遅い年齢での子供の誕生と生む時に帝王切開として現れてしまうようです。

子供は41歳の時に授かり、生んだ時は緊急に帝王切開で生んでいます。生んだダシャー期は木星木星ー火星期でした。木星5Lで9室にアスペクト。火星は9室にアスペクトになります。月から見ると木星はやはり5Lであり、火星は5室から見た5室である9室に在住しています。という事で子供は5室が基本ですがその本質を意味する9室の影響等も侮れない事をチャートが教えてくれています。

ただ、PKが木星、5Lですら木星ですが生まれた子供は女の子でした。ここでも5L木星の弱さが出た事になりそうです。PKは子供の質を意味しています。

D7チャート
キャプチャ
チャートはD7チャートですがチャラダシャーで見ると子供が生まれた時期は双子座ー射手座ー射手座期でした。この場合PKSは乙女座になります。双子座にはPKSのアスペクトで5室天秤座には5L土星のアスペ。射手座にはPKSのアスペで5室牡羊座には5L土星のアスペクト。それにしてもラグナから見た5室に蝕のラーフ在住で8L火星のアスペクトでディスポジターは流出の12室在住で救いは木星のアスペクトに5室&9室があった事です。

インド占星術による有料鑑定を実施しております。詳細はこの情報をお読みくださいませ

インド占星術の結婚の専門ブログです↓
インド占星術 結婚の有料鑑定のご案内です。インド占星術の結婚の有料鑑定については真剣に時間をかけて精査しております。
関連記事
スポンサーサイト



ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。