ビットコイン相場状況とトランジットの影響

為替相場情報と投資関連情報
12 /12 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
暇な時にビットコインチャートを見ています。

単純なチャートですが
BTCUSD日足
キャプチャ
チャートは単純にトレンドラインを引いただけのチャートですが相場状況は明白な弱気相場です。この場合は底が確認できるチャートパターンが形成されてから買いを仕掛けるのがベターで今は様子見が無難ですが強いサポートがあるのは1BTC3,000ドルのポイントです。このサポートが機能しないと天底が分からない事になってしまいます。

頼りはトランジットですが
キャプチャ
チャートを見ると確か12月6日頃よりTラーフ軸がヴァルゴッタマ状態に入りました。これは強いシグナルでこの状態は双子座に移動するまで続く事になります。期間は3月下旬頃に移動するので相当長いヴァルゴッタマ状態に入っています。

ラーフは投資に成功するかどうかの起点になる惑星そのものです。ラーフが強い人なら投資で成功する可能性が高いですが今のトランジットはラーフ軸が非常に強い。この場合、Tラーフが強いと同時にTケートゥも強いのでTケートゥの方が強い場合は世界の相場は弱気相場に移行する事になりやすいです。ケートゥは精神の惑星なので欲望そのものの投資の世界には相容れない性質があります。

今の所、12月6日頃からのビットコインの流れを見ると弱気なので山羊座に在住するTケートゥの影響の方が強い事を意味するようです。山羊座はゾデアック的に10室天頂のハウスなので力関係としてはTケートゥ優位に相場が動いている事を意味するようです。

近いうちにスーリヤグルが解消されるので常識派の考えが弱まる事になります。ビットコインはまだまだ仮想の世界の話なので常識的なトランジットの時期は弱気になりやすいです。ビットコインは非常識と情熱が強まると上昇相場になりやすいです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。