T木星ヴァルゴッタマの影響

為替相場情報と投資関連情報
12 /14 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
取引をしているわけではないのですが相場が面白いので日々ビットコインチャートを見ています。

今現在ですが
BTCUSD1H
キャプチャ
チャートを見ると高値が切り下がり、サポートラインが割れた状態になっており、安値を試す展開になっている状況です。大きな流れ自体はダウントレンドそのもので下げ止まりが見えない状況です。

チャートの示唆では強い天底は1BTC3,000ドルラインですがそこを目指しているとしか思えない相場です。ちなみに私の情報ツールはジョーティシュです。日々のトランジットを見ているのですが最近のトランジット
キャプチャ
チャートを見ると日本時間12月12日9時56分にT木星ヴァルゴッタマ状態に入りました。

木星という惑星は常識そのもので道徳や倫理、識別力とも関係する惑星なので仮想通貨とはどうにも相性が悪いらしい。その影響が出ているようでビットコイン的にはT木星ヴァルゴッタマ状態は弱気相場継続の可能性を暗示するようです。

T木星ヴァルゴッタマ状態が終わる日ですが2018年12月27日 17時27分です。どうやら情報的には日本時間12月12日9時56分~2018年12月27日 17時27分まではT木星が非常に強い状態の日々が続く事になるようです。相場的にはクリスマスが終わる時期までは強いグルが君臨する事になるのでこの影響はビットコインにはネガティブ性が強まる可能性を感じます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。