ダシャーの変化と円相場の流れ

為替相場情報と投資関連情報
12 /14 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
日本建国図ダシャーですが
キャプチャ

見ると去年の12月26日にアンタルダシャー以下が木星期に変化しています。プラティアンタル期で見ると今月の20日にプラティケートゥ期に変化するようです。

このアンタル以下の影響をドル円チャートで見ると
ドル円日足
キャプチャ
ドル円日足チャートに一番右端のローソク足が去年の12月26日になります。

ダシャー的に最も木星が強かった時期が2017年12月26日~4月15日までになるようです。その時期のドル円日足チャートを見ると(右端は4月16日で4月15日は相場が休みの日)
キャプチャ
チャートを見るとサポートラインが割れてから下落相場に拍車がかかったようです。この場合、アンタル木星期は強い円高を意味したようです。

時期的には下落に拍車がかかった日は2018年1月10日(サポート割れの大陰線)でした。ダシャーの変化日は2017年12月26日なので約2週間程度のズレが起きてから円高に走った事になります。これを見ると日本ダシャー円相場はこの程度のズレを考慮する必要がある可能性が高いですがダシャーの変化はやはり相応のインパクトを残すようです。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。