正直、かなり深刻なネタ(投資編)

インド占星術関連情報
12 /21 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
時間が空いたので最近見ている動画を見ていました。

投資に関する動画なのですが正直、かなり深刻な話です。惑星的に考えると土星、ハウス的には8室が絡んでいるとしか思えない程厳しい状況に感じます。

しかし、この人の動画は相当人気があるようです。情報的に21 時間前の一つ前の動画は既に18万 回視聴です。この動画は数十分前の新着動画ですが本日、株の下落により1,000万円の損切りをしています。それでもまだまだマイナスポジション保持の状況が続いています。

ちなみにYouTubeのインド占星術で検索すると
1059 回視聴1 年前
997 回視聴1 年前
1277 回視聴1 年前
653 回視聴3 年前
1333 回視聴1 年前
550 回視聴1 年前

という感じで1年スパンでインド占星術は1,000回視聴する程度の人気力です。このJINさんの動画は21 時間前で18万 回視聴の人気力。日本人のインド占星術の人気の弱さが示唆されています。

今のトランジットはラグナによっては確実に危険な配置だと思います。一つにはヴァルゴッタマのラーフ軸です。この配置がどこにあるかによって大金を得るのか、それとも大金を失う事になるのかの二択になる可能性があり、この動画のJINさんの場合はマイナスな配置になっている可能性が高いです。

と言ってもJINさんのホロスコープがあるわけではないですが投資で苦労する型とは
キャプチャ
マハーラーフ期の終わりごろに株式相場に手を出して今はマハー木星期ですが株式市場で多くの資金を失っている。ラーフは3室在住でディスポジターは今のマハー木星です。

投資のセンスはラーフに出ます。惑星的には月、水星、木星が強くない限りは手を出さない方が無難。このチャートの主の場合、この三つの惑星は強いでしょうか?

単純に見て木星は3、12Lなので機能的に良い働きをする惑星ではないという事です(3室に強い傷があります)。この場合、投資に関して「損失」をもたらす事を示唆しています。ヨガ的な観点で見るとラージャヨガダナヨガではなく、アリシュタヨガが作動している為に投資に関して努力をしてもアリシュタヨガの果実を味わってしまう事になるようです。

何がどのようにダメなのかは読者の分析に委ねますが投資に成功したい場合は11室が強くないとダメです。また、同時に5室も強くないと相場に生き残る事が難しいです。

その意味でJINさんにセンスがないわけではなく、ダシャー的に弱くなっている事になります。理由は去年の儲けが4,000万円です。ですが今年の含み損などを計算すると−8,000万円なので去年の倍程度の負け額が多い事になってしまいます。

惑星的にラーフの怖さは貪欲さ故に理性が狂ってしまう事です。理性が狂うと正しい識別力を失ってしまいます。識別力を失うと相場で大損して退場する可能性が高まります。それゆえに貪りのラーフは恐ろしい。相場では「リスク回避」が一番重要としか私には思えません。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。