相場の転換と29度の力

為替相場情報と投資関連情報
12 /23 2018
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
ジョーティシュは奥が深いので日々の精査が重要です。

トランジットの影響を相場的に考慮するとトレンドを作動させる力があるようです。例えば、最近追いかけているビットコインですが

BTCJPY1H
キャプチャ
ビットコインのチャートですが11月中頃から下落相場がスタートしていたのですが1時間単位で見ると12月16日の1時(赤い矢印の時期です)から陽線が出て上昇相場に転換しています。

この場合、ビットコインにはどのようなトランジットの影響が働いた事になるかというと端的に言いますとガンガーンタ領域での太陽の力という事になります。私の記事を追いかければ分かりますがその時期、蠍座にT太陽、T水星、T木星が在住していました。この三つの接合は賢いヨガが出来てしまいます。賢さは健全な常識に繋がり、仮想通貨であるビットコインとの相性が良くなかったのですが

12月16日の1時のトランジットを見ると
キャプチャ
T太陽は蠍座で29:30というラーシサンディの状態にいました。この領域はナクシャトラが途切れる領域でもあるので特別な狭間の一つになっています。端的に相場にインパクトを与える度数が「29度」でした。

そこから見た範囲では3度程急上昇があり、今はやや「上げ疲れ」が起きている状態になっています。という事で人が詳細にトランジットを精査する場合、投資のトレンドの変換日が垣間見える可能性をトランジットが示唆しています。その意味で考えると来年の3月以降はかなり激動になる可能性をトランジットが示唆しています。良くなるか、悪くなるかは3月中の初動を見ていれば分かる事になると思います。

という事でトランジットは微細に精査しないと本当の遣い手にはなり得ない事を示唆しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。